ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 868869 全員に公開 ハイキング丹沢

ヤビツ峠からの塔ノ岳。犬と一緒に。

日程 2016年05月08日(日) [日帰り]
メンバー minea, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ヤビツ峠駐車場に駐車。朝6時過ぎで5台程度で余裕あり。
菩提峠駐車場の存在を知らず登山道入り口まで1.5km歩き・・・。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間2分
休憩
2時間33分
合計
10時間35分
Sヤビツ峠06:3508:14三ノ塔08:1808:47烏尾山荘08:5310:08新大日茶屋10:1010:10木ノ又大日10:53塔ノ岳12:4013:18新大日茶屋13:3014:35烏尾山荘14:4715:25三ノ塔15:3517:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下山はお散歩タイムとなり、かなりまったり下ってます〜。
コース状況/
危険箇所等
特になし。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

さぁ登ろう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ登ろう!
1
三ノ塔より富士山!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔より富士山!
2
鳥尾山荘。なかなかの△ぷり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥尾山荘。なかなかの△ぷり。
途中すれ違った黒犬。堂々と歩いてましたよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中すれ違った黒犬。堂々と歩いてましたよ。
2
なかなかの高度感。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの高度感。
1
新大日山で一休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日山で一休憩。
6
遠くに木ノ又小屋が見える。塔ノ岳はその先。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに木ノ又小屋が見える。塔ノ岳はその先。
こうやってみると凄い場所を歩いているように見えますねぇ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうやってみると凄い場所を歩いているように見えますねぇ。
1
迫力ありますねぇ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力ありますねぇ。
山頂では年に一度のお祭が!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂では年に一度のお祭が!
3
あぁ〜、あそこまで歩くのね、、的な1枚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あぁ〜、あそこまで歩くのね、、的な1枚。
1
写真がじゃわかりにくいけど迫力ある風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真がじゃわかりにくいけど迫力ある風景。
拾い上げて、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拾い上げて、
3
いい感じの岩場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じの岩場。
4

感想/記録
by minea

昨年登った塔ノ岳。
今回は丹沢山まで行こうとし、バカ尾根を登るのがイヤでヤビツ峠から出発。
太ももが筋肉痛だけど塔ノ岳人気を改めて認識した1日でした。

みねあは初塔ノ岳。
今回も自力で頑張りました。

ヤビツ峠を出発し、しばらくアスファルトをてくてく。
ようやく登山らしくなり富士山が見え始めた頃、ここらの常連と思われるおじさんに「菩提峠駐車場の方が近いよ。ヤビツ峠より」と急に話しかけられた。なぜヤビツに停めたのを知ってるんだ!(犬と歩いているのを見かけたらしい) しばしおじさんとの会話を楽しみながら三ノ塔へ。おじさんはそこで下山していきました。

長い。
そこから塔ノ岳まではアップダウンの繰り返し。バカ尾根の方が楽だったのでは?
楽したいわけではないが、あまりのアップダウンにそんな事を考えてしまう。
しかーし! 景色はグッド!バカ尾根より良い!(と思う)

山頂に到着した時の達成感は登りのキツさに比例する。
絶対、そう思う。

山頂に到着すると何やら白装束の方が。
名前は忘れましたが、年に一度のお祭との事で山頂にいた方と共に祈祷。
年に一度とはなかなかのタイミングである。また来年同じ時期に行こうと思ってしまう。次こそは丹沢山へ!?

そう。このお祭り参加に時間をかけすぎ、丹沢山を断念したのであります。
なかなか遠いね。丹沢山。

結果的にあの時間から丹沢山目指してたら間違いなく帰りは真っ暗なので、ベストな選択でした。階段が多く太ももが疲れたしね。


すれ違いの方に沢山褒めてもらった、みねあ。
山頂でいっぱい写真撮ってもらった、みねあ。
幸せ者ですねぇ。

あ、そういえば登りの鎖場手前付近で真っ黒の犬と遭遇。
今回の犬はその一頭だけでした。

鎖場は流石に登れないので、クレーンの荷物の如く引っ張りあげられます。
みねあは、この高度の鎖場は初めてかな。
犬がいるので鎖はあまり使わず三点確保で登ります。鎖を触らないで登るとなかなかのロッククライミングですね。とても楽しかった。笑

丹沢山はやっぱり一泊かなぁ。
一泊なら鍋割山も余裕を持っていけるしね。

丹沢山よ、待っててね。
今日も楽しかったね。
訪問者数:343人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ