ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 865846 全員に公開 雪山ハイキング中央アルプス

木曽駒ヶ岳・宝剣岳(上松A)

日程 2016年05月01日(日) 〜 2016年05月02日(月)
メンバー Dongame_TY
天候くもり→晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間40分
休憩
1時間0分
合計
8時間40分
Sスタート地点05:3007:30金懸小屋(5合目)08:0009:307合目09:4011:108合目11:2012:40木曽前岳12:5013:00玉ヶ窪山荘13:30頂上木曽小屋14:00木曽駒ヶ岳14:10頂上木曽小屋
2日目
山行
6時間20分
休憩
1時間20分
合計
7時間40分
頂上木曽小屋07:0007:10宝剣山荘07:30宝剣岳07:4008:00宝剣山荘08:20頂上木曽小屋08:5009:10玉ヶ窪山荘09:20木曽前岳09:3010:408合目10:5011:457合目13:00金懸小屋(5合目)13:2014:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
残雪は6合目半くらいからちょろちょろ出始めます。上りは7合目付近に天の岩戸なる場所がありそこからアイゼンを付けましたが、帰路は宝剣岳直下からノーアイゼンで帰ってきました。
宝剣岳は凍っている個所が少しありました。距離的には5〜10m程度しかありませんが前爪のあるアイゼンを使用すると楽しく登れます。ピッケルは2本持って行きましたが1つしか使いませんでした。
帰路ですが、木曽前岳の少し下あたりにクマさんがいました。こちらにお尻を向けてノソノソと離れて行きました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル シェルター ストック カメラ ピッケル 寝袋

写真

道はよく整備されているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はよく整備されているようです。
5合目標識です。
視線を上げると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目標識です。
視線を上げると・・・
小屋が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見えます。
小屋前は広くなっています。
ここで朝食をとりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前は広くなっています。
ここで朝食をとりました。
簡易トイレも置いてあります。
(写真の左の方)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
簡易トイレも置いてあります。
(写真の左の方)
中はこんな感じです。
結構きれいで布団まで置いてありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中はこんな感じです。
結構きれいで布団まで置いてありました。
え〜急登になるの?
・・・
あまり変わりませんでした(^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
え〜急登になるの?
・・・
あまり変わりませんでした(^^;
小さいコルです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さいコルです。
見晴らしがよさそうでした。
休憩場所にも良いかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしがよさそうでした。
休憩場所にも良いかも。
上の方はガスが出てました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方はガスが出てました。
8合目です。
7合目付近からちらほら残雪が出て来ました。
凍っているところを避けながら歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目です。
7合目付近からちらほら残雪が出て来ました。
凍っているところを避けながら歩きます。
木曽前岳が見えてきました。
この辺りから、視界が開けて来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽前岳が見えてきました。
この辺りから、視界が開けて来ます。
1
麦草岳へ至る大崩れです。
右側が牙岩でしょうか?
帰路ですが、手前の斜面をクマさんが逃げて行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麦草岳へ至る大崩れです。
右側が牙岩でしょうか?
帰路ですが、手前の斜面をクマさんが逃げて行きました。
アイゼンは要らない所が多いのですが、
面倒なので着けたままにして残雪の上を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンは要らない所が多いのですが、
面倒なので着けたままにして残雪の上を歩きます。
木曽駒ヶ岳です。頂上木曽小屋も見えます。
手前に雪に埋もれた玉ヶ窪山荘が見えます。
いいところにテント張ってるな~(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳です。頂上木曽小屋も見えます。
手前に雪に埋もれた玉ヶ窪山荘が見えます。
いいところにテント張ってるな~(^^)
1
頂上木曽小屋付近でシェルターを張ろうと思っていたら・・・
営業してました(^^)。根性ないので宿泊しました。
荷物を置いて頂上までお散歩します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上木曽小屋付近でシェルターを張ろうと思っていたら・・・
営業してました(^^)。根性ないので宿泊しました。
荷物を置いて頂上までお散歩します。
木曽駒山頂です。
かっこいースキーヤーの方に撮ってもらいました
thank you です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒山頂です。
かっこいースキーヤーの方に撮ってもらいました
thank you です。
1
翌朝、初日の出を見に山頂まで行きました。・・・
雲の中でした (TT)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、初日の出を見に山頂まで行きました。・・・
雲の中でした (TT)
宝剣岳です。
あの頂上の石の上に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳です。
あの頂上の石の上に行きます。
朝食の後サクッと宝剣岳の山頂に行きました。
石の上に座ってぼんやりタイム(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食の後サクッと宝剣岳の山頂に行きました。
石の上に座ってぼんやりタイム(^^)
木曽駒ヶ岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳方面
檜尾岳方面の縦走路?

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜尾岳方面の縦走路?

天気も最高(^^)
そろそろ帰りましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気も最高(^^)
そろそろ帰りましょう。
槍ヶ岳や穂高等、北アルプスが全部見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳や穂高等、北アルプスが全部見える
振り返ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ってみます。
この尾根を下っていきます。
さぁ帰りましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根を下っていきます。
さぁ帰りましょう。
1

感想/記録

待ちに待ったGWでした。北アルプスの穂高縦走を計画していましたが、天候が不安定と判断し家を出てから山域を変更しました。コースは2年程前の正月に千丈ヶ岳(地蔵尾根)でお世話になった方に勧められたクラシックなコースにしました。
それに伴いザックも75Lから50Lに変更、食料も大幅に減量、バーナーもガソリン式→ガス式に変更、靴もワンタッチアイゼン用→3シーズン+セミワンタッチアイゼンに変更、ロープやヘルメット、スコップも下ろしました。他の細々したものは、面倒なのでそのままにしました。

5月1日
出来れば日帰りにてとも思いましたが、朝寝坊してしまいスタート時にはすでにヘッドライトも要らない時間になっていました。この時点で私のペースだと日帰りは難しくなります。
ドン亀なんです。すいません(^^;
五合目の小屋にて朝食をとりました。コンビニのパンとおにぎりです。
木曽前岳のあたりでほぼ13時になるので、幕営地を物色しながらの前進です。
玉ヶ窪のベストポジションにテント1張り発見しました。
ここはあきらめて頂上木曽小屋付近で幕営することにして前進していくと・・・
頂上木曽小屋が営業していました(^^;
しかも、本日は空いているらしいので宿泊することにしました。
もう夕食と翌日の朝食も頼んじゃいます。
荷物を預けた後、山頂まで散歩してきました。天気があまり良くありませんでしたが、翌日はきっと晴れるでしょう。
小屋にもどってしばらく休んでいると可憐な女性が到着、天気が悪く大変だったらしい。

5月2日
朝早く起きてしまったので、山頂に日の出を見に行くことにした。
天気は良くなりそうな感じではあったが、水平線上の雲が厚く日の出が見れなかった。風も少し強かったのですが朝一の稜線上なのでこんなものでしょう。
その後小屋で朝食を食べてしばらくゆっくりする。
昨日の可憐な女性と一緒に歩きたいと強く思いましたが、上松まで降りましょうとはとても言えませんでした(ToT
7時頃に小屋を出て宝剣岳に向けて出発しました。小屋から見た宝剣岳はちょっと難しそうに見えましたが、意外とあっさり山頂までたどり着けました。
風も収まり最高の天気になってきたので山頂の石の上に座り込みしばらくまったりタイムを堪能。南アルプスや御嶽山が一望できました。夏だとこういうわけにはいかないんだろうな〜
宝剣岳を下ったところでアイゼンを外し後はひたすら降りて行きます。
小屋に戻った時にココアをごちそうになりました。おいしかったです。
木曽前岳をちょっと下ったところで「ウホウホ」と人の声のようなものを聞き、しばし立ち止まる。いやいや「ウホウホ」って人としてあり得んでしょ。
気のせいかとちょっと進んでみるとガサガサと音がする。ルートを外れた人がいるのか?と振りかえると、クマさんがノソノソと斜面を離れていくのが見えた。カメラを出すのも忘れてしばらく見つめていました。まぁ写真を撮ってもお尻しか映らないけど(^^;
その後はたまに残雪を踏み抜きながら下降しました。踏み抜くたびに昨日の可憐さんの名前くらい、メルアドくらい聞いておけばよかったと後悔しながら・・・

幕営は止めたので、結局食糧はコンビニのパンとおにぎりしか食べませんでした。
コーヒーや紅茶のスティックも出さず、そもそも火を使いませんでした。

訪問者数:148人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ