ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 869189 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

常念岳

日程 2016年04月29日(金) 〜 2016年04月30日(土)
メンバー hystere, その他メンバー2人
天候晴れ時々曇り小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
0分
休憩
4時間45分
合計
4時間45分
Sスタート地点10:1510:15常念岳登山者用駐車場10:3010:30一ノ沢登山口11:0011:00山ノ神11:2011:20王滝ベンチ11:20烏帽子沢12:0012:00笠原沢13:3013:30常念小屋15:0015:00宿泊地
2日目
山行
0分
休憩
5時間0分
合計
5時間0分
宿泊地08:0008:00山ノ神12:0012:00一ノ沢登山口12:00常念岳登山者用駐車場13:0013:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
胸突八丁からは急登です上り下りで12本アイゼンとストックで登りました
下はピッケルを使おうと思いましたが、全般的にストックの方が安定するのでストックでいきました。
上り下りでいずれも雪の緩んだ時でしたので、硬い時にはピッケルの方がよいと感じました。

沢筋は夏道が全て出ておらず、木の間を縫って歩きます。
狭く枝が当たるのでザックの外付けをしていると引っかかって歩きにくいと思いました。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 テント

写真

稜線に登りきり常念岳方面を眺める
2016年04月29日 16:23撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に登りきり常念岳方面を眺める
翌日の早朝、赤く染まる槍ヶ岳
2016年04月30日 07:09撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日の早朝、赤く染まる槍ヶ岳
槍ヶ岳アップ
2016年04月30日 07:09撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳アップ
1
おそらく燕岳方面
2016年04月30日 07:12撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おそらく燕岳方面
1
日が昇りきって槍穂高方面がくっきり見える
2016年04月30日 07:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が昇りきって槍穂高方面がくっきり見える
1
景色はいいが風が強い!
2016年04月30日 07:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色はいいが風が強い!
1
槍はアップしてしまいますな
2016年04月30日 07:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍はアップしてしまいますな
1
穂高方面
2016年04月30日 07:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高方面
1
穂高方面
2016年04月30日 07:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高方面
1
小屋へ戻る
2016年04月30日 08:26撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋へ戻る
風が強かったが我らテントたちは踏ん張ってくれた
2016年04月30日 08:26撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強かったが我らテントたちは踏ん張ってくれた

感想/記録

ゴールデンウィークに仲間たちとテント泊を計画、前回秋のテント泊から間が空い他ので比較的楽な北アルプスのうたの燕岳か常念岳にしぼる、
燕は混みそうなイメージだったので常念に決定。
実際、駐車場に車は少なく29日にあった登山者は少なかった。
翌日は大量の登り登山者と遭遇しましたが、

当初常念岳の計画はピッケルなし軽アイゼン10本でよいかなと思っていましたが
直前に風と気温の低下が予想されたので冬山フル装備に切り替えました
結果的に常念周辺は昼頃は天気も良く雪も緩んでいたので軽アイゼンでもよかったかなと思いましたが、雪が硬かったら厳しかったと思います

29日夕方は常念周辺は風が強いもののガスにはならず、
穂高槍方面は厚い雲に覆われて荒れていそうな感じでした
夜になって雪も降りましたが積もるほどではなく助かりました

翌朝は風が強かったのですが、突風の吹く頻度が下がったので常念岳をピストンして帰りました

今年の北アルプスは各地で荒れた中、何事もなく綺麗な景色を楽しめて運がよかったと思います。
訪問者数:81人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ