ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 868332 全員に公開 ハイキング札幌近郊

定山渓 朝日岳・小天狗岳(断念)・神威岳(断念)

日程 2016年05月02日(月) 〜 2016年05月03日(火)
メンバー kazunbo
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間0分
休憩
40分
合計
3時間40分
S宿泊地11:2013:00朝日岳13:4015:00宿泊地
2日目
山行
5時間26分
休憩
50分
合計
6時間16分
宿泊地08:5009:00札幌ダム下 駐車場09:1009:40途中断念地点10:00小天狗岳登山口10:2010:30神威岳 百松沢林道コース駐車場10:5013:10途中断念地点15:06神威岳 百松沢林道コース駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

定山渓温泉朝日岳登山口、岩戸観音堂に到着。
2016年05月02日 11:32撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定山渓温泉朝日岳登山口、岩戸観音堂に到着。
観音堂からの階段を登り切ると岩戸公園登山口。
2016年05月02日 11:38撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音堂からの階段を登り切ると岩戸公園登山口。
エゾエンゴサクの群生。
2016年05月02日 11:50撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾエンゴサクの群生。
カタクリの花も多く咲いていた。
2016年05月02日 11:52撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリの花も多く咲いていた。
北側の斜面はまだまだ残雪が多い。
2016年05月02日 12:14撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の斜面はまだまだ残雪が多い。
山頂へ進む。
2016年05月02日 12:46撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ進む。
去年登った天狗岳の姿も見えてきた。
2016年05月02日 13:07撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年登った天狗岳の姿も見えてきた。
山頂到着。
2016年05月02日 13:28撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。
豊林荘コース登山口へ下山する。
2016年05月02日 13:53撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊林荘コース登山口へ下山する。
エンレイソウ
2016年05月02日 14:11撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エンレイソウ
豊林荘コース登山口。
2016年05月02日 14:15撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊林荘コース登山口。
白のエゾエンゴサクは今まで見たことがなかったので感動!
2016年05月02日 14:17撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白のエゾエンゴサクは今まで見たことがなかったので感動!
下山後の朝日岳山頂方面。
2016年05月02日 14:27撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後の朝日岳山頂方面。
定山渓温泉、散策路。
2016年05月02日 14:43撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定山渓温泉、散策路。
この橋を渡ると、間もなく定山渓温泉街。
2016年05月02日 14:49撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋を渡ると、間もなく定山渓温泉街。
5月3日 小天狗岳。
2016年05月03日 09:05撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5月3日 小天狗岳。
さっぽろ湖のダム下の駐車場車を止めて、登山口まで進む。
2016年05月03日 09:05撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっぽろ湖のダム下の駐車場車を止めて、登山口まで進む。
沢沿いの登山道には残雪が多く、踏み抜きの危険が多くあり、
断念。
2016年05月03日 09:27撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの登山道には残雪が多く、踏み抜きの危険が多くあり、
断念。
5月連休230号線は大渋滞。
夕日岳に進めず迷い込んだところが、神威岳登山口。
2016年05月03日 11:08撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5月連休230号線は大渋滞。
夕日岳に進めず迷い込んだところが、神威岳登山口。
「え〜い 何かの縁だ行けるところまで行ってみよう」
ということになり神威岳へ。
     雪解けで河川も増水している。
2016年05月03日 11:10撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「え〜い 何かの縁だ行けるところまで行ってみよう」
ということになり神威岳へ。
     雪解けで河川も増水している。
標識に沿って、林道を進む。
2016年05月03日 11:12撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識に沿って、林道を進む。
まだ多くはないが、フクジュソウやエゾエンゴサクが咲いていた。
2016年05月03日 11:27撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ多くはないが、フクジュソウやエゾエンゴサクが咲いていた。
林道から登山道へ入ったあたり。
2016年05月03日 12:11撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から登山道へ入ったあたり。
あの山頂に登ってみたかった・・・
2016年05月03日 14:08撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの山頂に登ってみたかった・・・
撮影機材:

感想/記録

連休は比較的近場の定山渓の山に登ろうと決めていたが、ギリギリまで迷って一日目の5月2日は温泉街の近場の裏山となる、朝日岳に登った。

観音堂の階段を登り切ると登山ポストがあり、そこから直ぐの登山道は雪解けで川のような状態になっていたが、右に折れ曲がったあたりから、歩きやすい道となった。
そこには、エゾエンゴサクやカタクリの花の群生があり、私たちの目を楽しませてくれた。
上部北側方面は残雪がまだ多くあり登山道が隠れていてGPSを頼りに登って行ったが再び南側の斜面では雪もなくなり稀に黄色い花も咲いていた。
分岐から山頂を目指し13時頃にたどり着いた。
山頂からは、天狗岳や余市岳の山も見ることが出来た。
帰りは、豊林荘コース登山口へと下って、温泉街へ戻った。
戻る途中に白い花のエゾエンゴサクを見つけて感動した。

2日目
その1ー昨日からの宿泊でゆっくりと疲れをとり、温泉でのひと時を楽しんだ。
今日の登る山は、小天狗岳。
さっぽろ湖のダム下の駐車場に車を止めて、登山口まで進んだが、残雪が多く急斜面の多いこの山での登山は少し心配された。案の定、沢の横を登っていくルートは、雪解けが多く進んでいて踏み抜きの心配があり、危険と判断し断念することにした。
自宅に帰りトラック編集をしたところ、鉄橋下のあたりから進むルートを間違っていたことに気付いた。
GPSの見方についてもっとシビアになる必要があったと反省。

その2ーまだ時間もあるし、次の山は夕日岳にしようと国道230号線に出た所
大渋滞になっていた。
夕日岳へと進むルートになかなか入ることが出来ずにうろうろしていたが、途中迷い込んだ枝道にさしかかると、神威岳の登山口の名前があった。
この山は、ガイド本でよく目にしていた山で駐車場には結構な車が駐車しているし、いっちょう登ってみるかと言うことになった。
この山は林道歩きが長く、本来の登山道へ入るまで1時間を要した。
途中下山者の方とすれ違ったので聞いてみると、道がわからなくなり、戻ってきたと話していた。確かに残雪が多く、登山道は見えなくなっている。
五合目のあたりで、もう一人の下山者とすれ違うとその方も道がわからなくなり、下りてきたと話していた。
確かにGPSでの表示では、その地点から沢のほうへ下がるルートが示されているが、その方向には行けそうもない。
そのような訳で私たちも、その方と一緒に下山をすることにした。

下山途中、結構近いところでサイレンがなっていた。
「どこか火事なのかな」と話していたが、しばらくするとレスキュー隊が数名が
担架をもって上がってきた、「あなたは、・・・ですか?」と聞かれて「違いますよ」と返事をすると隊員は足早に通り過ぎていった。
上空にはヘリコプターも飛んでいるし、「これはただ事ではないな」と話をしながら
林道に出て、しばらくするとレスキュー隊らしき隊員を乗せた消防自動車とすれ違った。
なんやかんや話しながら登山口ゲートにたどり着くと、そこには、大きなテントと
数十人の警察や消防の方々が本部を設営していた。
「どうしたんですか?」と聞いたところ、神威岳のちかくで迷った登山者から救助の連絡があったとのこと。
自宅に帰り、地図に自分のトラックと冬山歩きをした方のトラックをのせて見たところ、確かに夏山登山道からは外れるが、冬山ルートとしては私たちが進んだ方向で
山頂へ目指すことが出来るた確認した。
しかし、そのまま登っていたら、もしかして私たちも・・・
訪問者数:120人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ