ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 868846 全員に公開 ハイキング東北

荒海山

日程 2016年05月16日(月) [日帰り]
メンバー mikimiki, その他メンバー2人
天候曇り後雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・駐車場-南会津、道の駅番屋近くのチェーン脱着場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
25分
合計
6時間30分
Sスタート地点07:0010:34荒海山10:5913:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・戸坪沢登山口の尾根取り付きが判りづらい
 駐車場から林業作業場を通過後、最初の渡渉をしたあと林道を直進しないで右方向に進むと戸坪沢左股になる。そこを渡渉したところが尾根の取り付きになる。
・尾根取り付き~主尾根合流点までは雑木、石楠花や笹薮で歩き難いが赤テープは正確に着けてある。
・主尾根合流点〜山頂までも滑りやすい岩稜などあり変化に富んでいる。

写真

尾根の取り付けから尾根道を
2016年05月17日 10:07撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の取り付けから尾根道を
4
シャクナゲが行く手を阻む
2016年05月16日 07:55撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲが行く手を阻む
3
藪道を行く
2016年05月16日 07:55撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪道を行く
1
ミツバツツジ
2016年05月16日 07:57撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ
2
シャクナゲの花
2016年05月16日 08:25撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの花
5
笹薮を抜けきると主尾根に合流。
2016年05月16日 08:36撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹薮を抜けきると主尾根に合流。
1
荒海山登山コースの表示。
2016年05月16日 09:01撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒海山登山コースの表示。
1
ちょっと気持ち良い新緑。
2016年05月16日 09:01撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと気持ち良い新緑。
2
ピンクのツツジ
ちょっと気持ちよさそう
2016年05月16日 09:27撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクのツツジ
ちょっと気持ちよさそう
6
厳しい岩尾根に咲くシャクナゲ
2016年05月16日 09:33撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厳しい岩尾根に咲くシャクナゲ
4
元気をくれます
2016年05月16日 09:43撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元気をくれます
8
山頂です
2016年05月16日 10:35撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です
2
強風、雨、霧に包まれた山頂に立つ
いつもと違って厳しそう
2016年05月16日 10:35撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風、雨、霧に包まれた山頂に立つ
いつもと違って厳しそう
7

感想/記録

今回の最後の山行が荒海山だ。
出発直前になって、正規登山道が豪雨災害の為、通行禁止で入山できないことがわかる。
急遽、人が入らない戸坪沢登山口に変更する。
調査不十分で尾根の取り付きを見つけるのに苦労する結果となる。

6時過ぎに広いチェーン脱着場に駐車して出発する。
林業作業場を通過し最初の小さな沢を渡渉する。林道を道なり歩くが、尾根に合流できず、しかも方向がずれていることに気づく。
最初の渡渉点まで戻り、漸くそれらしき道と赤テープを発見し進むと戸坪沢の左股に着く。そこを渡渉した地点が尾根の取り付きだった。
時間はAM7:00だ。良くあることだが時間をロスする。

踏み跡のない笹薮の斜面を登りきると、それらしき尾根になり赤テープが着けられている。
途中から雑木やシャクナゲの藪道になる。藪の中、尾根の稜線を外さないように登る。
所々にピンク色のシャクナゲとミツバツツジが咲き元気をくれる。
AM8:30最後の笹薮を通り過ぎ、取り付きから1時間半で広い主尾根の山道に合流する。

ガスが湧き風も強くなり天候は下り坂になる。
正規の尾根道を山頂に向け歩きだす。
尾根道は意外に狭く、何度もアップダウンを繰り返しながら標高をあげてゆく。
尾根道は急坂の岩稜になりこの山の核心部に近づく。
雨に濡れ滑りやすい3か所のロープ場を通過すると見通しの良い痩せ尾根が南から東方向に曲がり、暫く進むと避難小屋が見えてくる。
AM10:30山頂に到達する。

山頂は雨と霧で何も見えない。風が強く急いで山頂避難小屋に退避する。
AM11:00小屋で昼食を済ませ、雨具を装着し下山を開始する。
上りで少し苦労したけれど、下りは何度も登った山のような感覚でスムーズに下山できた。
「このルートを一人で登るのは嫌だな」と思ったが大変「記憶に残る山」となった。

今回の山行で登った福島の会津朝日岳、一切経山、荒海山の3つの山。
それぞれの個性を持った素晴らしい山でした。

訪問者数:863人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ