ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 869066 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

モミ谷出合いからモミ谷の左岸尾根を登りモミ谷の頭へ

日程 2016年05月08日(日) [日帰り]
メンバー HIDEJI325
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
入川渓谷観光釣場:500円/日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間33分
休憩
43分
合計
8時間16分
Sスタート地点07:1708:31赤沢出合08:4112:12モミ谷ノ頭12:3014:10赤沢出合14:2515:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■入川観光釣場−赤沢谷出合
以前走っていたトロッコの軌跡を辿る。遊歩道のようになっており、入川渓谷の左岸を歩く。特に問題となる箇所はないと思うが、途中で落石があった。崩落している斜面や谷間を通過するときには注意が必要。

■赤沢谷出合−モミ谷沢(バリエーションルート)
ここにもトロッコの軌跡があり、赤沢谷の右岸を進む。ここを訪れる人はまれだと思われる。落石や倒木が放置されている箇所もあり、かなり荒れている。白泰沢出合いの手前に大きな崩落地があり、そこだけ沢に下りた。

■モミ谷出合い−1790m峰−モミ谷ノ頭(バリエーションルート)
モミ谷出合いから左岸側の尾根に取り付く。この区間はテープやリボンの類は一切無く、また踏み跡もない。ここを登る人は滅多にいないのでは思われる。
特に標高1,400mくらいから始まるシャクナゲの藪は洒落にならない程きつい。
巻く事も出来ず後半は5m進むのに5分程かかったりした。1790m峰のピークも藪に覆われ、モミ谷の頭にどうやって向かえばいいのか躊躇するほどだが、そこは20mほど強引に進むと藪から解放される。コルから少し登り返すとモミ谷ノ頭に着く。

■モミ谷ノ頭ー(東へ伸びる尾根)−赤沢谷出合(バリエーションルート)
モミ谷ノ頭から東へ登る尾根を下る。途中、倒木や枯れたスズタケなどがあって歩き辛い。また、尾根は幅広く地形図では分からない起伏が多く、何度か正しいルートが分からなくなった。途中から顕著な尾根を下るようになると、一般ルートに合流し、あとは登山道に従って赤沢谷の出合いに至る。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

500円(/日)支払って入川観光釣場に駐車しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
500円(/日)支払って入川観光釣場に駐車しました。
1
入川渓谷観光釣り場の横を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入川渓谷観光釣り場の横を進みます。
しばらくトロッコ軌跡(森林軌道)を進む。しっかりとレールが残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくトロッコ軌跡(森林軌道)を進む。しっかりとレールが残っています。
1
その昔トロッコを走らせるために、岩盤を削ったり大変だったと思われます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その昔トロッコを走らせるために、岩盤を削ったり大変だったと思われます。
1
1時間程度歩いて、赤沢谷出合に到着。ここでしばし休憩をとる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間程度歩いて、赤沢谷出合に到着。ここでしばし休憩をとる。
入川の源流側
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入川の源流側
ここから赤沢谷へ向かいます。3台の自転車がデポされている。なるほどここまで自転車は楽ができそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから赤沢谷へ向かいます。3台の自転車がデポされている。なるほどここまで自転車は楽ができそう。
1
森林軌道の歴史
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林軌道の歴史
赤沢吊り橋を渡り、しばし九十九折に斜面を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢吊り橋を渡り、しばし九十九折に斜面を登ります。
赤沢谷の右岸を高巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢谷の右岸を高巻きます。
先に分岐が現れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に分岐が現れた。
十文字峠へ向かう一般登山道は斜面を登るが、モミ谷へはまだまだ赤沢谷沿いを進みますので、分岐はそのまま真っ直ぐに進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十文字峠へ向かう一般登山道は斜面を登るが、モミ谷へはまだまだ赤沢谷沿いを進みますので、分岐はそのまま真っ直ぐに進みます。
2
こちらのルートは訪れる人は、まれに釣り人が来る程度で、道は荒れています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらのルートは訪れる人は、まれに釣り人が来る程度で、道は荒れています。
左側に植林を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側に植林を見る。
ミツバツツジが散見される。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジが散見される。
切通しがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切通しがありました。
2
こんな山奥で石垣と軌道跡を見るとすごい違和感を覚える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな山奥で石垣と軌道跡を見るとすごい違和感を覚える。
2
途中で、大崩落地があり、そこだけ沢におりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で、大崩落地があり、そこだけ沢におりました。
2
下から見上げた崩落地。こういう場所で休憩してはなりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見上げた崩落地。こういう場所で休憩してはなりません。
1
白泰沢との出合いを横目に先へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白泰沢との出合いを横目に先へ進みます。
バイカオウレン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイカオウレン
完全に苔むした橋台の石垣。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に苔むした橋台の石垣。
河原に一升ビンが散乱していた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原に一升ビンが散乱していた。
左斜面を見ると石垣があったが、ここに小屋でもあったのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左斜面を見ると石垣があったが、ここに小屋でもあったのだろうか。
モミ谷出合に到着。ここが軌跡の終着とのことだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミ谷出合に到着。ここが軌跡の終着とのことだ。
3
左側にモミ谷が流れる。さぁ、どこから取り付こうか、モミ谷の左岸をよく観察する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側にモミ谷が流れる。さぁ、どこから取り付こうか、モミ谷の左岸をよく観察する。
この斜面から取り付いてみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜面から取り付いてみた。
1
苔むした奥秩父らしい斜面を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした奥秩父らしい斜面を登る。
足元は落ち葉が堆積して登りづらいが、手足を総動員して登る。振り返った斜面は途中が見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元は落ち葉が堆積して登りづらいが、手足を総動員して登る。振り返った斜面は途中が見えない。
取り付きから50m程登るとモミ谷左岸尾根に出たというか、尾根らしくなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付きから50m程登るとモミ谷左岸尾根に出たというか、尾根らしくなった。
1
自然林の明るい尾根を順調に進むと1400mあたりから石楠花が増えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然林の明るい尾根を順調に進むと1400mあたりから石楠花が増えてきた。
1
シャクナゲは見頃を迎えたのではないだろうか。良い感じで咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲは見頃を迎えたのではないだろうか。良い感じで咲いていた。
2
だんだんと藪の密度が濃くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんと藪の密度が濃くなってきた。
踏み跡もなく、深い藪のなか、どこなら突破できるか考えながら進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡もなく、深い藪のなか、どこなら突破できるか考えながら進む。
1
シャクナゲのバリケードのようだ。正面突破がむずかしくなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲのバリケードのようだ。正面突破がむずかしくなってきた。
1
開けた場所に出た。振り返って見えた山は和名倉山のゆだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた場所に出た。振り返って見えた山は和名倉山のゆだ。
山頂に近づくにつれ、藪も薄くなると思ったが、その逆だった。
下を見ると、かなりの斜度なのが分かる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に近づくにつれ、藪も薄くなると思ったが、その逆だった。
下を見ると、かなりの斜度なのが分かる。
ピークに出たから、これで藪もおしまいだと思ったら、先にまだピークがあってショック。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークに出たから、これで藪もおしまいだと思ったら、先にまだピークがあってショック。
1
シャクナゲをかき分けて進むのが辛くなってきた。いつになったら藪から解放されるのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲをかき分けて進むのが辛くなってきた。いつになったら藪から解放されるのだろうか。
1
シャクナゲのバリアを跨いだり、匍匐前進したり、5m進むのに5分程掛かったり。半分、心が折れてました(^_^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲのバリアを跨いだり、匍匐前進したり、5m進むのに5分程掛かったり。半分、心が折れてました(^_^;)
1
また開けた場所に出た。今度は武甲山が見えた。あの山を見ると何だかホッとする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また開けた場所に出た。今度は武甲山が見えた。あの山を見ると何だかホッとする。
1
どうやら1790m峰のピークに出たようだ。しかしこのピークは藪に占領されている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやら1790m峰のピークに出たようだ。しかしこのピークは藪に占領されている。
これからの進行方向である南を見ると奥に破風山が見える。その手前の茶色く頭を出しているのがモミ谷ノ頭。あそこまでどうやって、この藪を抜けて行こうか。だんだん焦り出してきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これからの進行方向である南を見ると奥に破風山が見える。その手前の茶色く頭を出しているのがモミ谷ノ頭。あそこまでどうやって、この藪を抜けて行こうか。だんだん焦り出してきた。
2
藪に頭を突っ込んで、いろいろも眺めてみると下りられそうな箇所を見つけた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪に頭を突っ込んで、いろいろも眺めてみると下りられそうな箇所を見つけた。
1
20〜30mも下がるとコルになる。そのまま進みモミ谷ノ頭を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20〜30mも下がるとコルになる。そのまま進みモミ谷ノ頭を目指す。
三角点のあるモミ谷ノ頭に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点のあるモミ谷ノ頭に到着。
3
ここで昼食を取りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで昼食を取りました。
さぁ、これから東に延びる尾根を下って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、これから東に延びる尾根を下って行きます。
枯れたスズタケも多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れたスズタケも多い。
1700m辺りから尾根が広がり、尾根が分りづらくなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1700m辺りから尾根が広がり、尾根が分りづらくなります。
1
地形図に現れない凸凹もあり、何度か道を間違えてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図に現れない凸凹もあり、何度か道を間違えてしまいました。
1
途中でギンリョウソウを何カ所か見かけました。まだ芽を出したばかりのようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中でギンリョウソウを何カ所か見かけました。まだ芽を出したばかりのようでした。
1
やっと一般登山道にたどり着きました。下に3名の釣り人がおられました。私が鈴をジャラジャラと鳴らしながら、変な所から下りてきたので、物珍しくいろいろと聞かれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと一般登山道にたどり着きました。下に3名の釣り人がおられました。私が鈴をジャラジャラと鳴らしながら、変な所から下りてきたので、物珍しくいろいろと聞かれました。
1
赤沢谷出合に戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢谷出合に戻りました。
ここは荒川の起点だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは荒川の起点だそうです。
1
赤沢谷出合に停めらえていた自転車は、さきほどお会いした3名の方々の自転車のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢谷出合に停めらえていた自転車は、さきほどお会いした3名の方々の自転車のようです。
1
トロッコ軌跡を淡々と1時間ほど歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロッコ軌跡を淡々と1時間ほど歩きます。
駐車場にやっと戻る事が出来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場にやっと戻る事が出来ました。

感想/記録

今回は原生林が広がる奥秩父の秘境とも呼べる荒川の源流部を歩いてみました。
ここは昭和初期の頃に木材運搬用として活躍したトロッコの軌跡が、ある事でも知られています。当時を偲ばせる軌跡を辿り、赤沢谷を上り、モミ谷との出合いからモミ谷の左岸尾根を上り詰め、1,790峰からモミ谷ノ頭という1,795mを目指します。
そしてモミ谷の頭からは東に延びる尾根を下って一般ルートに戻るという20km近い、日帰りとしてはタフなバリエーションルートです。
久しぶりの激藪ルートに心が折れそうになりました。
しかし苔むした倒木やカラマツなのか分からないが自然林など奥秩父の深山の雰囲気を十分に味わう事が出来ました。
この日に山中でお会いしたのは、赤沢出合でハイカーさんが1人、釣り人の3名だけでした。
訪問者数:201人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ