ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 865887 全員に公開 ハイキング奥秩父

新地平ー笠取山ー雲取山ー鴨沢

日程 2016年05月05日(木) 〜 2016年05月07日(土)
メンバー gyuuiti
天候概ね晴れ 6日は午後2時ころから雨風
アクセス
利用交通機関
バス
塩山駅0830−0927新地平
留浦1150−1225奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間35分
休憩
1時間9分
合計
8時間44分
S新地平バス停09:3310:18亀田林業林道11:56雁峠12:1112:12雁峠避難小屋(旧雁峠山荘)12:24小さな分水嶺12:2512:27笠取山西12:47笠取山西峰13:0313:08笠取山13:0913:27水干尾根分岐13:3014:01黒槐山(黒槐ノ頭)14:1514:472044P14:4815:38唐松尾山15:5216:50西御殿岩16:5217:53山ノ神土17:59牛王院平(牛王院北)18:0018:09将監峠18:1018:17将監小屋
2日目
山行
6時間45分
休憩
26分
合計
7時間11分
将監小屋05:1805:25将監峠05:2607:09大ダル07:44禿岩07:59飛龍権現神社(祠)08:38北天のタル08:5809:47三ッ山09:4810:17狼平10:55三条ダルミ11:54雲取山避難小屋11:57雲取山12:0112:29雲取山荘
3日目
山行
4時間40分
休憩
42分
合計
5時間22分
雲取山荘05:3005:59雲取山06:0706:09雲取山避難小屋06:2006:33小雲取山06:53ヨモギノ頭06:59奥多摩小屋07:0307:31ブナ坂08:52堂所09:0810:24小袖緑道あがり10:28丹波山村村営駐車場10:48鴨沢バス停10:5110:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪は、欠片もなかった。
唐松尾山から山の神土までは、何度かザレ場を横切る。そのうち一か所だけは高巻きに行くが、踏み跡は確りしている。
その他周辺情報鴨沢:生ビールが売っていた。
鴨沢のバスが1220であり暇だったので、留浦バス停まで歩いて(10分位)あるいて1150のバスに乗った。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

新地平バス停。前方右側が登山口。
2016年05月05日 09:30撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新地平バス停。前方右側が登山口。
ゲートの右側をすり抜ける。
2016年05月05日 09:43撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートの右側をすり抜ける。
林道が終了して登山道へ。
2016年05月05日 10:54撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が終了して登山道へ。
最初の渡渉。この後何度も渡渉。
2016年05月05日 11:05撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の渡渉。この後何度も渡渉。
最後の渡渉。
2016年05月05日 11:35撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の渡渉。
もう直ぐ雁峠。
2016年05月05日 11:50撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう直ぐ雁峠。
雁峠。
2016年05月05日 12:09撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠。
分水嶺。
2016年05月05日 12:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分水嶺。
笠取山。
2016年05月05日 12:24撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山。
1
笠取山の坂を上ったところ。
2016年05月05日 12:59撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山の坂を上ったところ。
1
山頂。
2016年05月05日 13:08撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。
唐松尾山へ向かって。この後尾根道になる。
2016年05月05日 13:52撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松尾山へ向かって。この後尾根道になる。
唐松尾山頂。ピークが何度もあり、疲れた。
2016年05月05日 15:49撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松尾山頂。ピークが何度もあり、疲れた。
山の神土へのザレ場。こんなのが何度もある。
2016年05月05日 16:37撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神土へのザレ場。こんなのが何度もある。
西御殿岩。来る予定ではなかった。
2016年05月05日 16:50撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西御殿岩。来る予定ではなかった。
西御殿岩への分岐。これを見落として、西御殿岩に行ってしまった。
2016年05月05日 17:14撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西御殿岩への分岐。これを見落として、西御殿岩に行ってしまった。
最後?の崩落地。高巻きに登山道がある。
2016年05月05日 17:44撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後?の崩落地。高巻きに登山道がある。
将監小屋。
2016年05月05日 18:12撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監小屋。
飛龍山へ。
2016年05月06日 06:51撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍山へ。
飛龍権現。
2016年05月06日 07:45撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍権現。
北天のタルの直前崩れた桟道。左の岩を上る。
2016年05月06日 08:34撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北天のタルの直前崩れた桟道。左の岩を上る。
北天のタル。
2016年05月06日 08:55撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北天のタル。
三山付近。幾つかの桟道を過ぎると、山の雰囲気がガラッと変わる。
2016年05月06日 09:42撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三山付近。幾つかの桟道を過ぎると、山の雰囲気がガラッと変わる。
狼平直前からの雲取山。
2016年05月06日 10:12撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平直前からの雲取山。
三条ダルミ。
2016年05月06日 11:12撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条ダルミ。
雲取山山頂。何とか富士山。
2016年05月06日 11:55撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山山頂。何とか富士山。
雲取山荘。
2016年05月06日 12:27撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山荘。
雲取山頂。良く晴れたが、雲が多い。
2016年05月07日 05:59撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山頂。良く晴れたが、雲が多い。
鴨沢への登山道。
2016年05月07日 09:10撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鴨沢への登山道。
バスの時間の関係で移動した、隣の留浦バス停。
2016年05月07日 11:48撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの時間の関係で移動した、隣の留浦バス停。

感想/記録

笠取山から山の神土までの尾根道を歩くことを目的に計画した。
風が強いとの予報だったが、さほどではなかった。

一日目
新地平から将監小屋まで。

新地平から強い日差しの中、林道歩き、
その後の登山道、渡渉も気持ちよく歩けた。
笠取山への直登は、
三条ダルミから雲取山への上りと比較してきつかった。
笠取山頂ではよく晴れていて、見通しが良かった。
唐松尾山への尾根道は、ピークが多くて体力を消耗した。
また、岩場が結構多く、下りの岩場は慎重に降りることとなった。
そんなこともあり、山の神土へ向かう途中、
西御殿岩への分岐の標識を見落とし、
行く予定のなかった西御殿岩へ行ってしまった。
西御殿岩では、親切な方に道を教えていただき、
分岐までで戻ることができたが、だいぶ時間をロスしてしまい、
将監小屋への到着が大幅に遅れてしまった。

二日目
雲取山荘まで。
ゆっくりのんびりと歩き、12時過ぎに山荘に到着。
雲取山荘の受付は午後1時からとのことだが、
受付前にテントを張ってよいとのことで、
早速テントを張った。
その後、午後3時ころから風雨が強くなり、
風でテントが揺さぶられていた。
することがないのでビールを飲んで寝て、
6時ころ食事。7時ころには雨がやんでいた。

三日目
鴨沢まで。
昨日の雨とガスが嘘のように晴れた日。
ただ、遠くは雲が多く、見晴らしはよくなかったのが残念。
鴨沢まで、新緑の中、ゆっくりと歩いて11時前に鴨沢に到着。
次のバスが1220でだいぶ時間があるので、身支度をして、
留浦バス停1150初のバスに乗った。

訪問者数:249人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

崩落
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ