ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 867894 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

シャクナゲを求め、拘留孫岳、烏帽子岳、三国岳、焼尾山

日程 2016年05月08日(日) [日帰り]
メンバー beckham, その他メンバー1人
天候晴れ(霞が激しい)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間57分
休憩
40分
合計
8時間37分
S長楽寺07:2707:49狗留尊岳登山口07:5708:39狗留尊岳08:4409:15烏帽子岳 最高点09:1811:04三国岳11:10三国岳最高点11:3412:39焼尾山16:04長楽寺G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

最初は長楽寺から三国までのピストンを考えていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は長楽寺から三国までのピストンを考えていました。
大杉登山口という表示がありましたが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大杉登山口という表示がありましたが・・・
1
結構荒れているので…もう少し進むと・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構荒れているので…もう少し進むと・・・
1
「クルソン登り口スグ」という小さな標識が現れ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「クルソン登り口スグ」という小さな標識が現れ・・・
2
確かにすぐに「「クルソン登り口」という赤い文字の標識に従い山に入りました。(さらに奥にも尾根道を登るコースがありそうです。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かにすぐに「「クルソン登り口」という赤い文字の標識に従い山に入りました。(さらに奥にも尾根道を登るコースがありそうです。)
1
この神社方向には
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この神社方向には
神社の跡があるだけで、戻ることになりました。(少々ですが)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の跡があるだけで、戻ることになりました。(少々ですが)
すぐに新緑の森となり、気持ちよく上がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに新緑の森となり、気持ちよく上がります。
1
おっしゃるとおりでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっしゃるとおりでした。
傾斜もきつくなく、気持ちの良い山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜もきつくなく、気持ちの良い山道です。
1
頂上は切り開かれ、烏帽子岳が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上は切り開かれ、烏帽子岳が見えます。
1
山名標識前で。「狗留孫」とは、梵語の音訳で「実に妙なる成就」を意味することばであるといわれ、別の説では、仏陀がお釈迦様になる前の名前であるともいわれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名標識前で。「狗留孫」とは、梵語の音訳で「実に妙なる成就」を意味することばであるといわれ、別の説では、仏陀がお釈迦様になる前の名前であるともいわれています。
2
反射板があるので、ほかの山からピークらしい形としてはあまり目立たないのですが、場所ははっきりとわかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反射板があるので、ほかの山からピークらしい形としてはあまり目立たないのですが、場所ははっきりとわかります。
鈴北岳から鞍掛峠へ降りる道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳から鞍掛峠へ降りる道。
庭園のような趣があります。
さあ、烏帽子に向かいましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庭園のような趣があります。
さあ、烏帽子に向かいましょう。
1
「あっ、シロヤシオだ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「あっ、シロヤシオだ」
1
うれしいな!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うれしいな!
花も素敵ですが、葉のふちが赤くふちどりされていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花も素敵ですが、葉のふちが赤くふちどりされていました。
2
今度はシャクナゲです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度はシャクナゲです。
3
色の濃い方が新しいものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色の濃い方が新しいものです。
3
一見花と見間違える赤い新芽。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一見花と見間違える赤い新芽。
奥は伊吹でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥は伊吹でしょうか?
1
シャクナゲは終盤らしくなんとかまにあったかんじです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲは終盤らしくなんとかまにあったかんじです。
1
烏帽子山頂では4人の方と会いました。でも山名標識がなく、なんだか登った気がしません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子山頂では4人の方と会いました。でも山名標識がなく、なんだか登った気がしません。
シロモジの多い山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロモジの多い山です。
烏帽子から三国は、地図では破線になっています。あまり良い道ではありません。がけの多い道ですのでゆっくり行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子から三国は、地図では破線になっています。あまり良い道ではありません。がけの多い道ですのでゆっくり行きます。
1
シャクナゲも楽しんで・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲも楽しんで・・・
1
今日は鉄塔とたくさん付き合うことになります。人工物は嫌なものですが、地図を読む際に助かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は鉄塔とたくさん付き合うことになります。人工物は嫌なものですが、地図を読む際に助かります。
振り返って烏帽子岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って烏帽子岳です。
狗留尊の反射板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狗留尊の反射板
レンゲツツジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンゲツツジ
1
危ない地域を通過すると素敵な新緑の森になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危ない地域を通過すると素敵な新緑の森になりました。
1
フンコロガシの・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フンコロガシの・・・
オオセンチコガネ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオセンチコガネ
日本のフンコロガシは糞をころがさないそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本のフンコロガシは糞をころがさないそうです。
烏帽子からだいぶ来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子からだいぶ来ました。
ググッと登って三国岳。ここが岐阜、滋賀、三重の境です。さらに進むと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ググッと登って三国岳。ここが岐阜、滋賀、三重の境です。さらに進むと
石積みの三国最高点。ここでカメラバッグを持った方に出会いました。この先のシャクナゲはもう終わりだそうです。「焼尾山は登りはいいが下りはルート探しが難しいだろう」って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石積みの三国最高点。ここでカメラバッグを持った方に出会いました。この先のシャクナゲはもう終わりだそうです。「焼尾山は登りはいいが下りはルート探しが難しいだろう」って
1
妻は焼尾まで行って戻ろうと言いますが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻は焼尾まで行って戻ろうと言いますが・・・
1
焼尾まで行ったら何度も山登り尾することになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼尾まで行ったら何度も山登り尾することになります。
GPSもあるので周回することにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GPSもあるので周回することにしました。
3
確かに終わったシャクナゲも多いけど・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かに終わったシャクナゲも多いけど・・・
まだまだ楽しめます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ楽しめます。
来てよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来てよかった。
2
三国、烏帽子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国、烏帽子
先ほどのカメラマンは裏年ではないかと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどのカメラマンは裏年ではないかと
1
来年どこで堪能しましょうか・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来年どこで堪能しましょうか・・・
ここはコースではありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはコースではありません。
つぼみもまだありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つぼみもまだありました。
1
ここからは基本下りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは基本下りです。
鉄塔が位置特定を助けてくれますが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔が位置特定を助けてくれますが・・・
撃たないでください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撃たないでください。
1
最初は鉄塔巡視路がしっかりついていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は鉄塔巡視路がしっかりついていました。
ここも道はしっかりありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも道はしっかりありました。
1
見晴らしの良いところも・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしの良いところも・・・
シロヤシオが咲いているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオが咲いているようです。
急に道が細くなりました。GPSに入れてきた軌道上を歩いているのですが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に道が細くなりました。GPSに入れてきた軌道上を歩いているのですが・・・
再びオオセンチコガネ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びオオセンチコガネ
1
ここからがてこずりました。作業用の道程度になってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからがてこずりました。作業用の道程度になってしまいました。
おまけにヒル!4ヒル中3吸血。妻は2ヒル0吸血。でもパニック!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけにヒル!4ヒル中3吸血。妻は2ヒル0吸血。でもパニック!
4
目標の貯水池に降りられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目標の貯水池に降りられました。
まだ吸血していないヒル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ吸血していないヒル。
2
川と貯水池の間に降りられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川と貯水池の間に降りられました。
舗装路をとぼとぼ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路をとぼとぼ
篠立PAでトイレに寄り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
篠立PAでトイレに寄り。
みんかの花を観賞し・・・「あっオダマキだ!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんかの花を観賞し・・・「あっオダマキだ!」
1
長楽寺に帰ることができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長楽寺に帰ることができました。
1

感想/記録

長楽寺〜狗留尊岳 なだらかな良い道
狗留尊岳〜烏帽子岳 なだらかで気持ちの良い道
烏帽子岳〜三国岳 結構危ないところあり
三国岳〜焼尾山 はっきりした道
焼尾山〜下山 巡視路は良い きっと最後まであるのだろうがはずしてしまった。
訪問者数:546人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/9
投稿数: 481
2016/5/9 11:35
 ヒル…
私は今まで4月以降に里山に入りませんでした
このヒルの写真を見て、ますます里山が怖くなりました…
5月はドクターストップですので…
6月からは白山か御嶽で足慣らしをしたいと思います。
登録日: 2014/2/4
投稿数: 375
2016/5/9 13:54
 御嵩発山歩き(♂)
ヒルの時期ですか!
益々鈴鹿は遠のきます。
今日はT社が休みのため、南木曽岳に登りました。シャクナゲまだ早かったです。
今あららぎ温泉で山菜の天ぷらにノンアルコールでくつろぎながら、コメントしています。
仕事中に申し訳ありません。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 288
2016/5/9 18:33
 ヒルと言えばこのページ
http://www.geocities.jp/tokaigakko/page-hiru.siru.html
ヒルにはこんな長所も!
 血の凝固を防ぐ力があることから、古来より瀉血などの医療用としても用いられてきた(英語版Wikipedia:ヒルの医療利用)。漢方では乾燥したヒルの生薬名を水蛭(すいてつ)と呼ぶ。滋養強壮に効果があると言われ、ヨーロッパでも古くから薬用とされてきた。1884年にイギリスの生理学者ジョン・ヘイクラフト(英語版)が、薬用ヒルの唾液腺からペプチドで構成される血液抗凝固成分であるヒルディンという成分を発見した。日本では水蛭やヒルディンを使用した製品に薬効を謳うことは許可されていないため、健康食品として販売されている。ヒルは悪い血を吸い出すものとして、インドのアーユルヴェーダなどでデキ物などにたからせて血を吸わせるなどの行為が行われた。また、ヒルの唾液は、膝関節症に効果があるという[1]。現在は外科医療用のヒルとして、接合した四肢の端部に大型の無菌化したヒルを付けて血を吸わせ(ヒルは数時間毎に交換)、血管の再生を促す治療法がイギリスを始めとして用いられつつある。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 288
2016/5/9 18:37
 Re: 御嵩発山歩き(♂)
シャクナゲって時期が難しいですね。南木曽もシャクナゲの山でしたか。今度行ってみます。「ヤマビルファイター」というヒル忌諱剤を持っていたのに今日は寒いからいそうもないと使用していませんでした。ふもとは暑かったからでしょう。写真がぶれてないのをほめてください!ハハハ!(前回は怖くてブレブレでした・・・)
登録日: 2014/2/23
投稿数: 288
2016/5/9 18:40
 Re: ヒル…
なかなか興味深い生物です。血を吸わなくても結構生きているようです。やまさんの内出血の血を吸いだしてもらうと早く治るかも・・・ごめんなさい。悪乗りしました。
登録日: 2015/9/9
投稿数: 481
2016/5/11 7:22
 Re[2]: ヒル…
ヒルが身体に良いということは解りました!(笑)
ところでヒルのシーズンは何時までなのでしょう?
登録日: 2014/2/23
投稿数: 288
2016/5/11 21:11
 Re[3]: ヒル…
5月下旬〜10月上旬の気温25℃以上と書いてありました。25度以上を好むそうです。すごいところでは上から降ってくるそうです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ