ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 867456 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

富士山 初日八合目撤退

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー st-
天候快晴だが暴風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
富士山スカイラインは夜間閉鎖されますが、前日は観光客も多かったためか閉鎖されていなかったかもしれません。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

車中泊をするので夕方までに富士山スカイラインを通過して五合目駐車場に向かいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車中泊をするので夕方までに富士山スカイラインを通過して五合目駐車場に向かいました。
閉鎖時間を過ぎて駐車場にて。夜景が綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
閉鎖時間を過ぎて駐車場にて。夜景が綺麗でした。
朝。
夜中も吹き付ける強風であまり眠れず。天気だけは良さそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝。
夜中も吹き付ける強風であまり眠れず。天気だけは良さそうです。
準備を整えて出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
準備を整えて出発。
この時見えていたのは8合目小屋だったのですね。
強風で身動きがとれない時もしばしば。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時見えていたのは8合目小屋だったのですね。
強風で身動きがとれない時もしばしば。
6合目過ぎて雪が出てきます。避けて通れますが慣れるためにアイゼン装着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目過ぎて雪が出てきます。避けて通れますが慣れるためにアイゼン装着。
7合目を過ぎて。
既に降りてこられる方も多数。
口を揃えて今日は無理だと言われます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目を過ぎて。
既に降りてこられる方も多数。
口を揃えて今日は無理だと言われます。
1
引き返すなら7合目だよと助言されましたが、せめて8合目までは行きたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返すなら7合目だよと助言されましたが、せめて8合目までは行きたい。
見下ろした風景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見下ろした風景
8合目まであとすこし。
こんな青空が広がっているのに風がトンデモナイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目まであとすこし。
こんな青空が広がっているのに風がトンデモナイ
8合目池田館の鳥居の写真だけでも撮っておきたいと思いましたが吹き飛ばされそうな風に絶句。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目池田館の鳥居の写真だけでも撮っておきたいと思いましたが吹き飛ばされそうな風に絶句。
8合目の救護部屋が空いており助かりました。
ここで写真家の方との出会いが運命のようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目の救護部屋が空いており助かりました。
ここで写真家の方との出会いが運命のようでした。
1
山頂で生き物のように渦巻く雲。怖いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で生き物のように渦巻く雲。怖いです
2
既に引き返している所。富士山スカイラインゲートが開門してから登り始められる方も増えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
既に引き返している所。富士山スカイラインゲートが開門してから登り始められる方も増えてきました。
下りながら何度も引き返そうかと自問自答を繰り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りながら何度も引き返そうかと自問自答を繰り返す。
山頂を振り返ると風も穏やかになったようにも感じて、登れたかもしれないという気持ちになる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を振り返ると風も穏やかになったようにも感じて、登れたかもしれないという気持ちになる。
下山。
明日もチャレンジさせてほしいと家族に相談を決心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。
明日もチャレンジさせてほしいと家族に相談を決心。
お会いした写真家の方。
この方に最後まで助けていただきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お会いした写真家の方。
この方に最後まで助けていただきました。
3

感想/記録
by st-





GW連休を利用して富士山へ。
熊本から高速を使ってやってきました。
残雪時期でも連休中ということもあり登山客はそこそこ。観光客は大勢。

重要な天気はというと…
強風予報が的中(天気とくらすによれば山頂30m/s超だとか…)で車中泊も吹き付ける風と寒さであまり眠れないほど。
朝5時、他の数名が準備を始められ登られるのに合わせて出発。

この日は強風というようりも、突風と穏やかな風が交互にやってくる感じ。
じっと待っていれば穏やかになることもあるが突如牙を向いたように襲ってくる。

そんな風に悩まされながらも8合目まで何とか進むことができましたが、
先を行かれた方は全員引き返し、前を行く人は誰もいなくなったという状況。
8合目小屋の遮るものがなくなった雪面での突風に怖さを感じてしまい撤退を決意!

丁度そこで出発前に駐車場でお会いした方が登られてくる。
熊本ナンバーということで私のことを覚えてくれていたようです。
その方は写真家で冬季富士山の経験も非常に豊富。
テント泊されているようで、今年は10回も登頂していると凄い人でした。
御殿場ルートへ迂回して登ってみませんかとお誘いを受けるのだが、そのまま降りることを選択。

下山しながらもやりきれない気持ちでいっぱい。何度も後ろを振り返ります。
一旦静岡の親戚宅に帰宅するも、不完全燃焼さに翌日の再チャレンジを決意。
再び富士宮登山口駐車場に戻ってきました。

そこで偶然にも写真家の方と再会。
話を聞けば、この強風の中剣ヶ峰まで行かれたそうです…すごすぎです。
更には富士宮ルートから登られた方もいたとか…とても見ていられる状況ではなかったそうですがどちらも常識からかけ離れています。

明日も再チャレンジしたい旨を伝えて山頂までのアドバイスをいただきました。
謙虚な方で本当に親切に教えていただきました。
安心できたところで、早めの就寝。

その写真家のおかげで2日目につながったのは言うまでもありません。
訪問者数:178人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン テント テン 撤退 車中泊
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ