ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 868240 全員に公開 山滑走八幡平・岩手山・秋田駒

八幡平

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー shell14b, その他メンバー1人
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

峠手前から見えた大斜面に滑り込もうと靴下を履いて用意するところ。実際は止めてしまった。しかし、今は登り1時間分滑れば良かったと後悔!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠手前から見えた大斜面に滑り込もうと靴下を履いて用意するところ。実際は止めてしまった。しかし、今は登り1時間分滑れば良かったと後悔!
3
峠から籐七温泉へのトレース
真下に滑りたいが、果たして車でピックアップできるのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠から籐七温泉へのトレース
真下に滑りたいが、果たして車でピックアップできるのか?
1
道路から見たニセ茶臼?
この下にも斜面が続いており快適な斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路から見たニセ茶臼?
この下にも斜面が続いており快適な斜面
4

感想/記録

相棒は「今回もう十分滑ったので滑らないとのこと、20年前にスキーに子供たちと一緒に行きたかったのに、クライミングバカだったから付き合ってくれなかった。」と古いプチ嫌味を聞かされる。
その当時、自分は半月板が割れていてスキーの転倒が本当に怖かったのだ。カービング板も無くて全然滑れなかったし、、、、
とは思いながら口にはせず、もしよかったら今からでも、、、
「もう私の体力では楽しめない。、、、。」
そんなこんなで一人で出発。
後生掛温泉から栂森を目指したが気が乗らず相棒が温泉に入っている間、思案しながら散策。とりあえずもう少し雪の多そうな八幡平中央部へ行くことにする。
途中、道路下に大斜面が見えるが滑り下りたらどこに出るやら、
上り返すズクもないのでパスして見返り峠へ。
結局頂上小屋から峠の斜面を滑る。
ここから唐七温泉のルートを見るが、新雪緩斜面が走りそうにない。

仕方なく盛岡に向けて車を出すと。バックミラーにいかにも滑ってくれ!と言わんばかりの小山が見えた。
パーキングに車を入れて相棒残して登りだす。と離れた上部にスキーの集団が下りてきた。登るのに飽き、頂上手前から沢に滑り込み道路に登り返し、片付けようとしていると登ってきた車からおもむろにスキーを持った方が下りてきて滑る用意をしていらっしゃる。車はすぐに下に帰っていく。
「どこまで滑ってピックアップしてもらうのですか?」と尋ねると
、一緒に滑りませんか?とお誘いを受けお連れいただいくことができた。
雪も良く走り、短かったが爽快な気分が味わえて良かった。
雪が多ければ、あの沢を下まで滑ることもできるのだろうか?
これを聞くことを忘れてしまった。
車を使った滑降が可能なルートがいくつかありそうな八幡平。
興味深いところである。
訪問者数:139人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ