ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 866349 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

大台ヶ原山

日程 2016年04月29日(金) [日帰り]
メンバー guronsan(CL), その他メンバー1人
天候曇り・時々・晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
(往路)4月28日夜出発
21:00自宅出発(東京都江東区)
22:45中井PA:仮眠45分
4月29日
01:30掛川PA
04:05亀山PA:仮眠4時間
07:55出発
10:45大台山上駐車場
(下山)上北山村「道の駅」泊
15:00大台山上駐車場 出発
15:45(道の駅)吉野路上北山、上北山温泉:薬師湯
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間0分
休憩
5分
合計
2時間5分
S大台山上駐車場11:0011:40日出ヶ岳11:4512:25正木ヶ原12:35尾鷲辻13:05大台山上駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
風が強く無く、翌日の予定が無ければ一周したかったのですが、尾鷲辻〜駐車場へショートカットしました。
よって、 牛石ヶ原、大蛇堯▲轡カラ谷吊橋は通過せず。
コース状況/
危険箇所等
積雪無し、強風
その他周辺情報(道の駅)吉野路上北山
 「道の駅ショップ」のレストランは14時半終了。

 上北山温泉:薬師湯(500円、JAF割引400円) 隣接
 薬師湯21時まで、軽食17時まで

 道の駅隣接”食事処「ひろ」”、L.O.19:30
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 計画書 ヘッドランプ 予備電池 携帯 タオル
共同装備 非常食 地図(地形図) コンパス 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ツェルト カメラ
備考 始終強風(時折り突風)でしたのでレインウェア上衣が特に役立ちました。
低温でコンデジの電池が見かけ消耗し、ポケット(体温)で温めて復活させました。

写真

ビジターセンター脇にある登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビジターセンター脇にある登山口
桜満開では無く(霧氷の森)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜満開では無く(霧氷の森)
大台ヶ原山(日出ヶ岳)山頂の見晴台の裏にある三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台ヶ原山(日出ヶ岳)山頂の見晴台の裏にある三角点
時折り見えた青空(雲は超高速で変化していて短いシャッターチャンスでした)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折り見えた青空(雲は超高速で変化していて短いシャッターチャンスでした)
伊勢湾台風までは森だったとのこと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢湾台風までは森だったとのこと
60年近く経った今でも立ち枯れの樹々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
60年近く経った今でも立ち枯れの樹々
(おまけ)下山後の「上北山温泉(薬師の湯)」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(おまけ)下山後の「上北山温泉(薬師の湯)」

感想/記録

2016年4月29日 大台ヶ原山(日出ヶ岳)1695m
日出 5:01 日入18:46  火山レベル レベル −
行程時間02:20(内歩行)02:20

 前日の28日夜に東京を出発、GWの混雑を避け、天気の良いうちに(本年初の百名山が待ちきれなくて)、GWの前半に雪も消えた奈良県の2山(大台ヶ原山、大峰山)に向かう。
 大きな渋滞は無かったが、GWのせいか深夜になっても交通量は多く、事故・故障車も度々あった。途中、何か所かSAでの仮眠をしようと下調べしていましたが、駐車して仮眠の方が多く、どこも満車。時々、腰を伸ばして・トイレを借りて。。。。先に進むしかありませんでした。結局「亀山PA」に4時着で仮眠。
 亀山PAを8時に出発し、11時前には大台ヶ原の駐車場に到着(夜明け前の林道もハンドル連動のヘッドライトが活躍して無事走行)。

 1周フルコースだと山を降りてから夕食にありつけず(事前調査では日帰り温泉の食事は17時終了)、フリーズドライ生活になるため、山頂ピストン(1:10)を計画していましたが、予定より2時間ほど早く到着したことで欲が出始める。。。しかし、予想はしていましたがものすごい風、吹き続ける風・風・風、そして突風。雪は全く無いが、霧氷?が風で剥がれて飛ばされてくる。バチバチと痛いくらい・そして寒い。上空をものすごい速さで雲が形を変えていく。駐車場からの標高差120mで緩やかな登りの山と馬鹿にしてはいけない。以前の八ヶ岳の稜線で危険を感じたように雨を伴っていないことが有難い。
 時間も早かったのでエスケープ第二案を採用。コースの残り半分は強風のためと、明日が本格登山のための妻の体力温存のためパス。
 それでも、行程の前半は霧氷(山頂から振り返ると山全体が満開の桜のよう)、後半は枯れ果てた木々(1959年の伊勢湾台風で根こそぎ森が破壊された)と珍しいものを見れました。
訪問者数:42人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ