ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 867283 全員に公開 ハイキング石鎚山

石鎚山〜瓶ヶ森周回

日程 2016年05月05日(木) 〜 2016年05月06日(金)
メンバー yama154, その他メンバー2人
天候1日目晴れ、2日曇り→雨・強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
石鎚登山ロープウェイ 片道1030円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間19分
休憩
1時間22分
合計
3時間41分
S山頂成就駅13:3513:53成就社13:5814:04八丁坂14:15八丁のコル14:30前社が森14:3915:16夜明峠15:27一ノ鎖(下)15:3415:41二の鎖下15:4916:01二ノ森・面河渓方面分岐16:0316:05三ノ鎖(下)16:1716:23石鎚山・弥山16:4516:50石鎚山17:0717:16石鎚山・弥山
2日目
山行
7時間49分
休憩
1時間4分
合計
8時間53分
石鎚山・弥山05:4905:50三ノ鎖(下)05:5305:54二ノ森・面河渓方面分岐05:5605:59二の鎖下06:0506:28東稜分岐07:32土小屋07:3408:37よさこい峠08:4209:07伊吹山09:0809:26シラサ峠09:3710:16子持権現山10:2010:41瓶ヶ森登山口10:4911:11男山(瓶ヶ森)11:1511:23瓶ヶ森11:3111:45瓶ヶ森ヒュッテ跡分岐11:4912:30台ヶ森鞍部12:3412:59新道分岐13:0114:34西之川14:41石鎚ロープウェイ前バス停14:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報石鎚神社頂上山荘に泊まりましたが、とてもキレイで快適な小屋でした
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

石鎚登山ロープウェイ
日本で3番目の標高差だそうです。
2016年05月05日 13:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石鎚登山ロープウェイ
日本で3番目の標高差だそうです。
試し鎖。お試しなので簡単かと思いきや、相当に恐くてキツイ。
下りの鎖も慎重に降りる。
2016年05月05日 14:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
試し鎖。お試しなので簡単かと思いきや、相当に恐くてキツイ。
下りの鎖も慎重に降りる。
三の鎖。垂直(傾斜70度くらい)の部分は「必死」で登る。
2016年05月05日 16:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の鎖。垂直(傾斜70度くらい)の部分は「必死」で登る。
1
登り切った所から下を見る。垂直の部分は見えない。
下降は相当に恐ろしいだろう。
2016年05月05日 16:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切った所から下を見る。垂直の部分は見えない。
下降は相当に恐ろしいだろう。
1
天狗岳。石鎚山の象徴とも言える尖峰。
2016年05月05日 16:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳。石鎚山の象徴とも言える尖峰。
石鎚山(弥山)山頂に到着
2016年05月05日 16:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石鎚山(弥山)山頂に到着
天狗岳から弥山を望む。片側はスパッと切れた稜線。
2016年05月05日 17:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳から弥山を望む。片側はスパッと切れた稜線。
二日目。二の鎖まで下ってから、石鎚山北壁の巻き道を行く。
崩落している場所もあるが、通行に支障はない。
2016年05月06日 06:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目。二の鎖まで下ってから、石鎚山北壁の巻き道を行く。
崩落している場所もあるが、通行に支障はない。
赤ヤシオ越しに石鎚山を振り返る。
2016年05月06日 06:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤ヤシオ越しに石鎚山を振り返る。
土小屋
2016年05月06日 07:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土小屋
伊吹山への笹道。登山道はなんとなく判別可能。
2016年05月06日 08:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹山への笹道。登山道はなんとなく判別可能。
瓶が森到着。
風雨が強くレンズが曇る。
2016年05月06日 11:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓶が森到着。
風雨が強くレンズが曇る。
東の川への下山ルートは所どころに標識あり。
道は多少荒れてはいるが、迷うことなく歩ける。
2016年05月06日 13:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の川への下山ルートは所どころに標識あり。
道は多少荒れてはいるが、迷うことなく歩ける。
撮影機材:

感想/記録

初めての四国遠征。石鎚山は尖峰の稜線歩きが怖そうというイメージでしたが、実際はそれほどでもなく、最も緊張したのは途中の4か所の鎖場でした。
鎖場では、心臓はドキドキでしたが、心は妙に冷静でした。絶対に落ちないように確実に鎖をつかみ足をかける。まさに「必死」でした。
面白い体験ではありましたが、次回行くことがあれば安全な巻き道の方にします。
2日目は石鎚山から土小屋を経由して瓶が森まで登り、1400mを一気に下り東ノ川へ降りるルートでした。午前中から雨が降り、風も強く、場所によっては暴風で足がふらつくほどで大変疲れた一日でした。晴れた日にのんびりと静かに山歩きを楽しむには良いルートだと思います。瓶が森〜東ノ川へのルートは多少荒れてはいましたが、標識もあり迷いなく歩けました。
訪問者数:301人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

鎖場 崩落 巻き道 ロープウェイ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ