ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 866368 全員に公開 ハイキング大峰山脈

八経ヶ岳+弥山でテント泊

日程 2016年05月04日(水) 〜 2016年05月05日(木)
メンバー 子連れ登山shinaemon, その他メンバー1人
天候晴れ(強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝10時頃に到着。前日が雨だったためか、結構空いていました。
行者還トンネルまでの国道は、噂通りの道でした。対向車が少なかったので助かりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間32分
休憩
22分
合計
3時間54分
S行者還トンネル西口10:1311:39奥駈道出合11:4212:07弁天の森12:2512:55聖宝ノ宿跡12:5614:07弥山小屋
2日目
山行
3時間45分
休憩
32分
合計
4時間17分
弥山小屋06:0206:04国見八方覗06:0606:25大峰山06:48国見八方覗06:59弥山小屋07:2408:24聖宝ノ宿跡08:2508:53弁天の森09:14奥駈道出合09:1510:12行者還トンネル西口10:1510:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所は、ありません。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

スタート
橋をわたります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート
橋をわたります。
4
木の根がびっしり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根がびっしり。
3
まだまだのぼります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだのぼります。
1
やっと、奥駈道出合。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、奥駈道出合。
2
弁天の森 到着。ここで昼ご飯にします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁天の森 到着。ここで昼ご飯にします。
1
標識が所々あり、安心して登れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識が所々あり、安心して登れます。
1
聖宝ノ宿跡に到着。なんだかんだ疲れています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖宝ノ宿跡に到着。なんだかんだ疲れています。
2
階段が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が続きます。
1
鉄の階段。あと一息。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄の階段。あと一息。
弥山小屋に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋に到着。
1
テント設営して、一息
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント設営して、一息
2
看板の前で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板の前で。
7
弥山へ散歩します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山へ散歩します。
1
弥山小屋の前もたくさんのテントが張っていました。
国見八方覗もたくさんのテントが立っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山小屋の前もたくさんのテントが張っていました。
国見八方覗もたくさんのテントが立っていました。
3
夕日を撮影しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日を撮影しています。
1
息子の撮った、1枚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
息子の撮った、1枚。
5
国見八方覗から朝日。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見八方覗から朝日。
7
八経ヶ岳へ。オオヤマレンゲの保護柵を超えて行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳へ。オオヤマレンゲの保護柵を超えて行きます。
相当な強風です。早々に退散します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相当な強風です。早々に退散します。
3
テントを片づけ、再出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを片づけ、再出発。
1
息子は、帰り(下り)の一歩目に手すりがなくて怖かったと言ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
息子は、帰り(下り)の一歩目に手すりがなくて怖かったと言ってました。
イイ眺めが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イイ眺めが続きます。
2
階段を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を下ります。
聖宝ノ宿跡からは、一気に奥駈道出合まで進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖宝ノ宿跡からは、一気に奥駈道出合まで進みます。
中々、保護された標識。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中々、保護された標識。
1
坂も終わり、ビクトリーロード
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂も終わり、ビクトリーロード
行きに撮り損ねた登山道入口。
登山ポストがあります。
登山口は、相当な強風でした。
油断した息子は、帽子を飛ばしていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きに撮り損ねた登山道入口。
登山ポストがあります。
登山口は、相当な強風でした。
油断した息子は、帽子を飛ばしていました。
1

感想/記録

ゴールデンウィークは、テント泊登山に行こうと息子と計画。近畿最高峰の八経ヶ岳へ。当初は、3日からの予定が、雨予報なので、4日に変更。
10時ぐらいに行者還トンネル西口の駐車場に到着。ゴールデンウィークの真ん中でしたが、前日の雨のせいかまだ空きがありました。
登山口の木の橋を超えると急な道が続きます。久しぶりのテント泊装備が堪えます。息子も、久しぶりのテント泊用の荷物にびびっていました。
何とか奥駈道出合に到着。ここから、なだらかな道が続きます。弁天の森でお昼ご飯にします。息子のリュックに仕込んだお昼ご飯がなくなり、リュックがかるくなったと喜んでいました。
聖宝ノ宿跡からまたまた、きつい登り。やっとこさ鉄の階段を超え弥山に到着。1日目終了です。テントを立てて後はのんびりします。
弥山より、夕日を堪能。息子は、構図を考えて一生懸命、写真を撮っていました。
1日目は、朝から風が強かったですが、夜中も、ずっと風の音がしていました。翌日も相当風が強かったです。
翌朝、国見八方覗から朝日を眺め、テントそのままで、八経ヶ岳に出発。オオヤマレンゲの保護柵を超えて山頂に到着。風が強く写真もそこそこに退散しました。
弥山に戻り、テントを片づけ下山開始です。下りもゆっくり進みます。いい天気で気持ち良い道を進みます。奥駈道出合からの下り、やっぱり急な道。一歩一歩確実に下ります。木製の橋を超えて行者還トンネル西口の登山口に到着。ここがこの日最強の強風。気を抜くと体が持っていかれる程でした。

下山後は、天川村方向に戻り、天の川温泉へ。男湯は、いっぱいのため、入場制限がかかっていました。しばらくまって、いいお湯をいただきました。
ゴールデンウィークの渋滞も心配のため、早めに帰ることに。道の駅によろうかと思いましたが、駐車場渋滞。諦めて、帰宅優先としました。おかげで渋滞に巻き込まれることもなく帰宅できました。
訪問者数:245人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント テン 出合 登山ポスト 設営
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ