ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 866203 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走屋久島

宮之浦岳 白谷雲水峡→尾之間 ※湯泊歩道中止

日程 2016年04月28日(木) 〜 2016年04月30日(土)
メンバー nitrile
天候1日目 曇り雨 2日目 晴れ 3日目 晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
白谷雲水峡までバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間45分
休憩
0分
合計
6時間45分
S白谷広場08:4510:00白谷山荘10:45太鼓岩11:40楠川分れ13:00大株歩道入口13:20ウィルソン株14:20縄文杉14:40高塚小屋15:30新高塚小屋
2日目
山行
8時間40分
休憩
20分
合計
9時間0分
新高塚小屋05:3007:20宮之浦岳07:4009:50黒味岳10:30花之江河14:30淀川小屋
3日目
山行
7時間15分
休憩
30分
合計
7時間45分
淀川小屋07:0007:40淀川登山口09:30鯛之川出合12:30蛇之口滝分岐13:0013:15蛇之口滝14:45尾之間温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
増水時の鯛之川出合に注意
尾之間歩道しっかりとテープあり視界さえよければ迷わない。
当初下山路として予定していた湯泊歩道に続く湯泊林道が通行止め?
となっていました。行きたい人は事前確認した方が良さそうです。
コース状況/
危険箇所等
当初予定していた湯泊歩道は花之江河分岐で湯泊林道通行止め標識があったため取りやめ 登山口に書いていてほしいかった

急遽尾之間歩道に変更
危険個所は1か所 「鯛之川出合」 岩伝いに川を渡るが結構な水量
増水時はしんどいが 絶対に引き返したほうが良い

写真

am9.00頃 白谷雲水峡到着 宮之浦港からバス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
am9.00頃 白谷雲水峡到着 宮之浦港からバス
白谷山荘 建物の中にトイレがあります。正直くさいです。
あまり泊まりたくはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷山荘 建物の中にトイレがあります。正直くさいです。
あまり泊まりたくはない。
辻峠から太鼓岩へ寄り道
絶対に寄るべき絶景スポットです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辻峠から太鼓岩へ寄り道
絶対に寄るべき絶景スポットです。
荒川登山口からの道と合流 線路があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川登山口からの道と合流 線路があります。
橋を横から撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を横から撮影
結構歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構歩きます。
大株歩道入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大株歩道入口
雨が降ってきた
雰囲気が出てます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降ってきた
雰囲気が出てます。
立派な杉をみ終わり
高塚小屋を通り過ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な杉をみ終わり
高塚小屋を通り過ぎます。
新高塚小屋へ到着
結構濡れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新高塚小屋へ到着
結構濡れました。
小屋玄関前
水場あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋玄関前
水場あり。
結構快適です。全員分のスペースありました。
この日は夜中まで結構雨が降りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構快適です。全員分のスペースありました。
この日は夜中まで結構雨が降りました。
晴れました!出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れました!出発
面白い形の岩がたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白い形の岩がたくさん
永田岳分岐
湯泊歩道を行くため時間の関係でスルー
※尾之間コースに変更したため時間が余った。行っておけば良かったと後悔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
永田岳分岐
湯泊歩道を行くため時間の関係でスルー
※尾之間コースに変更したため時間が余った。行っておけば良かったと後悔
宮之浦岳を登頂後 南へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮之浦岳を登頂後 南へ
1
前日の雨の影響で水は豊富。
しかし一切の濁りがない。
綺麗すぎて驚く。泥がなく濡れても不快感は全くない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日の雨の影響で水は豊富。
しかし一切の濁りがない。
綺麗すぎて驚く。泥がなく濡れても不快感は全くない。
2
黒味岳分岐に到着し寄り道
ここも絶対登った方がいいと思います。
眺望最高です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒味岳分岐に到着し寄り道
ここも絶対登った方がいいと思います。
眺望最高です。
1
花之江河へ到着 のどかで心地がいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花之江河へ到着 のどかで心地がいい
まさかの湯泊林道通行止め 台風の影響だそうだ
電話して確認できれば良かったが docomoの電波が通じず
湯泊歩道での下山を断念 本当にいけなかったのだろうか・・・?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさかの湯泊林道通行止め 台風の影響だそうだ
電話して確認できれば良かったが docomoの電波が通じず
湯泊歩道での下山を断念 本当にいけなかったのだろうか・・・?
尾之間からの下山に予定変更
淀川小屋を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾之間からの下山に予定変更
淀川小屋を目指す
高盤岳 面白い形!
湯泊歩道なら間近で見れたのに・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高盤岳 面白い形!
湯泊歩道なら間近で見れたのに・・・
淀川小屋間近の川
とんでもなく綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淀川小屋間近の川
とんでもなく綺麗です。
2
本日はここに泊まり。
こんな時間あるなら永田岳往復できたのに ><
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日はここに泊まり。
こんな時間あるなら永田岳往復できたのに ><
3日目 淀川登山口まで歩き道路を渡り
尾之間歩道へ
この歩道GWにも関わらず淀川に泊まった女性2人組としか
出合わなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目 淀川登山口まで歩き道路を渡り
尾之間歩道へ
この歩道GWにも関わらず淀川に泊まった女性2人組としか
出合わなかった
大きな木があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな木があります。
1
人がいないので静
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人がいないので静
乃木尾根から鯛之川出合へ降りるポイント
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乃木尾根から鯛之川出合へ降りるポイント
鯛之川出合
ここが一番の危険ポイント
増水時は絶対に引き返したほうが良いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鯛之川出合
ここが一番の危険ポイント
増水時は絶対に引き返したほうが良いです。
1
ひたすら南へ 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら南へ 
こんな感じが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じが続きます。
ようやく蛇口滝分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく蛇口滝分岐
分岐から20分かからず滝へ
家族連れ1組に遭遇
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から20分かからず滝へ
家族連れ1組に遭遇
1
滝を離れ登山口へ
最後の方は南国?っぽい草が生えてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝を離れ登山口へ
最後の方は南国?っぽい草が生えてます。
1
おぉようやく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おぉようやく
着きました。
200円でお風呂入れます。
最高でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました。
200円でお風呂入れます。
最高でした。

感想/記録

新高塚小屋から黒味岳まで素晴らしい景色・空気を堪能できました。
一生の思い出になりました。
平ヶ岳の山頂付近をスケールアップして清涼感と迫力を増したような、そんな山でした。
次回は永田岳と湯泊歩道を歩きたいです。
訪問者数:241人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 水場 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ