ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 866400 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

花の百名山・霊仙山

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー nimuchan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR醒ヶ井駅より南進、醒ヶ井養鱒場を越えて更に林道を3.4km入った所に榑ヶ畑登山口駐車場がある。ただし止められるのは10数台までで、止められ方によってはUターンも難しくなる恐れがある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
0523 自宅発
0725 榑ヶ畑登山口駐車場は既に一杯なので少し下がって路肩駐車
0736 スタート
1010 霊仙山最高点(1098m)初めての休憩、水分補給
1135 近江展望台着、ここでランチタイム。
1201 発
1440 駐車場所着
1500 発、名神大渋滞
1623 黒丸PAで小休止、2時間ほど仮眠、死ぬといけないので窓を開けておく。00
1900 発、またすぐ渋滞、京滋バイパスを出るまで延々続いた。
2117 自宅着 254.2km
コース状況/
危険箇所等
特に危険な所は無いが、近江展望台に行くまでには急斜面のトラバースが有り滑落に注意する必要がある。
その他周辺情報林道以降にはトイレや売店などは無い。わずかに山小屋かなやに無人のドリンク販売がある。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 レジャーシート コンパス(携帯で代用) ヘッドランプ 予備電池 携帯GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル スパッツ ストック カメラ

写真

0735 ここの駐車場は10台程度しか止まれないのでシーズンにはすぐ一杯になる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0735 ここの駐車場は10台程度しか止まれないのでシーズンにはすぐ一杯になる
1
0735-2 登山口駐車場の様子、既に満車でこの下の路上に並び始めている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0735-2 登山口駐車場の様子、既に満車でこの下の路上に並び始めている
1
0735-3 霊仙山登山道入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0735-3 霊仙山登山道入口
1
0735-4 山頂まで4.0km、養鱒場からでも林道を3.4km入っている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0735-4 山頂まで4.0km、養鱒場からでも林道を3.4km入っている
1
0737 登山道入口にある休憩所、ここに登山ポストもある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0737 登山道入口にある休憩所、ここに登山ポストもある
0737-2 落合ルート通行不可の表示がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0737-2 落合ルート通行不可の表示がある
0738 暫く林道を上っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0738 暫く林道を上っていく
0739 登山道の案内も消えかけている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0739 登山道の案内も消えかけている
0739-2 ここからいよいよ登山道に入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0739-2 ここからいよいよ登山道に入る
0742 ほとんど水の流れていない沢に沿って進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0742 ほとんど水の流れていない沢に沿って進む
0746 山小屋かなやは誰も居ない、この辺りまでカエルがうるさく鳴いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0746 山小屋かなやは誰も居ない、この辺りまでカエルがうるさく鳴いていた
0747 山小屋の壁には注意書きや地図などが色々貼ってある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0747 山小屋の壁には注意書きや地図などが色々貼ってある
0747-2 無人のドリンク販売所、この先には経塚山近くの避難所以外何も無い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0747-2 無人のドリンク販売所、この先には経塚山近くの避難所以外何も無い
0752 登山道の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0752 登山道の様子
1
0755 二合目汗拭峠
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0755 二合目汗拭峠
0756 下はざらついた土、ジグザグに登っていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0756 下はざらついた土、ジグザグに登っていく
0757 登山道の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0757 登山道の様子
1
0800 真っ赤なつつじが咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0800 真っ赤なつつじが咲いていた
1
0800-2 この辺りは尾根筋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0800-2 この辺りは尾根筋
0804 三合目通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0804 三合目通過
0805 登山道の様子、土の間から岩がのぞく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0805 登山道の様子、土の間から岩がのぞく
0808 標識には大洞谷源頭と表示されている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0808 標識には大洞谷源頭と表示されている
0817 四合目松林通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0817 四合目松林通過
0817 登山道の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0817 登山道の様子
0828 マムシグサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0828 マムシグサ
0829 五合目見晴台到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0829 五合目見晴台到着
0829-2 五合目見晴台からは琵琶湖方面が良く見渡せる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0829-2 五合目見晴台からは琵琶湖方面が良く見渡せる
1
0836 ナミシャク科の蛾がよく似ているが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0836 ナミシャク科の蛾がよく似ているが・・・
0837 フモトスミレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0837 フモトスミレ
0843 岩がゴロゴロした登山道を登っていく、この後上から大きな石が落ちてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0843 岩がゴロゴロした登山道を登っていく、この後上から大きな石が落ちてきた
0843-4 山の間から琵琶湖も見えている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0843-4 山の間から琵琶湖も見えている
0846 登山道からの眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0846 登山道からの眺望
0848 落石しやすい登山道で注意が必要
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0848 落石しやすい登山道で注意が必要
0850 暫くこんな登山道が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0850 暫くこんな登山道が続く
0851 周辺の山脈や琵琶湖の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0851 周辺の山脈や琵琶湖の様子
0851-2 平原のような様子になってくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0851-2 平原のような様子になってくる
0852-2 二輪咲いているニリンソウはあまり見られない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0852-2 二輪咲いているニリンソウはあまり見られない
0854 七合目・お猿岩通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0854 七合目・お猿岩通過
0857 冬の樹氷がとてもきれいだった山も今は緑色に変わっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0857 冬の樹氷がとてもきれいだった山も今は緑色に変わっている
2014年4月5日 七合目から見た樹氷の山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2014年4月5日 七合目から見た樹氷の山
1
0858 以前来た時にはこの辺りの樹氷も非常に綺麗だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0858 以前来た時にはこの辺りの樹氷も非常に綺麗だった
2014年4月5日 写っている木は違うかもしれないが同じ場所で撮った写真
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2014年4月5日 写っている木は違うかもしれないが同じ場所で撮った写真
0900 タンポポの一種のようだが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0900 タンポポの一種のようだが・・・
0902-2 これはイチリンソウかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0902-2 これはイチリンソウかな
0907 八合目のお池が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0907 八合目のお池が見えてきた
0908 八合目・お池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0908 八合目・お池
1
0911 ニリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0911 ニリンソウ
0913 なだらかな台地が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0913 なだらかな台地が続く
0920 窪みが池になっている所もある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0920 窪みが池になっている所もある
0922 登ってきた方角を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0922 登ってきた方角を振り返る
0930 経塚山(1040m)到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0930 経塚山(1040m)到着
3
0930-2 歩いてきた方角の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0930-2 歩いてきた方角の様子
1
0930-3 これから向かう方角
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0930-3 これから向かう方角
1
0941 霊仙山頂上への登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0941 霊仙山頂上への登山道
1
0945 霊仙山頂上方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0945 霊仙山頂上方面
1
0949 霊仙山頂上(1083.5m)二等三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0949 霊仙山頂上(1083.5m)二等三角点
2
0950 霊仙山頂上にて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0950 霊仙山頂上にて
6
0952 霊仙山頂上からの琵琶湖方面眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0952 霊仙山頂上からの琵琶湖方面眺望
2
0957 霊仙山頂上を後にする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0957 霊仙山頂上を後にする
1
1006-2 これから進む南霊山の方角
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1006-2 これから進む南霊山の方角
1008 霊仙山最高点(1098m)にて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1008 霊仙山最高点(1098m)にて
3
1010 経塚山と避難小屋方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1010 経塚山と避難小屋方面
1023 急斜面と岩場をトラバースしていく、確かこの先の岩場が怖そうなので迂回しようとして迷子状態になった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1023 急斜面と岩場をトラバースしていく、確かこの先の岩場が怖そうなので迂回しようとして迷子状態になった
1027 周辺の山脈
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1027 周辺の山脈
1
1119 登山道自体も斜面になっているので滑りやすい、結構怖かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1119 登山道自体も斜面になっているので滑りやすい、結構怖かった
1
1124 表面はパラパラの土なので気をつけないと滑落する、写真で見ると大したことないが怖かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1124 表面はパラパラの土なので気をつけないと滑落する、写真で見ると大したことないが怖かった
1
1127-2 これから進む方角
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1127-2 これから進む方角
1
1129 近江展望台が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1129 近江展望台が見える
2
1133 ●近江展望台からの眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1133 ●近江展望台からの眺め
4
1137 近江展望台から先の様子、ここからUターンすることに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1137 近江展望台から先の様子、ここからUターンすることに
1
1137-2 周辺の山脈の緑のコントラストが面白い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1137-2 周辺の山脈の緑のコントラストが面白い
2
1139-2 今まで進んできた方角
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1139-2 今まで進んできた方角
2
1147 本日のランチはコンビニのサンドイッチ、そういえばこのところの山歩きでは弁当を作ってないなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1147 本日のランチはコンビニのサンドイッチ、そういえばこのところの山歩きでは弁当を作ってないなあ
1
1159 近江展望台を後にする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1159 近江展望台を後にする
1
1205 ムラサキケマン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1205 ムラサキケマン
1219 暫くは岩場越えが続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1219 暫くは岩場越えが続く
1
1220 ニリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1220 ニリンソウ
1
1221 タチツボスミレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1221 タチツボスミレ
1222-2 イチリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1222-2 イチリンソウ
1224-2 ニリンソウと思われるが皆一輪しか咲いていない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1224-2 ニリンソウと思われるが皆一輪しか咲いていない
1225-4 ニリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1225-4 ニリンソウ
1226 タンポポだが種類は不明
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1226 タンポポだが種類は不明
1
1230 進行方向の登山道の様子、土のところよりは石ガレの方が安全そうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1230 進行方向の登山道の様子、土のところよりは石ガレの方が安全そうだ
1
1231 キバナノアマナに似ているが葉の形が違うようだ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1231 キバナノアマナに似ているが葉の形が違うようだ・・・
1233 タチツボスミレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1233 タチツボスミレ
1247 ニリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1247 ニリンソウ
1259 最高地点で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1259 最高地点で
1
1304 下山する方角
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1304 下山する方角
1
1329 八合目が近づく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1329 八合目が近づく
1330 ピンぼけだが、お池にはお玉杓子が一杯いた、この子達はどこへ行くんだろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1330 ピンぼけだが、お池にはお玉杓子が一杯いた、この子達はどこへ行くんだろう
1436 駐車場到着、もうほとんど帰っているが、この先の路上にはまだかなり止まっていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1436 駐車場到着、もうほとんど帰っているが、この先の路上にはまだかなり止まっていた
2

感想/記録

暫く山に行ってなかったリハビリも兼ねて春の「花の百名山」巡りをしている。山と渓谷社刊「花の百名山登山ガイド・上下巻」を参考に抽出しているので、一般に言われる花の百名山・新花の百名山には含まれていない山もある。
昨日の赤坂山に続いての山歩き。いつもの事ながら朝になって色々迷い、距離が手頃で暫く行っていない霊仙山に行くことに。GW最終日という人も多いと思われるのでラッシュが心配だったが、ノンストップで割とすんなり登山口駐車場に到着。ところが、駐車場が狭いということもあるが、既に一杯で路上にも並び始めている状況。仕方が無いので一旦Uターンし、邪魔にならない広い場所を選んで路上駐車。準備をしてスタートするが、家を出たのが遅い割には早くからスタートを切れた。やはりこのくらいの距離までが後を考えると楽だし、少し足を伸ばそうかという気にもなる。
最初元気のある内、できるだけゆっくり歩くことを心掛け進んでいく。ここは「○合目」という表示がずっとあるので気分的に落ち着く。前回来た時は7〜8合目から見た樹氷に感動したが、今回は新緑の山に変身している。
一つ目の大きなピーク・経塚山(1040m)からは霊仙山頂上に向かう。頂上の二等三角点(1083.5m)にタッチしてから、最高峰へ。霊仙山最高点(1098m)で本日最初の小休止と水分補給。風が強くて冷たいためほとんど汗もかかず、山歩きには丁度良い体感温度なので水は沢山持ってきたが余り必要ないかも。ここまでが当初の目標だったが、まだランチタイムには早いので、この先に見えている険しそうな岩場の方へ周回してみることにする。
南の方角はかなり切り立った崖で、登山道は土煙が舞いそうなパラパラの土の上、更に登山道自体も傾斜面になっているので気を抜くととんでもないことになりそうな雰囲気だ。暫く進んで、前方に切り立った崖の険しい岩場が見えたので、安全策をとり迂回することにしたが、これが大失敗。わずかな踏み跡を頼りに進んだがどんどん見当外れな方向に進んでしまい、修正しようとしてピーク越えしたら更に悪い方向へ進んでしまった。取りあえずルートのある方向へ進み、戻ることができたが、後から見たら岩場越えの方が遙かに楽で安全だった。
最高点から見た岩場の最先端だと思うが、近江展望台と表示のある場所に到着したのは昼少し前。暫く景観を楽しんだ後、風を避けた陽だまりで、周辺の山脈を眺めながらのランチタイム。最近怠けて弁当を作らず、今日もコンビニのサンドイッチ。山頂で食べるものは何でも美味しいからまあいいか・・・。
この先を周回して帰ろうかとも思ったが、単独登山の上、今まで歩いたことがなく様子が分からないのでここからUターンすることにする。先程迂回して失敗した岩場はさほど危険な所はなく、それよりも土のところの方が恐ろしい感じだ。下山はノンストップで駐車場まで直行。既に駐車場の車もかなり減っているが、後から来たと思われる路上駐車の車は駐車場から離れるほど多くなっているようだ。
帰りもノンストップで帰ろうかと思ったが、米原ICを入った途端大渋滞に巻き込まれ、眠気もありそうだったので、昨日の高速道路での大事故ニュースも有ったことだし、名神黒丸SAで2時間ほど仮眠。暗くなってから再スタートし、もうそろそろ渋滞も解消されているかと思ったが大間違いで、結局京滋バイパスを下りるまで延々の大渋滞だった。
花の名前は帰ってから調べましたがよく分からないものが多く、判定ミスが沢山あると思いますので参考にはなりません。
訪問者数:209人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ