ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 866013 全員に公開 雪山ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

冬山シーズン最後の吾妻山♪(天元台スキー場より)

日程 2016年05月06日(金) [日帰り]
メンバー sayakichi89
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
前日、裏磐梯のキャンプ場に1泊してから西吾妻スカイバレーで峠越え。西吾妻スカイバレーは5/13まで17~7:00夜間通行止め。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間35分
休憩
0分
合計
3時間35分
Sリフト終点09:2513:00リフト終点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
リフト終点(9:25)-カモシカ展望台(9:55)-梵天岩(10:40)-西吾妻山山頂(11:05)-吾妻神社(11:40)-リフト終点(13:00)
コース状況/
危険箇所等
リフトを降りたところが登山口ですが、かもしか展望台まで赤い旗とときどき枝に巻き付けてある赤・ピンクリボンが目印。失い易いです・・・
木道のそばは踏み抜き注意。
その他周辺情報2016年は雪が少ないため5/8(日)でスキー場営業終了。リフトが動き出す夏山シーズンは6/4(土)より。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 そり

写真

西吾妻スカイバレーは7~17:00まで。
福島県裏磐梯のキャンプ場で1泊して、通行ゲートが開くのを待ちました。
2016年05月06日 07:03撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西吾妻スカイバレーは7~17:00まで。
福島県裏磐梯のキャンプ場で1泊して、通行ゲートが開くのを待ちました。
ロープウェイ1本と3本のリフトを乗り継いで登山口に行くのですが、1本目、2本目のロープウェイはこの通り全く雪なし。
2016年05月06日 08:45撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ1本と3本のリフトを乗り継いで登山口に行くのですが、1本目、2本目のロープウェイはこの通り全く雪なし。
3本目のリフトは滑走可。こうして雪があります。
ちなみにロープウェイと3本のリフトを乗り継いで合計50分です。
2016年05月06日 09:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3本目のリフトは滑走可。こうして雪があります。
ちなみにロープウェイと3本のリフトを乗り継いで合計50分です。
愛知から来たご夫婦も第1便のロープウェイ(8:20発)に乗っていて、初めての山だったのでご一緒させていただきました。
2016年05月06日 09:24撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛知から来たご夫婦も第1便のロープウェイ(8:20発)に乗っていて、初めての山だったのでご一緒させていただきました。
最初の樹林帯を歩いて最初に抜けるのがカモシカ展望台。飯豊山が近い!ここでアイゼンを外します。私は10本爪で行きましたが、チェーンスパイクでも大丈夫な感じでした。
2016年05月06日 09:54撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の樹林帯を歩いて最初に抜けるのがカモシカ展望台。飯豊山が近い!ここでアイゼンを外します。私は10本爪で行きましたが、チェーンスパイクでも大丈夫な感じでした。
1
しばらく歩くと木道が出てきました。
2016年05月06日 09:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと木道が出てきました。
カモシカ展望台から西吾妻山山頂は見えるのでどこを歩いても大丈夫。なるべく楽なルートを探して歩く私たち。
2016年05月06日 10:24撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカ展望台から西吾妻山山頂は見えるのでどこを歩いても大丈夫。なるべく楽なルートを探して歩く私たち。
1
山頂手前、また樹林帯。ヤマレコに載っているあの標はどこ?と思いながら歩いていると見つけました。ここまでのルートも結構わかり辛いです・・・
2016年05月06日 11:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前、また樹林帯。ヤマレコに載っているあの標はどこ?と思いながら歩いていると見つけました。ここまでのルートも結構わかり辛いです・・・
3
一緒に歩いた愛知の方が言っていたのが、夏だともっと見晴らしが悪いとか・・・表札で分かる通り、夏山と比べてかなり目線が高くなっています。
2016年05月06日 11:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一緒に歩いた愛知の方が言っていたのが、夏だともっと見晴らしが悪いとか・・・表札で分かる通り、夏山と比べてかなり目線が高くなっています。
1
後ろに見えるのが吾妻神社。吾妻神社の後ろが飯豊、その右に朝日連峰、月山、鳥海山。そしてその右に雪がない蔵王山が。
1日遅れたけど、今回のカーミットはこどもの日バージョン。ほとんど無風だけど、このときは風車がくるくる回りました♪
2016年05月06日 11:39撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろに見えるのが吾妻神社。吾妻神社の後ろが飯豊、その右に朝日連峰、月山、鳥海山。そしてその右に雪がない蔵王山が。
1日遅れたけど、今回のカーミットはこどもの日バージョン。ほとんど無風だけど、このときは風車がくるくる回りました♪
4
神社の左に飯豊山。東京から300キロ、足を延ばしてもう1座行きたいところだけど、またの機会に。
2016年05月06日 11:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の左に飯豊山。東京から300キロ、足を延ばしてもう1座行きたいところだけど、またの機会に。
2
池糖も凍っていました。
2016年05月06日 12:19撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池糖も凍っていました。
1
カモシカ展望台の下から登山口まで頭上に赤い旗があるのですが、トレースもいっぱいなので不安です。見つけたときは「これで下山できる!」と安心しました。
2016年05月06日 12:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカ展望台の下から登山口まで頭上に赤い旗があるのですが、トレースもいっぱいなので不安です。見つけたときは「これで下山できる!」と安心しました。
他の下山者とも合流。安心、安心。
2016年05月06日 12:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
他の下山者とも合流。安心、安心。
下山後、これに乗って戻ります。スキー場は謝恩セールでレストランメニューを300円引きで提供していて、カレーを食べて帰りました。
2016年05月06日 13:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、これに乗って戻ります。スキー場は謝恩セールでレストランメニューを300円引きで提供していて、カレーを食べて帰りました。

感想/記録

前日、福島県羽鳥湖でテニス合宿を終えて、裏磐梯キャンプ場で車中泊。前日までの3日間はすごい風でテニスどころではありませんでしたが(笑)、この日は無風でラッキーでした。
ヤマレコを見ると「樹林帯のトレースがバラバラ」となっていたので、第一便のロープウェイでご一緒したご夫婦に声をかけてご一緒させていただくことに。ご主人は夏に登られたことがあって心強かったです。ありがとうございます!!御年70歳、百名山もあと4座を残し今年踏破の予定とのことで、健脚がうらやましい!!まだまだ山は登るそうで、またどこかでお会いできますように♪
訪問者数:526人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ