ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 868116 全員に公開 ハイキング東海

クマガイソウとヤマシャクヤク咲く簗谷山

日程 2016年05月08日(日) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道簗谷線の駐車スペースを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間36分
休憩
23分
合計
2時間59分
Sスタート地点09:1309:21簗谷山登山口10:28簗谷山10:4810:51岳美岩10:5210:55簗谷山12:04簗谷山登山口12:0612:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

クマガイソウとヤマシャクヤクに期待して簗谷山を訪れます。登山口にはすでに駐車の余地がなく少し手前から歩き出すことになりましたが、大した距離ではありません。登山口に立てられた登山道案内図を見て、
2016年05月08日 09:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマガイソウとヤマシャクヤクに期待して簗谷山を訪れます。登山口にはすでに駐車の余地がなく少し手前から歩き出すことになりましたが、大した距離ではありません。登山口に立てられた登山道案内図を見て、
ブナの木ルートから登ることとします。しばらく沢沿いに進んでから、
2016年05月08日 09:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの木ルートから登ることとします。しばらく沢沿いに進んでから、
1
沢を離れて山腹を絡みながら登り、
2016年05月08日 09:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を離れて山腹を絡みながら登り、
1
尾根の上に出ると、青空の下で新緑がまぶしく輝きます。
2016年05月08日 09:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の上に出ると、青空の下で新緑がまぶしく輝きます。
緩やかに登っていくと、ブナの木ルートの名に相応しく、ブナの巨樹が林立する尾根道となります。
2016年05月08日 10:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに登っていくと、ブナの木ルートの名に相応しく、ブナの巨樹が林立する尾根道となります。
1
足下にはキランソウ。
2016年05月08日 10:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足下にはキランソウ。
木々の合間から顔をのぞかせる御嶽山を横目に登ります。
2016年05月08日 10:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の合間から顔をのぞかせる御嶽山を横目に登ります。
1
傾斜が緩み、南尾根ルートと合流すると、ほどなく簗谷山の頂上に到着します。
2016年05月08日 10:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が緩み、南尾根ルートと合流すると、ほどなく簗谷山の頂上に到着します。
2
頂上からは、北アルプス南部の山々や御岳山が手に取るように見渡せます。
2016年05月08日 10:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からは、北アルプス南部の山々や御岳山が手に取るように見渡せます。
1
目を凝らして、残雪いただく槍ヶ岳、穂高連峰、乗鞍岳や、
2016年05月08日 10:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目を凝らして、残雪いただく槍ヶ岳、穂高連峰、乗鞍岳や、
御嶽山を眺めます。
2016年05月08日 10:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山を眺めます。
1
頂上を後にすると、ミツバツツジを眺めながら、
2016年05月08日 10:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上を後にすると、ミツバツツジを眺めながら、
2
頂上直下の岳見岩に足を伸ばします。岩頭に立つと、遮るものなく御嶽山の雄姿が見通せます。
2016年05月08日 10:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下の岳見岩に足を伸ばします。岩頭に立つと、遮るものなく御嶽山の雄姿が見通せます。
1
下山は南尾根ルートへ。初めはミツバツツジがちらほら現れますが、
2016年05月08日 10:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は南尾根ルートへ。初めはミツバツツジがちらほら現れますが、
ほどなく、尾根のそこかしこにシロヤシオが目立つようになります。
2016年05月08日 11:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく、尾根のそこかしこにシロヤシオが目立つようになります。
清々しい純白の花が印象的なシロヤシオ。
2016年05月08日 11:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清々しい純白の花が印象的なシロヤシオ。
4
1098mピークで尾根を離れて山腹を絡みながら下るようになっても、
2016年05月08日 11:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1098mピークで尾根を離れて山腹を絡みながら下るようになっても、
シロヤシオは多く、白い花越しに御嶽山を眺めながら下ります。
2016年05月08日 11:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオは多く、白い花越しに御嶽山を眺めながら下ります。
足下に咲くのはニョイスミレ。
2016年05月08日 11:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足下に咲くのはニョイスミレ。
1
やがて沢を横切るところに達すると、
2016年05月08日 11:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて沢を横切るところに達すると、
岩陰にネコノメソウを見つけ、沢沿いの斜面の様子を窺うと、
2016年05月08日 11:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩陰にネコノメソウを見つけ、沢沿いの斜面の様子を窺うと、
1
ヤマシャクヤクの花を見つけました。
2016年05月08日 11:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマシャクヤクの花を見つけました。
2
目を凝らすと、クリーム色をした花がちらほら。先日の横山岳ではあまり数に恵まれなかったので、感慨もひとしおです。
2016年05月08日 11:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目を凝らすと、クリーム色をした花がちらほら。先日の横山岳ではあまり数に恵まれなかったので、感慨もひとしおです。
5
やがて差し掛かる滝の名は小鹿の涙。どのような謂れがあるのでしょうか。
2016年05月08日 11:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて差し掛かる滝の名は小鹿の涙。どのような謂れがあるのでしょうか。
2
いったん登りに転じてから、笹原の枝尾根をジグザグに下ります。
2016年05月08日 11:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん登りに転じてから、笹原の枝尾根をジグザグに下ります。
下りきったところで、ようやくクマガイソウの群生地に差し掛かります。
2016年05月08日 11:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りきったところで、ようやくクマガイソウの群生地に差し掛かります。
2
クマガイソウは、大きく膨らんだ袋状の唇弁をもつ花姿を、母衣を背負った熊谷直実に見立てて名付けられたとのこと。
2016年05月08日 11:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマガイソウは、大きく膨らんだ袋状の唇弁をもつ花姿を、母衣を背負った熊谷直実に見立てて名付けられたとのこと。
4
何とも不思議な形に目を見張ります。
2016年05月08日 12:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とも不思議な形に目を見張ります。
3
撮影機材:

感想/記録

あまり下調べをせずブナの木ルートからの周回したため、ヤマシャクヤクにもクマガイソウにもお目にかかれないまま頂上に着いてしまい、ひょっとして見過ごしたのかと気を揉みましたが、帰路に辿った南尾根ルートで相次いで楽しむことができ、満足のいく結果となりました。
訪問者数:284人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ