ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 867120 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳

日程 2016年05月08日(日) [日帰り]
メンバー yamareko87
天候快晴〜晴れ〜薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央高速諏訪インターからアクセス
今回は前泊にて蓼科温泉郷より1時間
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間53分
休憩
1時間15分
合計
8時間8分
S唐沢鉱泉08:2009:07唐沢鉱泉分岐09:1310:27第一展望台10:2910:55第二展望台10:5611:48天狗岳12:2412:40東天狗岳13:0413:05天狗の鼻13:0814:06天狗の奥庭14:27黒百合ヒュッテ15:19渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐15:2116:27唐沢鉱泉16:2816:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは唐沢鉱泉にあり。
西天狗岳〜東天狗岳山頂へのアクセスは大きな石登り連続。
標高2150m越えには残雪がありすべりに注意。
東天狗岳〜天狗の奥庭までは大きな石場の連続。
黒百合ヒュッテから唐沢鉱泉の前半は沢の連続、残雪ありなので軽アイゼンを使用。
その他周辺情報唐沢鉱泉には温泉があり日帰り入浴が可能。
黒百合ヒュッテは休憩メニューが豊富。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グローブ 軽アイゼン 日焼け止め サングラス

写真

唐沢鉱泉(1870m)無料駐車場。トイレあり
10台ほど先陣がいました。
2016年05月08日 08:14撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉(1870m)無料駐車場。トイレあり
10台ほど先陣がいました。
3
唐沢鉱泉(宿泊、日帰り温泉)
2016年05月08日 08:17撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉(宿泊、日帰り温泉)
2
第一展望まではジグザグの登り
2016年05月08日 08:25撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一展望まではジグザグの登り
途中倒木もあり
2016年05月08日 08:49撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中倒木もあり
ようやく西尾根唐沢鉱泉分岐(2416m)
2016年05月08日 09:12撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく西尾根唐沢鉱泉分岐(2416m)
1
第一展望手前から残雪
2016年05月08日 09:55撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一展望手前から残雪
1
展望が開けて
西天狗岳、根石岳、箕冠山が見えます。
快晴でした。
2016年05月08日 10:05撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が開けて
西天狗岳、根石岳、箕冠山が見えます。
快晴でした。
硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳が見えます。
2016年05月08日 10:05撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳が見えます。
2
中央アルプス、北アルプスが見渡せます
2016年05月08日 10:06撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス、北アルプスが見渡せます
第一展望2416mに到着
2016年05月08日 10:14撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一展望2416mに到着
1
残雪が多くなってきます。
2016年05月08日 10:39撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪が多くなってきます。
第二展望。西天狗が真近に見えます。
2016年05月08日 10:54撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二展望。西天狗が真近に見えます。
1
残雪の下りがあったので軽アイゼンを着用
2016年05月08日 11:07撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪の下りがあったので軽アイゼンを着用
西天狗山頂前の岩登りの連続
2016年05月08日 11:19撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗山頂前の岩登りの連続
1
西天狗(天狗岳)2646mに到着
360度パノラマ展望です。
2016年05月08日 11:52撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗(天狗岳)2646mに到着
360度パノラマ展望です。
6
西天狗より東天狗を望む
2016年05月08日 12:22撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗より東天狗を望む
2
東天狗岳(2640m)に到着
こちらも360度パノラマ展望です。
2016年05月08日 12:46撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳(2640m)に到着
こちらも360度パノラマ展望です。
3
東天狗より西天狗を望む
2016年05月08日 13:00撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗より西天狗を望む
1
天狗の鼻
2016年05月08日 13:04撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の鼻
1
すりばち池(天狗の奥庭経由)を目指します。
2016年05月08日 13:17撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すりばち池(天狗の奥庭経由)を目指します。
すりばち池
2016年05月08日 13:59撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すりばち池
1
天狗の奥庭より東天狗と西天狗を望む
2016年05月08日 14:16撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭より東天狗と西天狗を望む
黒百合ヒュッテ(2410m)
2016年05月08日 14:26撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ(2410m)
1
渋の湯分岐(2200m)黒百合ヒュッテからここまで軽アイゼン装着
2016年05月08日 15:16撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋の湯分岐(2200m)黒百合ヒュッテからここまで軽アイゼン装着
唐沢鉱泉の源泉、水は透明で湯の花が沈澱し底は真白となってます。源泉温度は11℃らしい
2016年05月08日 16:23撮影 by 402SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉の源泉、水は透明で湯の花が沈澱し底は真白となってます。源泉温度は11℃らしい
3

感想/記録

前日のニュウ登頂に引き続き、蓼科温泉郷に泊。ここよりスタート地点の唐沢鉱泉まで車で一時間。最後の道のりはアスファルト舗装がされていません。

唐沢鉱泉に到着。登山者用の無料駐車場には先陣が10台ほど止まってました。
目前に宿があり、日帰り入浴のカンバンが。。帰りに入ることにします。

小さな鉄橋を渡り樹林帯に入ります。天気は快晴ですが、木々が日光を遮り、程よい木漏れ日の中をジグザグと登っていきます。途中倒木もありましたが、比較的登りやすい道のりです。

唐沢鉱泉分岐に到着。ここからは西尾根となり登りが続きます。第一展望をめざしますが、到着手前より残雪が現れます。中には霜柱も。日光の光を浴びてキラキラと光っていました。標高は2400mを超えていますが、寒さは感じません。

第一展望直前よりいきなり視界が開けます。快晴なので南西には中央アルプス、北には北アルプスが山頂に雪を抱き、はっきりと見えます。南には硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳が。東には目指す西天狗岳に加え、根石岳、箕冠山が。前日のガスったニュウとは桁違いな絶景色です。

第二展望までは残雪がだんだんと多くなり軽アイゼンを装着しようかどうかまよいましたが、慎重に登り切り第二展望に到着。目前に西天狗岳が現れました。山頂手前には見た目、結構きつそうな岩がゴロゴロとしています。

岩登りのルートを確認しながら西天狗岳に到着。東天狗岳が東に現れました。空は快晴から高層の薄雲へと変化していますが、360度展望で気分最高です。小休憩し、東天狗岳で昼食をとることにしました。

西天狗から東天狗まで15分程度。東天狗山頂は2組のパーティが昼食を取っていました。景色は第一展望の快晴時より霞がややかかっています。北には天狗の鼻。その向こうにしらびそ荘と黒百合ヒュッテ、さらに向こうには昨日登ったニュウが確認できました。標高がこちらの方が500m以上高いので低く見えます。そして、中山、縞枯山、雨池山、北横岳に蓼科山も確認できる360度展望を堪能しました。

下山は中山峠経由か天狗の奥庭からすりばち池を通るルートがありますが、後者を選択し、黒百合ヒュッテ経由の沢下りにしました。真近に天狗の鼻を見上げましたが、東天狗山頂のそれにはかないません。ここを過ぎると岩のごろごろが多くなり、その連続となります。振り返ると東天狗と西天狗が二つ並んで見えます。

行けども行けども岩の連続にてようやく、天狗の奥庭を過ぎ、すりばち池が迫ってきました。黒百合ヒュッテはその向こう谷にあります。最後は少し急な岩をくだってヒュッテに到着。長い岩場からようやく解放された感じです。

休憩を挟んで谷を渋の湯分岐目指して下ります。谷は沢となっていて、水と岩と残雪がありました。最初は岩を踏み台にしてましたが、膝への負担を下げるのとすべり防止で軽アイゼンを着用しました。残雪は凍っていますが、軽アイゼンの威力はバッチリで、確実にステップすると転倒を気にする必要はありません。

渋の湯分岐からは軽アイゼンを外し、唐沢鉱泉に向かいます。マーキングがないところもありましたが、踏み足を確認して、ミニトラバースを含む樹林帯とミニ沢渡りを繰り返し、ようやくゴール地点の唐沢鉱泉に到着。

唐沢鉱泉前には湯の花のあるきれいな源泉があり、無事下山できたとほっとしました。駐車場の車は2台に減り、支度をしていると途中追い越した同年くらいの2組が下山してきました。疲れを癒すため、唐沢鉱泉に入浴することにしました。

唐沢鉱泉は宿泊もできるようで、数人が団らん部屋でくつろいでいました。浴槽は2つで、ぬるめと熱めがあり、からだを慣らさないと熱めの浴槽には入れませでした。湯船で疲れを癒し帰路へとなります。

天狗岳は標高も2600mと高く、展望も良し、樹林帯、岩場、ヒュッテ、沢下り、軽アイゼン使用と十分楽しめたハイキングとなりました。標高は低いですが、近場鈴鹿7マウンテンでの経験が少しは活かせた山行でした。

こんどは北八ヶ岳連峰の南にある横岳、赤岳、阿弥陀岳も近々登ってみたいと思います。)^o^(





訪問者数:707人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ