ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 868214 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

燕岳(中房温泉より)

日程 2016年05月07日(土) [日帰り]
メンバー tagamasa
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中房からの登山道入口に駐車場はありますが、繁盛期にはすぐ満車になるようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
3時間30分
合計
9時間10分
Sスタート地点06:2006:40第一ベンチ07:00第二ベンチ07:20第三ベンチ07:40富士見ベンチ08:00合戦小屋08:3009:50燕山荘11:3011:50燕岳12:2012:40燕山荘13:3015:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムはあてにしないでください。
コース状況/
危険箇所等
合戦小屋の少し下から燕山荘付近に雪があるくらいです。トレース跡もしっかりしています。一部、雪解け水でぬかるんでいたりしますが、特に問題は無いと思います。雪崩の恐れも少ないコースだと思います。軽アイゼンではなく、前爪付アイゼンはきちんと持っていったほうが良いです。
その他周辺情報登山道入口に温泉があります。17時までの営業なので、下山時間に気をつければ問題ないと思います。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハードシェル ズボン 靴下 アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ザック アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール

写真

燕山荘からの景色。この道を行けば表銀座縦走
2016年05月07日 12:42撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘からの景色。この道を行けば表銀座縦走
2
奇石、イルカ岩
2016年05月07日 12:34撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇石、イルカ岩
1
手前は雪ではなく、風化した花崗岩の砂粒です
2016年05月07日 12:34撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前は雪ではなく、風化した花崗岩の砂粒です
残雪期ならではの景色
2016年05月07日 12:35撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪期ならではの景色
1
花崗岩の山らしい光景
2016年05月07日 12:23撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花崗岩の山らしい光景
燕岳山頂
2016年05月07日 12:06撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂
2
山頂から燕山荘側を見る
2016年05月07日 12:17撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から燕山荘側を見る
3

感想/記録

前日の地点での天気予報では、朝には晴れるとなっていたので行ったのだが、午前中はガスに巻かれたままの状態でした。あと、とにかく強風でした。駐車場から出発した地点で風の強さを感じてましたが、合戦小屋に着いた後からが特に強風でした。あまりに風が強いので合戦小屋で豚汁を頂きながら休憩しましたが風は収まる気配は無かったので早々と燕山荘に向かいました。合戦小屋から30分くらいで森林限界を越えたと思いますが、そこからは風を遮る木々が無く、ストックとピッケルで飛ばされないように気をつけました。多分30m/sはあったと思います。風向きの方向から、飛ばされたら猛烈に滑落していってしまいそうだったので、いつでも制動できるようにピッケルだけは構えました。燕山荘に到着するも、風・ガス共に変わらず、萎えました。一瞬やってくる暴風に乗って砂利は飛んでくるし、顔が痛かったです。山頂にそのまま向かおうと思いましたが、ガスガスで何も見えないので、燕山荘にて一時待機。宿泊するか悩みましたが、次回の表銀座縦走までお預けとしました。12時くらいからガスが急に切れ始めたので、山頂へ行ってきました。誰も山頂に来なくて山頂を独り占めできたし、何とか写真もとれてよかったです。

あと余談ですが、下りの途中で団体御一行の方とすれ違いましたが、装備が軽アイゼンのみで四苦八苦されている方を見ました。この時期はコンディションが分かりにくく、技量・体力・道具のどれかが欠けても辛いし、危険になります。辛口なコメントになりますが、引き返す勇気を持たずして山には来ないほうが良いと思います。
ちなみにアイゼンは合戦小屋の少し手前〜燕山荘の間のみ装着するのが良いと感じました。ご参考までに。
訪問者数:335人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ