ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 868675 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

2016GW 雪と氷と初槍ヶ岳!

日程 2016年05月04日(水) 〜 2016年05月08日(日)
メンバー edasama(CL)
天候最終日のみ快晴、後は曇りとか雨とか
アクセス
利用交通機関
バス
京都からさわやか信州号
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間46分
休憩
1時間52分
合計
6時間38分
S上高地バスターミナル05:5706:02河童橋06:46明神館07:0407:09徳本口(徳本峠分岐)07:52徳澤園08:1808:33新村橋(パノラマ分岐)08:3409:17横尾 (横尾山荘)09:4110:25槍見河原10:39一ノ俣10:4610:54二ノ俣10:5711:33槍沢ロッヂ12:0612:32赤沢岩小屋(ババ平)12:35ババ平
2日目
山行
7時間11分
休憩
2時間10分
合計
9時間21分
宿泊地06:2906:58槍沢大曲り07:39槍沢・天狗原分岐08:36坊主岩屋下09:55槍ヶ岳山荘10:4110:54槍ヶ岳12:1812:34槍ヶ岳山荘13:18殺生ヒュッテ14:55槍沢・天狗原分岐15:50ババ平
3日目
山行
33分
休憩
30分
合計
1時間3分
ババ平14:1014:24赤沢岩小屋(ババ平)14:42槍沢ロッヂ15:1215:13宿泊地
4日目
山行
4時間53分
休憩
1時間6分
合計
5時間59分
宿泊地07:3508:01二ノ俣08:09一ノ俣08:1308:22槍見河原08:3209:09横尾 (横尾山荘)09:2910:12新村橋(パノラマ分岐)10:1510:30徳澤園10:4911:29徳本口(徳本峠分岐)11:53明神館11:5512:01明神橋12:05嘉門次小屋12:0813:01岳沢湿原・岳沢登山口13:0213:21河童橋13:2313:30上高地バスターミナル13:3213:34ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
一気に槍ヶ岳山荘のテン場まで登りたかったけど、ババ平からさらに数時間はとても無理でした・・・>_<
槍ヶ岳山荘からの下りはiPhoneの電源が入らなくなったので、バッテリー切れかと思ったら、GPSだけは生きてたようで、でもデータは一直線になってしまいました。
コース状況/
危険箇所等
ババ平まではアイゼンいらず。槍の穂先はアイスバーン部分あり。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハーネス 10mロープ アイゼン ピッケル ヘルメット カラビナ5 6枚 クイックドロー スリング(120/150cm) ヘッドランプ 予備電池 1/25 000地形図 筆記具 ライター ナイフ 保険証 飲料 ティッシュ バンドエイド タオル 携帯電話 雨具 スパッツ 手袋 ストック ビニール袋 替え衣類 シュラフ ザックカバー 食器 非常食 BB-36 テント テントマット ガスカートリッジ コッヘル(鍋) ファーストエイドキット カメラ

写真

上高地BT到着!! 天気がイマイチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地BT到着!! 天気がイマイチ
それでも徳沢に着いた頃にはこんな空に^^/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも徳沢に着いた頃にはこんな空に^^/
そして、初めて槍方面に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、初めて槍方面に行きます。
横尾から槍沢ロッヂまでも遠かったけど、そこからババ平までも結構ばてた。この坂を上りきれば!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾から槍沢ロッヂまでも遠かったけど、そこからババ平までも結構ばてた。この坂を上りきれば!
1
テン場到着。天気は晴れ強風のち曇り強風。見よ、この雪煙! 果たして明日アタック出来るのか。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場到着。天気は晴れ強風のち曇り強風。見よ、この雪煙! 果たして明日アタック出来るのか。。。
1
翌朝、薄曇りだけど風なし! 早速出発するも大曲までが長く、その先も果てしなく長く、既にバテ気味。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、薄曇りだけど風なし! 早速出発するも大曲までが長く、その先も果てしなく長く、既にバテ気味。。。
2
が、しかし、見えた! 槍が見えた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、しかし、見えた! 槍が見えた!
1
凍ってそう。。。が、ここまで来たら行くぞ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍ってそう。。。が、ここまで来たら行くぞ!
2
そして30分掛け無事登頂^^/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして30分掛け無事登頂^^/
3
快晴だったら最高の眺めだろうに、雲が厚くなり、風も出てきたのでそろそろ下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴だったら最高の眺めだろうに、雲が厚くなり、風も出てきたのでそろそろ下山
2
あちこちがっちり凍ってて結構ヒヤヒヤしたけど、無事下山。とりあえずポーズ決めて一枚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちがっちり凍ってて結構ヒヤヒヤしたけど、無事下山。とりあえずポーズ決めて一枚。
今日はこのまま槍ヶ岳山荘に泊まろうと思ったけど、財布を忘れてサザエさん状態なことに気付き、やむなくテン場まで降りる事に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこのまま槍ヶ岳山荘に泊まろうと思ったけど、財布を忘れてサザエさん状態なことに気付き、やむなくテン場まで降りる事に。
下山途中から小ブリザードにちょこっとだけホワイトアウト。竹の棒と赤い布に安心させられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中から小ブリザードにちょこっとだけホワイトアウト。竹の棒と赤い布に安心させられました。
下山後翌昼まで雨でテントに缶詰。止んだ隙を狙って撤収、そして槍沢ロッヂ到着。我々以外には一人だけのほぼ貸し切り状態でした。お風呂が気持ちよかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後翌昼まで雨でテントに缶詰。止んだ隙を狙って撤収、そして槍沢ロッヂ到着。我々以外には一人だけのほぼ貸し切り状態でした。お風呂が気持ちよかった!
翌朝、ヘリポートから見えた槍の穂先。快晴! 今日なら絶好のアタック日和。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、ヘリポートから見えた槍の穂先。快晴! 今日なら絶好のアタック日和。
1
横尾まで戻ってきました。青い空に飛行機雲とか。快晴無風で最高の下山コンディション(負け惜しみ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾まで戻ってきました。青い空に飛行機雲とか。快晴無風で最高の下山コンディション(負け惜しみ)
2
河童橋まで戻ってきました。穂高をバックに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋まで戻ってきました。穂高をバックに。
2

感想/記録

もう先々週くらいからmountain-forecastとにらめっこして好天を願いながらの上高地入り。
5/5は曇天で風が強かったもののババ平に着く頃は青空が広がり、夕方にはすっかりキレイな青空ものぞいたので、明日への期待が高まります。人生初槍(なのに氷もあるこの時期を選ぶかね・・・)なので、コンディションは少しでもいい方が嬉しいし。

5/6、薄曇りながら太陽も時々顔をのぞかせる中、アイゼンにハーネスを装着し万一に備えロープも持って出発。いやしかし、大曲までも長かったけど、そこから槍が見えるまでの長いこと長いこと。そして槍が見えてから山荘までの最後の直登のこれまた長いこと・・・。 ようやくたどり着いた山荘でしばし穂先をしみじみと眺め、ところどころガチガチだよという先行者のアドバイスを聞き、いざ出発!
確かに滑ったら一巻の終わり間違い無しの所も何カ所かあり、ピッケル握る手に自然と力も入り、アイゼンの蹴り込みもいつも以上にこれでもかって感じ。
なんとか山頂に着いた頃はすっかり曇天になり、風も出てきたので、感慨に浸るまもなく15分ほどの滞在で下山開始。しかし、帰りが登り以上にヒヤヒヤでした^^;
よっぽどロープ出してメンバーを降ろそうかと思ったけど、何とかしっかりした手がかり足がかりを見つけられたので、慎重に慎重にロープ無しで下山完了〜^^/
山荘でコーヒー飲みながら達成感に浸り、人もガラガラだし今日はこのまま山荘に泊まって、明日もう一回アタックしちゃおうとか盛り上がったところで、財布をテン場のメインのザックに忘れたことに気づき、強制下山決定>_< 一気に気持ちもトーンダウン。おまけに天気も吹雪になってきたので慌てて下山開始。ちょびっとだけホワイトアウトになったりもしたけど、竹の棒の赤い布を目印に降りてきました。グリーンベルトのあたりですっかり雨になり、テン場についた頃はびっしょり。

雨は一晩中、そして翌日5/7も昼過ぎまで降り続け、ずいぶんとまぁテントの中で窮屈で退屈な時を過ごしましたよっと^^; 午後になってようやく雲間も切れてきたので凍えたカラダを暖めるべく槍沢ロッジまで降り小屋泊に決定。もちろん素泊まり6500円コース。

これがなんと!! 我々以外には男性客が一人だけというほぼ貸し切り状態で、お風呂も広々使え、そして乾燥室にテントまで干して(もちろん、許可をいただきました)すっかり乾いて軽くなりました。今日の午前までテント内でろくに動けなかった体もすっかり回復。我々はテントが基本の山チームですが、天気と時期によっては空いてる山小屋もうまく使えばもう少し楽な山行出来るかな〜。
京都に戻る5/8は朝から恨めしいくらいのピーカン!! ま、でもここ2年連続で上高地方面に来ると下山時に降られてるので、晴れの日の帰りはこんなにも楽しいのかを実感。徳沢でソフトクリームを食べ、上高地BTで山菜そばを食べ、京都への帰路についたのでした。

この夏は、源治郎の懸垂に挑戦だ!!
訪問者数:327人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ