ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 868443 全員に公開 ハイキング大峰山脈

水太谷〜大普賢岳〜七曜岳

日程 2016年05月08日(日) [日帰り]
メンバー tasogare160
天候薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道169号線を南進し、和佐又トンネルを抜けて暫く行くと国道309号線入口がある。国道309号線を進んで行くと左手に冬場車止めゲートあるが、そちらには曲がらず川に沿って直進する。この分岐から先は道路が荒れていて、陥没してる所も数箇所あります。道路幅も狭いですし、ゆっくり走った方が安全です。左岸に沿って走って行くと右カーブした所に小さな橋があり、橋を越えた左手が登山口になっています。橋を越えた右手には、車2〜3台停められるくらいの駐車場スペースがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間19分
休憩
18分
合計
6時間37分
S水太谷登山口08:3408:53水簾滝08:5409:57七曜、大普賢分岐10:50石の鼻10:5611:01小普賢岳11:0211:41大普賢岳11:4912:27国見岳13:47七曜岳14:44無双洞14:4514:52水簾滝14:5315:09水太谷登山口15:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストはありません。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

小さな橋を渡った右手に駐車スペースがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな橋を渡った右手に駐車スペースがあります。
2
小さな橋からの写真です。ガードレールの奥が登山口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな橋からの写真です。ガードレールの奥が登山口です。
1
小川を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川を渡ります。
水簾の滝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水簾の滝です。
4
左に行けば七曜岳、右へ行けば和佐又方面です。
今回は反時計回りで和佐又方面へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に行けば七曜岳、右へ行けば和佐又方面です。
今回は反時計回りで和佐又方面へ向かいます。
1
登山道が崩れています。慎重に渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が崩れています。慎重に渡ります。
1
鎖場注意の看板があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場注意の看板があります。
1
鎖場です。写真で見るより勾配はかなりきついです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場です。写真で見るより勾配はかなりきついです。
底無井戸です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
底無井戸です。
2
笙ノ窟と和佐又ヒュッテの分岐です。左へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笙ノ窟と和佐又ヒュッテの分岐です。左へ進みます。
1
姫沙羅の林です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫沙羅の林です。
2
鷲ノ窟です。右へ行けば笙ノ窟ですが、今回はパスして大普賢岳へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲ノ窟です。右へ行けば笙ノ窟ですが、今回はパスして大普賢岳へ向かいます。
1
日本岳の分岐です。日本岳はパスして左へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本岳の分岐です。日本岳はパスして左へ進みます。
鉄の階段です。これから何ヶ所もでてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄の階段です。これから何ヶ所もでてきます。
2
石ノ鼻へ到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ノ鼻へ到着です。
石ノ鼻からの眺望はお気に入りです。ここで美人の山女さんに写真を撮って貰いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ノ鼻からの眺望はお気に入りです。ここで美人の山女さんに写真を撮って貰いました。
3
大峯奥駆道分岐へ到着です。右へ行けば山上ヶ岳です。
左へ進みます。
2016年05月08日 11:33撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峯奥駆道分岐へ到着です。右へ行けば山上ヶ岳です。
左へ進みます。
大普賢岳山頂です。
2016年05月08日 11:47撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳山頂です。
3
水太覗です。
2016年05月08日 12:00撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水太覗です。
3
覗いて見ました。良い景色です。
2016年05月08日 12:01撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覗いて見ました。良い景色です。
7
ここから左へ鎖で降ります。
2016年05月08日 12:31撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから左へ鎖で降ります。
1
上からの鎖場。
2016年05月08日 12:31撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上からの鎖場。
下から見上げた鎖場。
2016年05月08日 12:33撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見上げた鎖場。
1
稚児泊到着です。前回と同じく、ここで昼食にします。
2016年05月08日 12:41撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稚児泊到着です。前回と同じく、ここで昼食にします。
1
七曜岳に向かう途中からの撮影です。ここからの大普賢岳が一番綺麗に見えました。
2016年05月08日 13:24撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曜岳に向かう途中からの撮影です。ここからの大普賢岳が一番綺麗に見えました。
5
七曜岳に到着です。
2016年05月08日 13:44撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曜岳に到着です。
5
和佐又ヒュッテと弥山の分岐です。左へ進みます。
2016年05月08日 13:49撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和佐又ヒュッテと弥山の分岐です。左へ進みます。
かなりの水の量が湧き出ている。
2016年05月08日 14:48撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの水の量が湧き出ている。
1
通りすがりのおば様にウツボ草だと教えて頂きました。
2016年05月08日 14:52撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通りすがりのおば様にウツボ草だと教えて頂きました。
無事に帰ってきました。
2016年05月08日 15:11撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に帰ってきました。
1
撮影機材:

感想/記録

三度目の大普賢岳です。今回は足弱の友人が大普賢岳周回コースを回れないか、水太谷から反時計回りで先行登山してみました。七曜岳を過ぎると殆んど降りで登山口まで辿り着けるので、このコースを友人に勧めてみようと思っています。
訪問者数:481人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ