ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 866440 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

両神山 八丁峠からアカヤシオ満開の鎖場をゆく

日程 2016年05月07日(土) [日帰り]
メンバー YAMA555(CL), その他メンバー3人
天候晴れ 早朝は心地よかった気温でしたが昼頃は暑い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
地元草加から4:30発 草加ICから外環・関越で花園ICにております。後は有料道路、下道でトンネル入口着6:30でした。同じ埼玉県ですが遠いです。
トンネル前に15台程度の駐車スペースがあります。バイオトイレが男女1個ずつありました。水はなし。
対向車があると通り抜け困難な道はありませんが、志賀坂トンネルからかなり標高を上げるためにクネクネ道で、車道には若干落石があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間58分
休憩
2時間4分
合計
7時間2分
S八丁トンネル登山口06:5407:42八丁峠07:4708:25行蔵峠08:2908:37西岳08:4909:02龍頭神社奥宮09:1209:40東岳09:5110:06前東岳の岩場10:15両神山10:5111:10前東岳の岩場11:23東岳11:4012:02龍頭神社奥宮12:0512:21西岳12:3012:35行蔵峠12:4213:09八丁峠13:1713:53八丁トンネル登山口13:5513:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはEtrex20xのGPSデータです。
コース状況/
危険箇所等
●参考資料
山と高原地図「雲取山・両神山」

2015年10月登頂時の記録
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-736713.html

●駐車場〜八丁峠
入口に登山ポストがあります。いきなりの急坂、細い登山道が続きます。
数ヶ所の鎖のついたトラバースがあります。石が多いので落とさないように注意。
八丁峠にはベンチとテーブルがあります。
アカヤシオの木が多数あるのですが、この辺は数本しか花がありませんでした。もう終わったのかな?

●八丁峠〜西岳〜東岳〜両神山
鎖場注意の看板ある通りこれより先は急峻な峰(行蔵峠、西岳、東岳)を3回登下降しなければなりません。八丁峠から先の水平距離は短いですが、3つの急斜面の峰を経て両神山に向かいますので時間がかかります。登山口から山頂までの高度差は約170mですが累積標高差は1,700m近くあることが急斜面を物語っているでしょう。特に西岳〜東岳の間は鎖場が何連にもありました。

東岳からはその前までの鎖場から一転緩やかな上り下りですが、山頂直下は急坂鎖場が待っています。
しっかりホールドスタンスを取れる岩、木の根がありますが、一部浮きそうな岩もあるので、掴んだり足を置く時には確認したほうが良いです。落石も注意です。また木の根のつまづきも致命傷になりかねません。

各ピークの展望はかなり良いです。奥多摩、奥秩父の峰々、今回は更に遠くの日光、谷川方面?が視認できました。残念ながら八ヶ岳、浅間山は雲の中。富士山も見えず。
その他周辺情報●温泉
両神温泉薬師の湯にて汗を流しました。600円也
返却式コインロッカー、シャンプー、リンス、ボディーソープあり。露天風呂はありません。若干ぬるめでした。
食堂、土産物販売、隣の建物には農産物直売所があります。

写真

駐車場から今朝は展望が利きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から今朝は展望が利きます。
1
バイオトイレ。稼動していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイオトイレ。稼動していました。
1
葉桜ながらも花がまだ残っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉桜ながらも花がまだ残っていました。
4
登る時に1人1回レバーを押します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登る時に1人1回レバーを押します。
1
遭難事項おきないように気を引き締めてスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遭難事項おきないように気を引き締めてスタート。
1
登り始めいきなり急坂ですが、しばらくすると緩やかな登りが八丁峠まで続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めいきなり急坂ですが、しばらくすると緩やかな登りが八丁峠まで続きます。
1
だいたい予定通り八丁峠着。この辺はアカヤシオがあまり咲いていなくて、あれ時期ズレていたかと心配になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいたい予定通り八丁峠着。この辺はアカヤシオがあまり咲いていなくて、あれ時期ズレていたかと心配になりました。
注意喚起の看板。八丁峠コース。
初心者向きではありません。少し経験を積んでからアタックしましょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
注意喚起の看板。八丁峠コース。
初心者向きではありません。少し経験を積んでからアタックしましょうね。
1
登山道は意外に散っている花弁も多かったです。
先週の荒天のおかげでしょうか(TT)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は意外に散っている花弁も多かったです。
先週の荒天のおかげでしょうか(TT)
3
鎖場が続く八丁コース。今回は仲間にトップを歩いていもらい自分はラストでゆっくりと写真を撮りながら歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場が続く八丁コース。今回は仲間にトップを歩いていもらい自分はラストでゆっくりと写真を撮りながら歩きます。
1
道中アカヤシオが咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中アカヤシオが咲いています。
1
鎖場は展望が良いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場は展望が良いですね。
1
標高が高いところではアカヤシオ咲き始めなのかとても色が濃い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が高いところではアカヤシオ咲き始めなのかとても色が濃い。
5
東岳方面へ続く峰々。今日は展望があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳方面へ続く峰々。今日は展望があります。
2
反対側の岩場から仲間を撮る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側の岩場から仲間を撮る。
1
何連にもなった鎖場を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何連にもなった鎖場を進む。
2
行蔵峠から八丁峠方面を見晴らす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行蔵峠から八丁峠方面を見晴らす。
西岳に到着。アカヤシオキレイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳に到着。アカヤシオキレイ。
4
終始アカヤシオを楽しめました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終始アカヤシオを楽しめました。
4
西岳からの下りの鎖場。西岳から東岳が一番鎖場多いかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳からの下りの鎖場。西岳から東岳が一番鎖場多いかな。
2
アカヤシオでピンク色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオでピンク色。
3
西岳の下りパート2
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳の下りパート2
2
西岳下降中から東岳を見る。切り立ってますねー。
アカヤシオとミドリと岩が織り成す模様がキレイ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳下降中から東岳を見る。切り立ってますねー。
アカヤシオとミドリと岩が織り成す模様がキレイ!
3
東岳登り中から西岳下降中の人を撮る。
こうやって見るとすごいところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳登り中から西岳下降中の人を撮る。
こうやって見るとすごいところ。
1
切り立った岩場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切り立った岩場。
3
アカヤシオロード。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオロード。
1
尾ノ内渓谷の破線ルートとの分岐には祠が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾ノ内渓谷の破線ルートとの分岐には祠が。
西岳を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳を望む。
2
急峻な鎖場を通過し東岳への尾根歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急峻な鎖場を通過し東岳への尾根歩き。
1
急峻な鎖場を通過し東岳への尾根歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急峻な鎖場を通過し東岳への尾根歩き。
1
東岳に到着〜ここも展望いいよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳に到着〜ここも展望いいよ。
1
武甲山のシルエットが良いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山のシルエットが良いですね。
2
東岳から両神山頂は意外になだらか。最後だけ鎖場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳から両神山頂は意外になだらか。最後だけ鎖場。
1
アカヤシオ満開。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオ満開。
1
満開のアカヤシオを堪能。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開のアカヤシオを堪能。
1
両神山頂に到着しました。アカヤシオ見ごろです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山頂に到着しました。アカヤシオ見ごろです。
4
山頂で仲間が持ってきてくれた冷たい苺が甘くて旨い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で仲間が持ってきてくれた冷たい苺が甘くて旨い。
1
昼食をとったら下山を開始。
帰りもアカヤシオを堪能しながらゆっくり歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食をとったら下山を開始。
帰りもアカヤシオを堪能しながらゆっくり歩く。
花弁が丸くてかわいいんですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花弁が丸くてかわいいんですよ。
4
色の濃いアカヤシオ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色の濃いアカヤシオ。
4
アカヤシオと切り立った峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオと切り立った峰。
3
鎖場の下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場の下り。
2
下山時の駐車場状態。満車になると思ったが結構空いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時の駐車場状態。満車になると思ったが結構空いていました。
帰りは薬師の湯にて汗を流しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは薬師の湯にて汗を流しました。
1

感想/記録

山仲間が一度八丁尾根の鎖場を歩きたいとの頼まれていたので、せっかく歩くならアカヤシオが見ごろを迎える時期にピンポイントでと見計らって、歩くことにしました。

前々日、上高地から前穂を登頂して久しぶりに筋肉痛を味わっていたので、自分が大丈夫かなと思ったけど、今回はマッタリ歩くメンバーだったので道中は問題なし。前穂では雪が降っていたが、うって変わって夏のような暑さでなんだか体が適用できないような違和感はあった。

八丁峠に到着時にあまりにもアカヤシオの花がついていなかったので、これは時期を逸したかと心配したが、ここから両神までの鎖場ルートはアカヤシオが満開。まさかこれだけアカヤシオがあるとは思っていなかっただけに、ピンクに染まる登山道を驚嘆と感嘆をあげながら歩いた。鎖場は40本近くあり慎重さを要するルートなので、アカヤシオを見るときには必ず立ち止まってね。

トップはこのルートを行きたいと希望した仲間に任せて、ほか2人の足取りを見て、鎖場も全く心配が無かったので、自分は写真を撮りながら後詰をしました。

両神山は、比較的八丁からの方が早くつくので山頂はまだ空いていたので、食事を取ることにする。残念ながら富士山、八ヶ岳は雲に隠れて見えないが展望は良く、直射日光が暑いも風が心地よい。山頂のアカヤシオも見事で良い時間がすごせた。
下山時にも同じアップダウンがあるので気を抜けないが、若干雲が出てきて陽光が無くなったため歩き易くなったか。

ほぼコースタイムどおりに歩いて無事下山しました。紅葉の季節も良いですが、このルートはやっぱりアカヤシオの咲くこの時期が一番良いと思った両神山でした。
訪問者数:477人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/29
投稿数: 41
2016/5/8 23:01
 八丁尾根お疲れ様でした
前夜夜間は暴風雨で家で寝ていても何度か目が覚める程だったのですが、朝起きてみるとすっきり晴れていて良い山歩き日和になりましたね。
私は普通に仕事でしたが。。。
このコースは先月途中でリタイヤしてましたが、経験の浅い同行者にはやっぱり厳しいですね、反省しました。急ぎませんが同じメンバーでリベンジします!
アカヤシオがまさに見ごろのようで素晴らしい!
山と高原地図の付属冊子の冒頭に書かれている花くらい興味を持とうと思い始めた今日この頃です。
登録日: 2009/11/28
投稿数: 257
2016/5/9 8:46
 Re: 八丁尾根お疲れ様でした
ya_saさん、お仕事お疲れ様。
当日風が残ることと雨で岩が滑ることが心配でしたが、両神付近はそれほど降らなかったようで岩も乾いていて、風も心地よく絶好の登山日和でした。
アカヤシオは4〜5月に咲く花で、西上州の山で多く見られます。来年は一緒に見に行きましょう!
登録日: 2015/6/29
投稿数: 86
2016/5/12 21:17
 お疲れ様です!
両神山の八丁尾根は前からずっと憧れているのでレコを見させていただき感動です!
アカヤシオがめちゃくちゃ綺麗ですね!
こんなに荒々しい両神山でもこの時期はアカヤシオでこんなにも和むんですね〜♪

わたしも今月末に両神山に行ってみようと思ってるんですが、さすがに初回なので日向大谷コースのピストンにしてみようと思います。
来年のアカヤシオシーズンには八丁尾根コースチャレンジしてみたいですね(^^)
登録日: 2009/11/28
投稿数: 257
2016/5/13 0:35
 Re: お疲れ様です!
matako0530さんコメントありがとうございます。
アカヤシオは4月の西上州からこの両神の岩稜帯の山で良く見られる花です。
ピンク色に彩られた登山道を歩くと幸せな気分になること間違いなしですよ。

日向大谷コースも長いですが登り応えのある登山道なので、楽しめますよ。でも、一番はこのアカヤシオが咲き乱れる八丁尾根が一番かな。クサリ場ですが、ステップアップして来年は是非歩いて欲しいルートです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ