ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 865413 全員に公開 雪山ハイキング大雪山

トムラウシ山(カムイ天上まで)

日程 2016年05月06日(金) [日帰り]
メンバー megusan2421
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■道のり:札幌市内〜夕張紅葉山〜日高町日高〜日勝峠〜十勝清水町〜芽室町〜鹿追町(車中泊)〜新得町屈足〜東大雪荘
■注意点:東大雪荘に近づくにつれて鹿が出てくるので衝突注意、また砂利道あるためハンドル操作注意、落石注意。
■注意点:夜間走行時はガス欠注意、屈足〜東大雪荘間は約50kmの山道(念のため芽室の24時間営業のエネオスまで行き給油した)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
5分
合計
6時間30分
S東大雪荘07:3009:40短縮登山口分岐付近10:00急斜面上部10:0511:00カムイ天上付近12:20短縮登山口分岐付近(道迷い後)14:00東大雪荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSでのコース確認は必要(感は当てにならないと実感)。
コース状況/
危険箇所等
踏み抜き危険個所多数あり。踏み跡、スキー滑走跡は複数あるが、不明瞭な個所もあり、慎重にコースを確認しながら進む必要あり。ビンクテープはあまり無いため道迷い注意。短縮登山口分岐近くの急斜面は、雪がかなり緩んできており、一部崩れているためコース取りに気を付ける必要あり。
その他周辺情報■入浴:東大雪荘(税込500円)
■休憩:道の駅鹿追、道の駅うりまく
■コンビニ:セコマ屈足(6:00〜営業)、セブン鹿追(24時間営業、道の駅前、7SPOT)
■トイレ:東大雪荘手前に公共トイレあるが、まだ閉まっている。

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ 1
長袖インナー
ハードシェル 1
タイツ 1
ズボン 1
靴下 1
グローブ 1
アウター手袋
予備手袋 1 冬用
防寒着 1 冬用上下
雨具 1
ゲイター 1 ロング
マフラー
ネックウォーマー
毛帽子
1 冬用
ザック 1 30L
サブザック
輪カンジキ
アイゼン 1 簡易アイゼン
スノーシュー 1 アトラス
昼ご飯 1 おにぎり2個
行動食 3 パン(小6)、パン(中2)
非常食
個人装備品
数量
備考
飲料 3 水(500ml×2、アクエリアス500ml×1)
水筒(保温性)
レジャーシート
地図(地形図) 1 山と渓谷社
コンパス
1 何回も鳴らした
計画書
ヘッドランプ 1
予備電池 1 6本
GPS 1 ガーミン
筆記用具
ガイド地図(ブック)
ファーストエイドキット 1 靴づれ防止
常備薬
日焼け止め
保険証
携帯 1
時計 1
サングラス 1
タオル 3
ツェルト 1 簡易
ストック 1 冬用
カメラ 1 防水、耐衝撃
軍手 1

写真

屈足のセコマ前で開店待ち(6時開店)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屈足のセコマ前で開店待ち(6時開店)。
東大雪荘と短縮登山口(左側)の分岐、まだ雪があり短縮登山口へ車で行くのは無理。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東大雪荘と短縮登山口(左側)の分岐、まだ雪があり短縮登山口へ車で行くのは無理。
東大雪荘からの登山口に雪は無いが、登り始めてすぐに雪面となる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東大雪荘からの登山口に雪は無いが、登り始めてすぐに雪面となる。
1
東大雪荘の駐車場、車はまばら。下山後に温泉へ行ったが、入浴しているのは私を含め3人。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東大雪荘の駐車場、車はまばら。下山後に温泉へ行ったが、入浴しているのは私を含め3人。
1
短縮登山口へ行く林道を横切り、とりあえずつぼ足で踏み抜きながら登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短縮登山口へ行く林道を横切り、とりあえずつぼ足で踏み抜きながら登る。
1
ここの急な斜面を、つぼ足でなんとか登っていく(かなりきつい)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの急な斜面を、つぼ足でなんとか登っていく(かなりきつい)。
急な斜面を登りきったところで、スノーシュー装着。かなりガタがきており、そろそろ寿命な感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な斜面を登りきったところで、スノーシュー装着。かなりガタがきており、そろそろ寿命な感じ。
3
斜度が緩くなりスノーシューで登って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度が緩くなりスノーシューで登って行く。
この冬の倒木?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この冬の倒木?
1
あの稜線を目指して、ひたすら登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの稜線を目指して、ひたすら登る。
短縮登山口分岐から少し登ったところの急な斜面を登りきったところ。ここまで2時間30分。下山時にここを下って分岐を探したが発見できず、プチ道迷いで時間ロス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短縮登山口分岐から少し登ったところの急な斜面を登りきったところ。ここまで2時間30分。下山時にここを下って分岐を探したが発見できず、プチ道迷いで時間ロス。
1
同じ場所から東の方を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ場所から東の方を望む。
これも同じ場所。ここで10時のニュースを聞きながら軽食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも同じ場所。ここで10時のニュースを聞きながら軽食。
1
軽快に登って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽快に登って行く。
1
カムイ天上方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カムイ天上方面。
3
上の方はかなり風が強そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方はかなり風が強そう。
3
十勝岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十勝岳方面。
3
多分この辺りがカムイ天上。今日はここで折り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多分この辺りがカムイ天上。今日はここで折り返し。
4
下山時に登ったところを振り返る。途中で道迷いしながらも1時間30分でここまで下りてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時に登ったところを振り返る。途中で道迷いしながらも1時間30分でここまで下りてきた。
1
帰りに短縮登山口へ向かう林道を撮影。写真の上が短縮登山口方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに短縮登山口へ向かう林道を撮影。写真の上が短縮登山口方面。
1
こちらは同じ場所から東大雪荘へ向かう方面を撮影。左側は登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは同じ場所から東大雪荘へ向かう方面を撮影。左側は登山道。
トレイはまだ閉まっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレイはまだ閉まっている。
2

感想/記録

道の駅鹿追で車中泊。
朝5時に起床、屈足のセコマで食料購入し東大雪荘の登山口へ。

東大雪荘からカムイ天上を往復。
短縮登山口への林道は雪がまだあり車の通行不能。
登山口に雪は無いが、すぐに雪に覆われた登山道となり、林道の交差点からはすべて雪道。
雪はザクザクであり、数歩に1回は踏み抜きする状態、特に木の周辺はかなり踏み抜く。
急斜面を登り切り緩斜面となったところでスノーシューを装着。
短縮登山口分岐(発見できず)を過ぎて、しばらくすると現れる急斜面では、スノーシューをはずして、つま先キックで歩いたがアイゼン装着が無難と感じた。
稜線に出てトムラウシ山方面を望むと雲が山に沿って流れており、風がかなり強そうな感じであった。
登山開始直後は曇っていたが、次第に晴れ間が広がり、今日の目的地であるカムイ天上から先へも行けそうであったが、無理をせず引き返した。
下山途中で短縮登山口の分岐を探すが、標識はまだ雪の下にあるのか、発見できず、
プチ道迷い状態、仕方が無くスノーシュー跡を辿り下山路へ戻った。
下山時には大きく2回ほど転倒、うち1回はかなり下った急斜面の下であり、つぼ足で右側頭部から転倒。
気温が高くなり雪が緩んだからと思うが、油断禁物。

下山後は東大雪荘の湯につかり帰宅の途についた。

*登山中は誰にも会わず、動物を見かけることもなく、静かすぎる登山であった。
 途中で木から雪が落ちる音が聞こえることが数回あり、静寂の中でちょっとどきりとした。
訪問者数:338人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ