ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 867144 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

三ノ瀬から将監小屋テン泊 西御殿岩〜唐松尾山と【二百名山】和名倉山(白石山)

日程 2016年05月04日(水) 〜 2016年05月05日(木)
メンバー firebolt
天候前線通過で晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三ノ瀬の「民宿みはらし」に駐車。1日500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間58分
休憩
1時間35分
合計
5時間33分
S民宿みはらし08:0608:10将監登山道入口08:35牛王院下08:4309:52将監小屋10:4210:47将監峠10:4810:58牛王院平(牛王院北)11:04山ノ神土11:37西御殿岩11:5712:28唐松尾山12:4413:24山ノ神土13:29牛王院平(牛王院北)13:36将監峠13:39将監小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特段の危険箇所はありませんが、トラバース道には幅の狭い、傾斜したところがあります。崩落ヶ所の通過にも注意。

写真

「民宿みはらし」の駐車場
前線通過待ちで遅く出たので正面は満車ですが、こちらに駐められました。他にも少し歩いたところにあります。
2016年05月04日 08:06撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「民宿みはらし」の駐車場
前線通過待ちで遅く出たので正面は満車ですが、こちらに駐められました。他にも少し歩いたところにあります。
1
戻ったカーブのところから登山道(小屋専用の林道)に入ります。
2016年05月04日 08:09撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ったカーブのところから登山道(小屋専用の林道)に入ります。
強雨が上がって間もないですが、林道徒渉には問題ありません。
2016年05月04日 08:35撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強雨が上がって間もないですが、林道徒渉には問題ありません。
牛王院下分岐
2016年05月04日 08:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛王院下分岐
峠と小屋への分岐。小屋へは緩やかに下ります。
2016年05月04日 09:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠と小屋への分岐。小屋へは緩やかに下ります。
明るくて気持ちの良いところ
2016年05月04日 09:55撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくて気持ちの良いところ
下段の良いところが空いています。
この時間に残っていたのは4張りほど。
2016年05月04日 10:00撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下段の良いところが空いています。
この時間に残っていたのは4張りほど。
5
設営後、サブでお散歩に。
峠からはルートではなく防火帯を上がってみます。
2016年05月04日 10:55撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
設営後、サブでお散歩に。
峠からはルートではなく防火帯を上がってみます。
3
ひろびろ
2016年05月04日 11:00撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひろびろ
2
読めない指導標の先は
2016年05月04日 11:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
読めない指導標の先は
西御殿岩への分岐です。見落とさないように。
2016年05月04日 11:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西御殿岩への分岐です。見落とさないように。
1
この岩峰は展望が良いので是非行くべき。
2016年05月04日 11:44撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩峰は展望が良いので是非行くべき。
5
遠く南ア北部も見えます(望遠が欲しかった)
2016年05月04日 11:44撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く南ア北部も見えます(望遠が欲しかった)
4
奥秩父の山並み
2016年05月04日 11:44撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父の山並み
4
今日はこんなものを・・・クーポンで安かった(w
2016年05月04日 11:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこんなものを・・・クーポンで安かった(w
3
あれが和名倉山ですか・・・確認出来て良かった。
2016年05月04日 12:00撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが和名倉山ですか・・・確認出来て良かった。
3
唐松尾山へは破線の稜線ルートで行ってみます。
マーキングも一部ありますし、稜線外さなければ迷いませんが、これからはシャクナゲが五月蠅そう。冬道なんでしょうね。
2016年05月04日 12:10撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松尾山へは破線の稜線ルートで行ってみます。
マーキングも一部ありますし、稜線外さなければ迷いませんが、これからはシャクナゲが五月蠅そう。冬道なんでしょうね。
1
唐松尾山はあまり展望はありません
2016年05月04日 12:31撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松尾山はあまり展望はありません
1
破線ルートとの分岐です。(逆方向から)
2016年05月04日 12:51撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破線ルートとの分岐です。(逆方向から)
2
コケも奥秩父らしい
2016年05月04日 13:17撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケも奥秩父らしい
2
エゾシカのジンギスカン
2016年05月04日 15:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾシカのジンギスカン
5
柚味噌おでんはレトルトでした。
2016年05月04日 16:01撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柚味噌おでんはレトルトでした。
4
aonumaさん差し入れのワイン。anbyさんが廻り目平からここまで担いで来てくれました。
2016年05月04日 17:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
aonumaさん差し入れのワイン。anbyさんが廻り目平からここまで担いで来てくれました。
8
ご来光です
2016年05月05日 05:00撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光です
2
牛王院平の白樺が朝日に染まる
2016年05月05日 05:02撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛王院平の白樺が朝日に染まる
5
東仙波
2016年05月05日 06:24撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波
1
川又分岐
2016年05月05日 07:16撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川又分岐
1
奥秩父らしい
2016年05月05日 07:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父らしい
2
二瀬分岐
2016年05月05日 07:46撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二瀬分岐
1
開けた斜面には落葉松の幼木がいっぱい
2016年05月05日 08:08撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた斜面には落葉松の幼木がいっぱい
2
落葉松の間の登山道は茂ってくると煩わしいかも
2016年05月05日 08:10撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落葉松の間の登山道は茂ってくると煩わしいかも
1
西仙波への帰路には急傾斜もあります
2016年05月05日 09:22撮影 by DMC-GF7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西仙波への帰路には急傾斜もあります
2
往路でミスしたところ。
右の倒木を跨げばトラバースルートがあったのに、直登よりも踏み跡がしっかり見えた左に入った。
まあ、自信がなかったので戻る覚悟はしていたのだけれど。
2016年05月05日 09:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路でミスしたところ。
右の倒木を跨げばトラバースルートがあったのに、直登よりも踏み跡がしっかり見えた左に入った。
まあ、自信がなかったので戻る覚悟はしていたのだけれど。
2

感想/記録

今年のGW休みは4,5の2日間。
遠征する程の休みではないし、とは言っても良い季節なので家で過ごすには勿体ないので、ヤマレコの計画を見ていたらanbyさんが将監峠でテン泊の予定だった。

奥秩父はもう30年以上も行っていないが、わりと好きな山域だし、車利用で1泊なら手頃な感じがしたので、ビールを担いで合流することにした。
気になっていた天気は、朝のうちに前線が抜けると回復するらしい(風が残るので”てんくら”はCだったが・・・)。ということで前夜車中泊を延期して朝発,9時登山開始予定のプランとした。

4時起床で5時前に出発したときは、雨はまだパラパラ状態。しかし間もなく前線に近づき、強い雨と風で走りにくい。一般道で60km/h程度なのにハンドルが取られるくらいの状態だった。それでも酷かったのは立川を抜ける辺りまでで、吉野梅郷でコンビニ休憩をすることには殆ど止んでいた。期待以上に早い回復になりそうなので先を急ぐ。8時前には三ノ瀬に到着、みはらしのおばあちゃんに料金を払い、道を挟んだ上側の庭先に駐車した。

テン泊は昨年の7月以来、約10ヶ月振り。水はテン場に豊富なので2時間の行動分だけだが、ビール3.35Lやレトルトおでんなどで18kg程度(推定)にしてみた。林道だけの登りだったけど、体力が低下しているのでやはりきつかった。もっと普段のトレーニングが必要だ。

昨晩が荒れたせいか、早立ちが多かったか、10時でテン場は空いていた。水はけもまあまあで、乾くまで待たなくても大丈夫そうだったので、下段の草がある平らな場所を選び、設営をしてから散歩に出る。
和名倉山は翌日に回すことにして、展望のある西御殿岩へ登り、時間を見て唐松尾山前後まで行こうと思っていた。

ザックがサブになり、身軽になって気持ちの良い尾根道を西へ向かう。ザレ場の高巻きを通過し、分岐を西御殿岩に向かって折り返しのトラバースに入る。既レコにも多数あったように、樹林帯が多い奥秩父の縦走路ではこの岩峰の展望は特筆すべきものだと思う。風は適度で気持ち良く、大展望を独り占めとなった。
分岐まで下るのも何だったので、稜線伝いに唐松尾山を目指す。破線だがテープもあり概ね判りやすい。微妙なところは稜線を外さないように意識すれば大丈夫だろう。ただ、痩せ尾根でシャクナゲの藪もあるので、嫌な人は分岐に戻った方がよい。
唐松尾山は樹林で木々の間から多少の山が見えるだけ、電波の入りも悪いので長居はせず折り返す。anbyさんには出会わなかったが水源の巻き道を行っているのだろう。
14時頃には到着すると思うので、こちらもそろそろ時間だ。
思って居たよりも早くテン場に帰ってきたが、もう到着してテント設営中だった。大弛から前後して来たという父娘(4年生)連れと一緒に宴会。5泊目だというのに相変わらずanbyさんのザックからは色々出てくる・・・こちらももう少し持ってこれれば良かったのだけれど・・・・
「ポリ袋レシピ」での炊飯をやったことがなかったので試しにやってみた。水の量をいい加減にしてしまったためか、時間が少し足りなかったか、或いは無洗米で無かったせいか、少しボソボソ気味になったが、真面目にちゃんとやればかなり使えそうなことが判った。袋以外の汚れ物が出ないし(ゴミ袋に転用)、水・燃料・時間に多少の差が出るとしてもアルファ米より良さそうだ。1〜2泊ならレトルトなどと合わせて使える。

陽が陰るまでは半袖で十分なくらいだったが、あっという間に長袖からダウンが欲しいくらいまで気温が下がり、暗くなる前にはお開きとなった。

夜中にパラパラと音が・・・後で見晴らしのおばあちゃんの話だと雨が降ったらしい・・・心配したものの、3時過ぎに様子を見ると満天の星空だったし、起きたときもテントは濡れていなかった。ここではパラパラだけだったようだ。

回りが起き出したようなので、予定より早く(目覚ましは掛けていなかった)3:40に起床。朝食を取りサブの準備。久しぶりのアルファ米にしたが、お湯で20分待ちは長いなぁ。やっぱりラーメンやスープマカロニの方が早く行動できる。
それでも撤営が無いので4:40に出発(ヘッデン不要)、将監峠から山ノ神土を経て和名倉山方面に向かう。風は多少あるが樹林帯では殆ど感じる事もない。
西仙波への登りでルートミス。地図読み不足で状況を見て判断しようとしたのが誤りで、左へ巻くはずがないことを頭に入れておくべきだった。まあ、間違えたのかも知れないとは初めから思っていたのだけれど、地図を確認するのが後になるのは本来やっちゃ行けないと反省。10分くらいロスしたのかな?

吹上ノ頭前後は眺望もあり楽しく歩ける。一方、和名倉山に近づくと落葉松などの樹林帯となって見晴らしはない。新緑の若芽はきれいだが、淡々と歩いて山頂に到着した。いかにも奥秩父の山頂といった感じの樹林だった。
あとは往路を戻るだけ。途中、鹿が落石を起こしてガラガラ音をさせていたが、カメラを出す程の距離ではなく、すぐに行ってしまった。

テントの撤収を終え、林道を下山する。下ってみると前日に結構登ってきたんだと認識させられる。みはらしで蕎麦を食べようかと思って居たのだが、売り切れでソーメンになるというのでパスした。

温泉はのめこい湯が混んでいそうだったので、小菅の湯に行ってみた。こちらも道の駅の駐車場が一杯だったが、運良く駐められた。それなりに混雑していたものの、洗い場にも空きはあり、30分程でさっさと上がって帰路に付いた。一般道のみで18:30帰着。
訪問者数:389人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/16
投稿数: 1111
2016/5/8 19:26
 面白そうなルートですね。
firebolt さん、こんばんは。

面白そうなルートですね、ルーファイ力量が試されそう(笑)

最近は晴れたら強風、後は曇りか雨なんて変な天候です。
変に煽るのも嫌なので、○○山なんかに行ってもアップしない事にしました…

ダン之助でした。
登録日: 2010/6/8
投稿数: 3645
2016/5/8 21:04
 Re: 面白そうなルートですね。
dan_no_sukeさん、コメント有難うございます。

今回の範囲で言えば、ルーファイ力はそれほど必要ないと思います。ただ、獣道や旧道っぽいものが色々有り、指導標と踏み跡を頼りに地図読みで油断してはいけないってことで。
私も将監峠でテント張ったら何処に行けるのかと思ってレコを当たったら、和名倉山ってこんなところにあったんだと気付いた次第です(笑
GWにしては静かな山で、小屋周辺以外では各日10人程度しか遭いませんでしたが、二百名山の最易ルートになるのでそれなりに登られていますね。

山梨側でなく秩父側のルートを絡めるともう少し面白いかも知れません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ