ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 866930 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

子壇嶺(こまゆみ)岳:信州の低山シリーズ

日程 2016年05月08日(日) [日帰り]
メンバー bumpkin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅「あおき」に駐車。(周回コースのため)
当郷管社コースのピストンならば登山口手前(690m)に駐車場あり。
5,6台駐車可
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
3分
合計
3時間10分
S道の駅「あおき」07:0608:59子檀嶺岳09:0210:16道の駅「あおき」G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は、予定、登行外、標高、写真タイム
( 6:12(7:30) 自宅 )
7:02-06(8:25-30) 道の駅「あおき」(530m)
7:41-43(2") 丸太橋(745) これを渡り登山口を間違える。
       途中まで道があるようでなく藪漕ぎ
       950mで正規の村松西洞コースに入る
8:58-9:02(10:30-40) 子壇嶺岳(1,223m)
登り:1'52"(2'00") 延標高差:753(693)m 速度:403(347)m/h
       当郷管社コース
10:16-26(12:00-05) 道の駅「あおき」(530m)
       道の駅で山菜等の買い物:安く、食べたら美味しい
下り:1'14"(1'20") 延標高差:723m 速度:586(542)m/h
山行:3'10"(3'30") 延標高差:1,476(1,416)m 
速度:466(405)m/h レスト:6"(10")
距離:10.0(9.8)km 歩行速度:3.16(2.80)km/h
( 11:45(13:00) 自宅 途中、松本でビールロング缶24本購入 )
Door to Door:5'32"(5'30")
コース状況/
危険箇所等
山頂近くは急斜面のため危険を想定していたが、道が整備されているので危険は感じないが、急斜面のつづら折りであるので特に躓いて転ばないように(木の根、石には十分に注意のこと)

個人装備

個人装備品
数量
備考
ザック(25L)(青) グレゴリー
ポール(3段収縮) 1対 グリップウェル
アウター(雨具)上下(ゴアテックス) 1対 上:ノースフェイス、下:ヘリテイジ
手袋(指なし革)(黒) 1対 キャンプ
防寒具(ダウン)(赤) マムート
ミッドウェア(上)(ザック内) マムート
ヘッドランプ ブラックダイヤモンド
ツウェルト(橙) ヘリテイジ
地図 各種 国土地理院
Fox40
GPS ガーミン
コンパス シルバ
個人装備品
数量
備考
救急品 ドイター
カメラ ペンタックス
食料 1食
非常食
飲料水 1本 アクエリアス(0.5L)
靴(夏用登山靴) 1対 スプルティバ
補修具 1式
ヘルメット ペツレ
インナー(上下) 1対 スマートウール
ズボン モンベル
靴下(ロング)(厚手) 1対 スマートウール
携帯 au

写真

子壇嶺岳@道の駅「あおき」:兜に似ている
左の山「湯坂山」からの鞍部に登ってしまったが、正規ルートは次のフラットから急坂になる所に出る
2016年05月08日 07:00撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子壇嶺岳@道の駅「あおき」:兜に似ている
左の山「湯坂山」からの鞍部に登ってしまったが、正規ルートは次のフラットから急坂になる所に出る
1
5月1日に登った夫神岳:右稜線裏から登る
2016年05月08日 07:14撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5月1日に登った夫神岳:右稜線裏から登る
間違えたポイント(745m):ここで入山禁止のこの橋を渡る。恐らく更に林道を進めば登山口があったと思われる(正規ルートには立派な標識があった)
2016年05月08日 07:42撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違えたポイント(745m):ここで入山禁止のこの橋を渡る。恐らく更に林道を進めば登山口があったと思われる(正規ルートには立派な標識があった)
1
尾根に出て850m付近から何となく道らしき道に。入山禁止のテープ沿いに歩く
2016年05月08日 08:02撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出て850m付近から何となく道らしき道に。入山禁止のテープ沿いに歩く
山躑躅
2016年05月08日 08:05撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山躑躅
山頂が見えてきた
2016年05月08日 08:20撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきた
1
尾根をわずかに下り始めて950m地点で正規ルートに出る
2016年05月08日 08:26撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根をわずかに下り始めて950m地点で正規ルートに出る
これから急坂:サイドで大きく崩れ木がなぎ倒されていた
2016年05月08日 08:32撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから急坂:サイドで大きく崩れ木がなぎ倒されていた
山頂が段々近づくが、急斜面(35度程)は続く。
2016年05月08日 08:41撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が段々近づくが、急斜面(35度程)は続く。
20分くらいで行けるかと思ったが、14分で行けた
2016年05月08日 08:42撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分くらいで行けるかと思ったが、14分で行けた
もう、山頂は直ぐそこ
2016年05月08日 08:54撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう、山頂は直ぐそこ
山頂にて:昨年7月保福寺峠から二ツ石峰、入山、三ツ頭までピストンしたのを思い出す
2016年05月08日 08:57撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にて:昨年7月保福寺峠から二ツ石峰、入山、三ツ頭までピストンしたのを思い出す
山頂にて:1日に登った夫神岳、奥は美ヶ原方面か
2016年05月08日 08:57撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にて:1日に登った夫神岳、奥は美ヶ原方面か
1
山頂にて:1日に登った夫神岳、大明神岳、天狗山、奥は美ヶ原
2016年05月08日 08:57撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にて:1日に登った夫神岳、大明神岳、天狗山、奥は美ヶ原
1
山頂にて:1月に登った独鈷山か、手前は女神岳か・・この辺りの山も結構登ったので皆懐かしい
2016年05月08日 08:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にて:1月に登った独鈷山か、手前は女神岳か・・この辺りの山も結構登ったので皆懐かしい
1
どちら方面を撮ったか思い出せない。山も分からない
2016年05月08日 08:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どちら方面を撮ったか思い出せない。山も分からない
改めて山頂の標識
2016年05月08日 08:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて山頂の標識
1
五竜から白馬乗鞍岳まで見える:手前は聖山か・・皆、懐かしい
2016年05月08日 08:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜から白馬乗鞍岳まで見える:手前は聖山か・・皆、懐かしい
後立山連峰:爺、鹿島槍、五竜・・昨年のテント縦走を思い出す
2016年05月08日 08:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山連峰:爺、鹿島槍、五竜・・昨年のテント縦走を思い出す
山頂の祠
2016年05月08日 08:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の祠
2
この辺りを塩田平という?
2016年05月08日 08:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りを塩田平という?
下ってきて鳥居:子壇嶺岳の文字に気にいる
2016年05月08日 09:16撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきて鳥居:子壇嶺岳の文字に気にいる
ここがポピュラーな登山口:この後に防獣柵があり、その先に駐車場がある
2016年05月08日 09:37撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここがポピュラーな登山口:この後に防獣柵があり、その先に駐車場がある
下ってきて改めて独鈷山を眺める。いい山だ。
2016年05月08日 09:41撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきて改めて独鈷山を眺める。いい山だ。
子壇嶺岳登山者休憩所:こんなに立派な休憩所が登山口にある。ここまでバスが来る。大いにPRしたい。
2016年05月08日 09:42撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子壇嶺岳登山者休憩所:こんなに立派な休憩所が登山口にある。ここまでバスが来る。大いにPRしたい。
1
右、十観山と御鷹山方面
2016年05月08日 10:08撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右、十観山と御鷹山方面
2
撮影機材:

感想/記録

今日は、乗鞍岳で登っていない摩利支天岳、不動岳&里見岳に行こうかと考えたが、今年は雪が少なく、既にハエマツは出ているようなので自然保護地域でもあるので今年は諦めた。
先日(5/1)登った夫神岳から見た子壇嶺岳、この名前も分からないのと兜にも似たこの山が気になり、この山に決定。
短時間で登れそうなのでスケジュールは遅く出る予定だったが、暑くなりそうなのと、最近は愛犬に4時半頃に起こされる。
朝の散歩、食事をして、新聞を読んでもゆったり6時過ぎに出発できる。
今日もピストンでは面白くないので周回コースで計画する。
信州の低山は人も入り、登山道もしっかりしているケースが多くなっている。しかし、国土地理院の2万5千分の1の地図が間に合っていない。
今回の村松西洞コースも乗っていない(私は、行く山の地図は必ず買う。また、電子国土の地図もコピーして持って行く)。
今回は電子国土のコピーの上に、ヤマレコでの足跡地図を書いて臨んだにも拘わらず間違てしまった。
せっかちなので手前で判断してしまう。
今回も左岸から右岸へのポイントで間違う。
事前チェックとの照合でここしかないと判断したが、間違い。
信州の低山は、間伐、山菜、茸取りでどこも人が入っており、登山道と区別がつかない。
小さな沢に出て尾根筋を直登。30数度の斜面で灌木もあり、尾根向かって登るのみ。
尾根に出るが道はない。しかし、すこし尾根を歩くと何となく道らしくなってきた。その後、入山禁止のテープが尾根沿いに。それに沿って歩く。
尾根が下りにかかり暫く行くと、立派な登山道と標識。
こんな立派な登山道があったと初めて気付く。(国土地理院さん、しっかり改訂して、結構高いお金払っているよ)
これから斜度もきつくなり、岩場、鎖場があるかと思いきや、登山道はしっかり整備されており、危険性はない。
とはいえ、急斜面、特に下りの場合躓いたら結構やばい。
急斜面は距離が短いので高度を稼げ好きだ。
藪漕ぎしたにもかかわらず順調に山頂に到着した。
山頂の展望はよい。出来れば秋のように澄んでほしい。
写真を撮り、早々に下る。
この下りも急斜面で警戒していたが、整備されたつづら折りの道。
勿論、木の根があったり石があるので足元には十分注意が必要である。
でも、本当に歩き易い道だ。軽快に歩ける。
鳥居が見え、林道に出る。
その後また山道になるが歩きやすく、杉林、新緑を楽しみながらグングン下る。あっという間に、登山道入り口に。
そこからは里山をのんびり下る。田を耕す人、夫婦で野良仕事等や庭先の色とりどりの躑躅、あやめ、藤を眺めながら十分に春を味わい道の駅に戻る。
道の駅では、山菜等を購入。
家に帰り早速酒のつまみに。タラの芽一つとっても野性味たっぷり。味が違う。美味しいし安い。
家内には「山だけでなく買物もしてきて」と要求される。
訪問者数:257人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ