ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 868171 全員に公開 ハイキング比良山系

【比良山系縦走】 JR近江高島駅-リトル比良-北比良-南比良-JR和邇駅

日程 2016年05月08日(日) [日帰り]
メンバー 3120m
天候晴れ
黄砂の影響か、空は霞む
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
●スタート
 JR湖西線近江高島駅
 マイカーで出かけ、駅近くのコインPに駐車 1日300円

●ゴール
 JR湖西線和邇駅
 到着後、電車に乗り車の回収 
 和邇→近江高島 320円 所要20分ほど
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間29分
休憩
1時間9分
合計
9時間38分
SJR近江高島駅05:5706:20長谷寺07:08岳山07:1007:31オーム岩07:3308:00岩阿沙利山08:0108:10鵜川越08:1108:39寒風峠08:4208:58ヤケ山09:0009:35ヤケオ山09:3709:43フジハゲのピーク09:57釈迦岳10:0010:24北比良峠10:3810:51金糞峠11:16南比良峠11:29荒川峠11:47烏谷山11:5011:59葛川越12:11比良岳(道標)12:29木戸峠12:45打見山13:0513:23蓬莱山13:2913:42小女郎峠13:53ホッケ山13:5514:09権現山14:1514:45権現山登山口15:05栗原バス停15:0715:35JR和邇駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※安全なところやロードではゆっくりジョグで進んだりしています
コース状況/
危険箇所等
●全般的に
・道筋明瞭で歩きやすい
 危険と感じた場所は特になかったです
・峠や分岐がたくさんあり、色々なルートが交錯しています
 誤ったルートに入らないように注意(私のようなそそっかしいタイプの場合)
・標識は、まあまあ充実
・リトル比良、岳山を過ぎたところで、ルート沿いに巨大なクマ糞を見かけました
 また、動物の掘り返しも無数にありました
・びわこバレイがグリーンシーズン営業中で、補給が可能です
その他周辺情報●下山後の温泉など
 帰宅ルート上にめぼしいところがなく、利用しませんでした
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

今日は滋賀県の琵琶湖西側、比良山系を縦走します
スタートはJR湖西線近江高島駅から
まずはリトル比良を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は滋賀県の琵琶湖西側、比良山系を縦走します
スタートはJR湖西線近江高島駅から
まずはリトル比良を目指します
3
舗装路を歩いて、リトル比良登山口を探す・・・
登山道より難しかったりして
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路を歩いて、リトル比良登山口を探す・・・
登山道より難しかったりして
1
長谷寺と大炊神社の先が登山口です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長谷寺と大炊神社の先が登山口です
獣害対策のゲートを開閉
獣側の世界へと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獣害対策のゲートを開閉
獣側の世界へと
2
最初はトロピカルな雰囲気
ジメジメしていますが、ヒルは大丈夫
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はトロピカルな雰囲気
ジメジメしていますが、ヒルは大丈夫
1
右手に白坂
山の中の砂の造形美
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に白坂
山の中の砂の造形美
6
時折開けた場所に
後で合流する一つ南側の尾根が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折開けた場所に
後で合流する一つ南側の尾根が見えます
4
ボヤーッと輝く琵琶湖
母なる湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボヤーッと輝く琵琶湖
母なる湖
4
標識充実、リトル比良
最初のピーク、岳山です
この先でドデカサイズのクマ糞(おそらく)を発見
ビビリました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識充実、リトル比良
最初のピーク、岳山です
この先でドデカサイズのクマ糞(おそらく)を発見
ビビリました
2
オウム岩より、北西方向の眺め
比良山系主脈の北端、蛇谷ヶ峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オウム岩より、北西方向の眺め
比良山系主脈の北端、蛇谷ヶ峰
3
その左に続く稜線
比良山系最高峰武奈ヶ岳も見えているものと思われます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その左に続く稜線
比良山系最高峰武奈ヶ岳も見えているものと思われます
2
岩阿沙利山
尾根上の歩きやすい縦走路、飛ばし気味に進んでいきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩阿沙利山
尾根上の歩きやすい縦走路、飛ばし気味に進んでいきます
2
舗装林道が見えてきました
鵜川越です
下りてすぐ左側に縦走路の入口があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装林道が見えてきました
鵜川越です
下りてすぐ左側に縦走路の入口があります
寒風峠です
リトル比良というエリアはここまでのようです
名前から寒そうな場所を想像しますが、落ち着く森の中です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒風峠です
リトル比良というエリアはここまでのようです
名前から寒そうな場所を想像しますが、落ち着く森の中です
1
徐々に高度を上げていきます
ヤケ山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に高度を上げていきます
ヤケ山
3
吊り尾根のような稜線が見えます
さらに登りますね
呼吸を整えて
静かに淡々と
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り尾根のような稜線が見えます
さらに登りますね
呼吸を整えて
静かに淡々と
2
Y字形の比良山系
分かれた部分の谷間が見えます
左は少し遠くなった蛇谷ヶ峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Y字形の比良山系
分かれた部分の谷間が見えます
左は少し遠くなった蛇谷ヶ峰
3
ヤケオ山
さっきと似たような名前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤケオ山
さっきと似たような名前
5
この先の進路
左が釈迦岳
右手前はフジハゲだと思います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先の進路
左が釈迦岳
右手前はフジハゲだと思います
標高1000m辺り、イワカガミの群生
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1000m辺り、イワカガミの群生
4
眺めのいい尾根道です
釈迦岳が近づいてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めのいい尾根道です
釈迦岳が近づいてきました
2
釈迦岳に到着
出発からここまで、すれ違ったのはたった1人だけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦岳に到着
出発からここまで、すれ違ったのはたった1人だけ
3
と思ったら、3人パーティーが別ルートから
比良山系の中程、色々のルートな交錯するこの辺り
ここからしばらくは人出もそれなりに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったら、3人パーティーが別ルートから
比良山系の中程、色々のルートな交錯するこの辺り
ここからしばらくは人出もそれなりに
飛行機雲が交錯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛行機雲が交錯
3
ワンゲル部らしき学生さんの大集団に遭遇後、平らな場所に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワンゲル部らしき学生さんの大集団に遭遇後、平らな場所に出ました
崩壊地の左縁を通り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地の左縁を通り
北比良峠に到着です
風が通り抜け、心地良い場所です
今日は行かない武奈ヶ岳も近く見えます
また今度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北比良峠に到着です
風が通り抜け、心地良い場所です
今日は行かない武奈ヶ岳も近く見えます
また今度
5
小休止
リトル比良からここまでとても快調でした
エスケープポイントの一つですが、時間的にも余裕があるので、南へ縦走を続けることに決定
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小休止
リトル比良からここまでとても快調でした
エスケープポイントの一つですが、時間的にも余裕があるので、南へ縦走を続けることに決定
3
一服したら、展望台の横を通って、さらに南下
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一服したら、展望台の横を通って、さらに南下
1
その先、シャクナゲロードでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先、シャクナゲロードでした
5
少し色が濃いめのもの
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し色が濃いめのもの
6
仏様が見えると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏様が見えると
金糞峠です
しかしまあ、カナクソって・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金糞峠です
しかしまあ、カナクソって・・・
1
懐かしの古い縦走標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懐かしの古い縦走標識
金糞峠からの琵琶湖の眺め
近江八幡方面
沖島が見えています
黄砂のせいか霞んでいますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金糞峠からの琵琶湖の眺め
近江八幡方面
沖島が見えています
黄砂のせいか霞んでいますね
3
シャクナゲロードはまだ続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲロードはまだ続く
2
南比良峠
この辺り、峠が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南比良峠
この辺り、峠が続きます
次のピーク
烏谷山
びわ湖バレイまでは登り基調
これまでより大きめのアップダウンが続きます
力を抜いて温存作戦
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピーク
烏谷山
びわ湖バレイまでは登り基調
これまでより大きめのアップダウンが続きます
力を抜いて温存作戦
2
南下するにつれ、琵琶湖の眺めも変わってきます
琵琶湖大橋やその南(南湖)も確認
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南下するにつれ、琵琶湖の眺めも変わってきます
琵琶湖大橋やその南(南湖)も確認
4
なかなかタフな登りを経て
烏谷山
ピークはこの少し上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかタフな登りを経て
烏谷山
ピークはこの少し上
次の目標、びわこバレイはもう近そうです
でもどれだけ下って登り返すのか・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の目標、びわこバレイはもう近そうです
でもどれだけ下って登り返すのか・・・
2
下ると葛川越
心地良い森の中を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ると葛川越
心地良い森の中を進みます
1
大岩
直書きの分かりやすい表現
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩
直書きの分かりやすい表現
登り返して比良岳
これは標識だけ
ピークは外れた場所にあるのだとか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返して比良岳
これは標識だけ
ピークは外れた場所にあるのだとか
1
この辺り、森の中の快適トレイルです
なだらかで、ホッと息抜きできる区間
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り、森の中の快適トレイルです
なだらかで、ホッと息抜きできる区間
4
木戸峠
クロトノハゲとか、鈴鹿と同じく、比良にも面白いカタカナ地名がいくつもあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木戸峠
クロトノハゲとか、鈴鹿と同じく、比良にも面白いカタカナ地名がいくつもあります
2
キャンプ場跡地に出ると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場跡地に出ると
びわこバレイのゲレンデ直登
特に上の段は急で、まるで壁ですな
精密機械になったつもりで、淡々と行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びわこバレイのゲレンデ直登
特に上の段は急で、まるで壁ですな
精密機械になったつもりで、淡々と行きます
2
精密に登り切りました(笑)
びわこバレイのメインエリア
山名でいうと打見山
座って一服
暑くなってきたので、飲物を補給
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
精密に登り切りました(笑)
びわこバレイのメインエリア
山名でいうと打見山
座って一服
暑くなってきたので、飲物を補給
3
何やらハーネスをつけ講習中の人々が多数
なんじゃこりゃ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何やらハーネスをつけ講習中の人々が多数
なんじゃこりゃ
1
ホント今日は全般に霞んでいるんですが、それでもいい眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホント今日は全般に霞んでいるんですが、それでもいい眺め
3
休んでると、もう動きたくなくなってきます
ゴンドラでエスケープ下山しようかという誘惑を振り払い・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休んでると、もう動きたくなくなってきます
ゴンドラでエスケープ下山しようかという誘惑を振り払い・・・
頑張って先に進みます
もう後半戦だしね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張って先に進みます
もう後半戦だしね
2
さっきのハーネスはこのアトラクション用でした
色々考えるねえ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきのハーネスはこのアトラクション用でした
色々考えるねえ
1
またゲレンデ直登
なかなか上に着かん!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またゲレンデ直登
なかなか上に着かん!
3
途中で振り返る
武奈、釈迦見えています
びわこバレイ、ゴンドラ利用のお客さんで賑わっていました
ハイカーズもちらほら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で振り返る
武奈、釈迦見えています
びわこバレイ、ゴンドラ利用のお客さんで賑わっていました
ハイカーズもちらほら
登り切りました
スキー場トップ、蓬莱山です
標高では本日の最高点
禿山で展望抜群です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切りました
スキー場トップ、蓬莱山です
標高では本日の最高点
禿山で展望抜群です
4
見納め武奈、釈迦
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見納め武奈、釈迦
2
西部
京都の山奥だと思います
深いです
どれだけ山が続いているのか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西部
京都の山奥だと思います
深いです
どれだけ山が続いているのか
3
蓬莱山からホッケ山にかけては、見晴らしよく最高の縦走路です
再び飛ばし気味に行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山からホッケ山にかけては、見晴らしよく最高の縦走路です
再び飛ばし気味に行きます
4
琵琶湖を眺めながら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖を眺めながら
3
爽快な草原の中を
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽快な草原の中を
3
まるで楽園のような道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで楽園のような道
3
次のピーク
ホッケ山です
ああ、ホッケのうまいの食べたい
心地良い疲労と共に、変な妄想が・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピーク
ホッケ山です
ああ、ホッケのうまいの食べたい
心地良い疲労と共に、変な妄想が・・・
4
ホッケ山から樹林帯に入ります
権現山手前に隠れたように祠が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホッケ山から樹林帯に入ります
権現山手前に隠れたように祠が
開けてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けてきました
1
本日最終ピーク
権現山です
今日もここまでの縦走、頑張りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日最終ピーク
権現山です
今日もここまでの縦走、頑張りました
6
南は比叡山や、肉眼では京都市街地も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南は比叡山や、肉眼では京都市街地も
3
琵琶湖の大展望もここで見納め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖の大展望もここで見納め
3
かつて、こんなイベントがあったのですね
大阪のダイトレみたいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かつて、こんなイベントがあったのですね
大阪のダイトレみたいです
1
下山方向の眺め
比良山系南端のこの辺り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山方向の眺め
比良山系南端のこの辺り
3
権現山からの下りはかなりの急坂
登りはキツそ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山からの下りはかなりの急坂
登りはキツそ〜
2
斜度が緩くなると林道に
ドタドタジョグで行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度が緩くなると林道に
ドタドタジョグで行きます
2
ふと見つけた小滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと見つけた小滝
1
下り続け・・・
ここが権現山登山口のようです
車や自転車が止まっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り続け・・・
ここが権現山登山口のようです
車や自転車が止まっていました
2
林道は舗装に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は舗装に
1
鈴鹿の御在所裏道みないな堰堤
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿の御在所裏道みないな堰堤
1
栗原という人里まで下りてきました
もう熊鈴いらんね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗原という人里まで下りてきました
もう熊鈴いらんね
栗原バス停
なんと日曜に1便しかないバスが、あと少しで来ます
運がいいのですが、元々の予定通りJR和邇駅まで歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗原バス停
なんと日曜に1便しかないバスが、あと少しで来ます
運がいいのですが、元々の予定通りJR和邇駅まで歩きます
2
集落の中を、歩いてきた山々を眺めながら進みます
今日もやったなーと思う瞬間です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落の中を、歩いてきた山々を眺めながら進みます
今日もやったなーと思う瞬間です
3
湖西道路の下を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖西道路の下を通過
道は歩道もあっていい道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は歩道もあっていい道です
2
おお、飛び出しとび太君
この衣装は何スタイル!?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、飛び出しとび太君
この衣装は何スタイル!?
6
和邇の町に入っていきます
天皇神社という名前の神社
何やら賑やか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和邇の町に入っていきます
天皇神社という名前の神社
何やら賑やか
1
地元のお祭り開催中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地元のお祭り開催中
2
そうしてJR湖西線和邇駅に到着
今日も無事下山に感謝して
運良く6分で次の電車が来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうしてJR湖西線和邇駅に到着
今日も無事下山に感謝して
運良く6分で次の電車が来ました
2
湖西線は琵琶湖ビューライン
今日の車回収の旅もなかなか良かった
ずっと乗っていたかったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖西線は琵琶湖ビューライン
今日の車回収の旅もなかなか良かった
ずっと乗っていたかったです
4
景色を堪能しながら電車に揺られます
相棒ザックも心地良さげにお疲れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色を堪能しながら電車に揺られます
相棒ザックも心地良さげにお疲れ
5
腹ペコです
締めはこちらで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腹ペコです
締めはこちらで
7

感想/記録
by 3120m

琵琶湖西側にY字形に横たわる比良山系。
2013年晩秋に南北縦走して以来2度目、久々の訪問です。

今回は、未踏だったY字形の右上の枝分かれ部分、
リトル比良を出発し、南に向かって進んでみました。

予定通り3:45の目覚ましに好反応。
2度寝したい気持ちをなんとか振り払い、出発です。
この辺は紙一重の世界。

比良山系というと、同じ滋賀県の鈴鹿山脈同様、
道迷い遭難のニュースをよく聞く、油断ならないエリアです。
武奈ヶ岳など、いくつかの人気峰のピストンルートは人が多いですが、
縦走路やマイナールートはとても静か。

前回は晩秋ということで、落ち葉が積み重なり、
縦走路でさえ踏み跡が分かりづらかったですが、
今回はとてもクリアーに感じ、
ルートどりは全く問題なく進むことができました。

縦走なのでアップダウンはつきもので、
後半の方が、一つ一つの山は大きめに感じましたが、
失速して足が止まることはなく、
終了後も余裕があり、良かったと思います。

大型連休といわれるこのGW、
四国・中国や信州などへの遠征も考えていましたが、
カレンダー通り的出勤だったり、
帰省、雑事、天候などなかなか噛み合わず、
終わってみれば、山行は近場の日帰り3回でした。

それでもこの2ヶ月ほどの春山シーズン、
ずっと行きたかった未踏ルートのいくつかに出かけ、
縦走トレーニングを積むことができました。
そこそこの距離をそこそこの時間で踏破できるよう、
脚作りも進んでいると思います。

そういう年代に入ってきたのか、
ちょっとサボると筋力はすぐに落ちていきます。
この今の流れを、この先の夏山シーズンにつなげて、
無理なく楽しんで歩いていけたらいいなと思っています。
訪問者数:439人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ