ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 866628 全員に公開 ハイキング関東

堅破山(関東100名山)

日程 2016年05月07日(土) [日帰り]
メンバー shokunpapa
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ニノ鳥居の駐車場に駐車。
■一ノ鳥居からニノ鳥居までは、ダート道。
■一ノ鳥居までの道は、高萩市側からアクセスする場合は、最後の峠道の約1キロの区間が酷いダート道になります。常陸大田市側の国道349号からのアクセス道は舗装されています。
■11月の紅葉の時期の土曜日曜には、高萩駅から花貫渓谷までシャトルバスが運行されていて、その際に花貫渓谷と土岳・堅破山をぐるっと歩いて回る計画を立てれば、車を使わずに堅破山に行けます。しかし、歩く距離が長く、おまけに、シャトルバスの最終便の出発時間(15時台)までに花貫渓谷入口まで戻らなければならず、私の足では間に合うかどうか不安です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間51分
休憩
11分
合計
2時間2分
S竪破山駐車場(二ノ鳥居)14:4315:15仁王門15:23甲石15:27黒前神社15:29竪破山15:3515:44胎内石15:47甲石15:51立割石16:1416:18奈々久良の滝16:2316:45堅破山駐車場(二ノ鳥居)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
所要時間:2時間2分
歩行時間:122分(小休止を含む)
距離:4.5km
累積標高差:+-290m
行程量:9+5.8+2.9=17.7P(8.85EK)(★)
ラップタイム:6.89分/P(マイペース登高能力:326m/h、ランク検
エネルギー定数:122*0.03+0.29*10+0.29*0.6+4.5*0.3=8.084
山のグレード:1A
消費カロリー:8.084*(78+(6.4+5.4)/2)=678kcal
※各指標の説明は、私のプロフィールに掲載。
コース状況/
危険箇所等
■標識も完備されたハイキング道です。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

14:43 第二鳥居前の駐車場を出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:43 第二鳥居前の駐車場を出発。
右の道を進みます。帰りは左の谷沿いの道から戻る予定です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の道を進みます。帰りは左の谷沿いの道から戻る予定です。
杉林の中を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林の中を登ります。
1
うっそうとした林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっそうとした林
1
14:59 烏帽子石
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:59 烏帽子石
15:04 水場がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:04 水場がありました。
15:13 弁天池という小さな池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:13 弁天池という小さな池
15:14 仁王門の石段下。この石段を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:14 仁王門の石段下。この石段を登ります。
黒前神社の仁王門
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒前神社の仁王門
石段を上がってトラバース道をたどります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石段を上がってトラバース道をたどります。
15:23 黒前神社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:23 黒前神社
1
15:25 さらに石段を上ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:25 さらに石段を上ります。
東京スカイツリーと同じ高さ(標高634m)の場所を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京スカイツリーと同じ高さ(標高634m)の場所を通過。
15:27 頂上の近くにある黒前神社の本殿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:27 頂上の近くにある黒前神社の本殿
15:29 堅破山の山頂。展望台があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:29 堅破山の山頂。展望台があります。
15:30 展望台の上からの眺め。南側に、日立アルプスの神峰山と高鈴山が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:30 展望台の上からの眺め。南側に、日立アルプスの神峰山と高鈴山が見えます。
2
高鈴山の頂上にある雨量レーダー観測所の電波塔が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高鈴山の頂上にある雨量レーダー観測所の電波塔が見えます。
1
15:41 頂上から先に進んで下りた所にある胎内石
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:41 頂上から先に進んで下りた所にある胎内石
1
15:44 胎内石からの戻りは、堅破山の頂上の北側斜面を巻く道を通ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:44 胎内石からの戻りは、堅破山の頂上の北側斜面を巻く道を通ります。
15:45 頂上の尾根道をまたいで、今度は、甲石に直接に下りる道を通ります、この後、甲石を通り過ぎて立割石に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:45 頂上の尾根道をまたいで、今度は、甲石に直接に下りる道を通ります、この後、甲石を通り過ぎて立割石に向かいます。
15:51 山の名前の由来となった立割石
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:51 山の名前の由来となった立割石
2
16:14 峠に下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:14 峠に下りてきました。
1
16:18 峠の反対側にある奈々久良の滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:18 峠の反対側にある奈々久良の滝
2
16:24 これから、峠を越えて登山口に戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:24 これから、峠を越えて登山口に戻ります。
1
16:45 登山口に下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:45 登山口に下りてきました。
帰りの道中で、鯉のぼりの大群が風になびいていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの道中で、鯉のぼりの大群が風になびいていました。
1

感想/記録

関東100名山の堅破山(たつわれさん)に登りました。なかなかこちらに来る機会がありませんでしたが、やっと来れました。

堅破山はアクセスの遠い山で、登山口の二ノ鳥居に着くまでの車の運転が大変でした。特に、高萩の花貫渓谷側からの峠越えの道は、酷いダート道でした。ハイキングで歩くのには良い道ですが、車では二度と通りたくない道です。

噂には聞いていましたが、山中に奇岩がいくつもありました。昔から信仰と結びついて訪れる人が多かったように感じられました。登山道は歩きやすい道が続いていました。
訪問者数:312人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

水場 紅葉 シャトルバス 奇岩 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ