ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 865931 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

浅草岳 途中撤退 田野倉登山口から(仮設橋が未設置で渡渉不可)

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー abek3
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R252から田子倉湖へ。例年はまだ冬期閉鎖中ですが、今年は雪解けが早くGW前に通行可能となりました。
田子倉只見沢登山口に広い駐車場あり。隣に観光客用の駐車場もあり、そちらには綺麗なトイレ・休憩所有り。(無料)
祝日でしたが、登山口には他の車無し。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
35分
休憩
47分
合計
1時間22分
S田子倉只見沢登山口06:5607:16渡渉点08:0308:18田小倉只見沢登山口08:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・中先尾根コース
 登山口から20分程で、幽ノ倉沢渡渉点に着きます。ここに掛かっているはずの仮設橋が、まだ設置されていませんでした。
 この日は連日の気温上昇で雪解け水が多く、靴を脱いで渡れる深さではありません。飛び移れそうな岩はありましたが、下山時に飛び降りは不可。流れも速く、ドボンしたらスノーブリッジに巻き込まれて一巻の終わり。
 複数でザイルでもあればチャレンジ可能ですが、単独では無理と判断して撤退しました。
 渡渉点までは夏道で木道もあり、まったく問題無し。

・ネズモチ平コース
 天気も良いので、行ける所までと西側の最短コースのネズモチ平登山口を目指す。車で行けるところまで進み、あとは歩き。標高750mあたりの林道から積雪あり。この時期、除雪作業があるが祝日なのでお休み中。
 ネズモチ平登山口は、もちろん雪の下。そこからはトレースが読み難く(日中の気温で雪が溶けている)、ピンクテープと木に書かれたペンキマークが頼り。
 しかし、標高1000mを超えて沢を渡ったあたりから、ピンクテープが急速に減少。次のテープが見つからず右往左往。読図をするも近づくブヨに落着いて作業できず。あれやこれやで時間切れとなり、標高1085mを最高到達点として撤退した。

その他周辺情報道の駅いりひろせの近くにある、寿和温泉に入浴。露天風呂の600円を選択。本館は700円。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

田子倉只見沢の駐車場。こちらは観光客用。休憩所、トイレあり。数台の車が停まっており、テントまで。沢山の登山者が居ると思いきや。
2016年05月03日 06:27撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田子倉只見沢の駐車場。こちらは観光客用。休憩所、トイレあり。数台の車が停まっており、テントまで。沢山の登山者が居ると思いきや。
休憩所内部。新築です。
2016年05月03日 08:27撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所内部。新築です。
クマ注意の掲示があったので、熊鈴2個付けて行きました。
2016年05月03日 08:27撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマ注意の掲示があったので、熊鈴2個付けて行きました。
登山口駐車場は、只見線の線路を挟んだ向かい側。100台駐車可も誇張ではない。しかし、誰も居ない・・・。
2016年05月03日 06:37撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口駐車場は、只見線の線路を挟んだ向かい側。100台駐車可も誇張ではない。しかし、誰も居ない・・・。
登山ポストは有るが、解放状態。中は空っぽ。
2016年05月03日 06:56撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポストは有るが、解放状態。中は空っぽ。
1
いざ出発。平和な木道を行く。
2016年05月03日 07:01撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ出発。平和な木道を行く。
1
もうすぐ渡渉点。
2016年05月03日 07:13撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ渡渉点。
沢の向かいは大岩壁。右下に雪も残っている。
2016年05月03日 07:13撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の向かいは大岩壁。右下に雪も残っている。
1
渡渉点に到着。が、橋が無い?
2016年05月03日 07:16撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉点に到着。が、橋が無い?
すぐ横に機材が置いてありました。まだ、設置されていません。
2016年05月03日 07:16撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ横に機材が置いてありました。まだ、設置されていません。
1
少し前までなら、左のスノーブリッジを伝って渡れたかも。しかし、今は無理。水量多く、流れは早い。靴を脱いでも渡れない。
2016年05月03日 07:50撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し前までなら、左のスノーブリッジを伝って渡れたかも。しかし、今は無理。水量多く、流れは早い。靴を脱いでも渡れない。
2
沢を少しさかのぼってみるが、渡れそうな地点無し。飛び移れそうな岩はあるが、下りで飛び降りは滑って不可。ドボンすると、流れが早くスノーブリッジに吸い込まれそう。
2016年05月03日 08:01撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を少しさかのぼってみるが、渡れそうな地点無し。飛び移れそうな岩はあるが、下りで飛び降りは滑って不可。ドボンすると、流れが早くスノーブリッジに吸い込まれそう。
1
45分に渡って、渡渉点を探すも無理と判断。ここで撤退。さらば、浅草岳。
2016年05月03日 08:14撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
45分に渡って、渡渉点を探すも無理と判断。ここで撤退。さらば、浅草岳。
急遽、西側のネズモチ平登山口へ転進。行ける所まで行ってみよう。天気も良いし。で、延々進んで標高750mあたりで雪が現れる。前日登った3人組の足跡発見。
2016年05月03日 09:44撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急遽、西側のネズモチ平登山口へ転進。行ける所まで行ってみよう。天気も良いし。で、延々進んで標高750mあたりで雪が現れる。前日登った3人組の足跡発見。
これは、楽勝と思ったのはネズモチ平登山口まで。
2016年05月03日 10:15撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは、楽勝と思ったのはネズモチ平登山口まで。
ネズモチ平登山口は広い駐車場。まだ雪の下。
2016年05月03日 10:22撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネズモチ平登山口は広い駐車場。まだ雪の下。
登山口の小屋。
2016年05月03日 10:22撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の小屋。
小屋の壁に案内図。
2016年05月03日 10:22撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の壁に案内図。
さて、登山口から進みます。
2016年05月03日 10:45撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、登山口から進みます。
目指す浅草岳(おそらく前岳)が見えてきます。
2016年05月03日 10:46撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す浅草岳(おそらく前岳)が見えてきます。
1
ここの渡渉は難なく。その先も、ピンクテープが上手くつながっている。
2016年05月03日 11:03撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの渡渉は難なく。その先も、ピンクテープが上手くつながっている。
しかし、肝心なところにテープが見つからず。1085m地点で右往左往。
2016年05月03日 11:58撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、肝心なところにテープが見つからず。1085m地点で右往左往。
この2本の木についたペンキマークから先が難渋。
2016年05月03日 11:58撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この2本の木についたペンキマークから先が難渋。
あたりを付けて雪面を登るが、次の印が見当たらない。
地図を広げてルーファイする間も、ブヨが押しかけて来る。
2016年05月03日 12:11撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりを付けて雪面を登るが、次の印が見当たらない。
地図を広げてルーファイする間も、ブヨが押しかけて来る。
次のテープ発見まで15分掛かった。さらにその先も見当たらない。この調子ではとても登頂は無理。明るいうちに下山できないリスクは犯さない。ここで撤退。
2016年05月03日 12:11撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のテープ発見まで15分掛かった。さらにその先も見当たらない。この調子ではとても登頂は無理。明るいうちに下山できないリスクは犯さない。ここで撤退。
2
振り返ると、昨日登った守門岳。これを見れただけで良しとしよう。とっとと下ります。
2016年05月03日 12:13撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、昨日登った守門岳。これを見れただけで良しとしよう。とっとと下ります。
1
帰路に立ち寄ったムジナ沢登山口そばの駐車場も、登山の車は1台のみ。この日の浅草岳は登山者少なかったようです。ヤマレコでも入叶津登山口からの一件だけでした。(5/7現在の記録)
2016年05月03日 13:47撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路に立ち寄ったムジナ沢登山口そばの駐車場も、登山の車は1台のみ。この日の浅草岳は登山者少なかったようです。ヤマレコでも入叶津登山口からの一件だけでした。(5/7現在の記録)
撮影機材:

感想/記録
by abek3

  4/29〜5/1まで4人で関西から妙高の別荘暮らし。その間に妙高山(途中敗退)、唐松岳(ゴンドラ休止で登れず)を目指したが、消化不良。
仕事で帰阪する仲間と別れた後は、5/2〜5/6の帰宅まで、一人で新潟の山を渡り歩いた。5/2は200名山の守門岳に登頂。

 この日は300名山の浅草岳。

 前日、守門岳でお会いしたグループにR252開通を教えてもらう。眺めの良い田子倉から登れそうとの情報を頂く。
 広い駐車場に着いたのは6時半過ぎ。他に一台の車も居ないので少し不安になりながらも、好天に感謝して出発。
 しかし、希望は20分後に消滅。なんと、流れの急な沢に本来あるはずの橋が無い。地図には仮設の橋と記載してあり、そばには橋の材料が転がっている。例年はR252がまだ開通する時期ではないので、橋の設置が遅れているのだろう。
 渡れる場所を探して45分間探索したが、諦めた。靴を脱いで渡れる深さではない。岩に飛びつけば何とかなりそうだが、下りで飛び降りは滑ってドボンの可能性大。流れは急で、転倒すればすぐ傍のスノーブリッジに巻き込まれて一巻の終わり。無理はしない。

 天気も良いので、西側の登山道目指して移動する。もちろん、この時間からの登頂はかなり無理。行ける所まで浅草岳に近づいてみよう。
 ネズモチ平登山口までも大変だったが、その先の雪面でルーファイに手間取り12時をもって撤退を決める。夏道を知っていれば何とかなるが、初見でテープもまばらな地帯に入れば時間が掛かる。また、好天で温かさに誘われてブヨが大量に寄ってくる。団扇ではじきながら、読図とテープ探しは忙しい。この時期、トレースが無い時はGPSが必要だろう。それに、虫よけ対策も。

 守門岳でお会いしたグループも、同日に田子倉から登る予定と言っていたが、駐車場には居なかった。きっと、昨日の宿で橋が無いとの情報を入手したのかも知れない。当方に連絡する術も無いので、もしかしたら心配しているかも。
 どの情報をチョイスするかは自己責任。今回は運が無かったとあきらめて、違う季節に再度浅草岳を目指したい。また、楽しみが増えた。
訪問者数:234人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ