ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 869307 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

奥秩父主脈テント泊縦走4泊5日の山旅

日程 2016年04月29日(金) 〜 2016年05月03日(火)
メンバー kazamaru
天候はれ☀
アクセス
利用交通機関
電車
奥多摩駅 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
7時間4分
休憩
30分
合計
7時間34分
七ツ石小屋06:2806:59ブナ坂07:47奥多摩小屋07:4807:57ヨモギノ頭07:5908:21小雲取山08:2208:35雲取山避難小屋08:44雲取山08:4508:51雲取山避難小屋08:5309:21三条ダルミ09:2209:55狼平11:00北天のタル11:1911:55飛龍権現神社(祠)11:5612:01禿岩12:0212:29大ダル12:3014:02将監小屋
3日目
山行
8時間57分
休憩
46分
合計
9時間43分
将監小屋05:1605:35牛王院平(牛王院北)05:3605:41山ノ神土05:4207:03黒エンジュ分岐07:0607:26シラベ尾根07:44水干尾根分岐07:4507:49水干(多摩川源頭部)07:5007:57笠取山西07:5808:08雁峠避難小屋(旧雁峠山荘)08:0908:13雁峠08:1708:54燕山09:55水晶山10:30雁坂峠11:11雁坂嶺12:09東破風山12:4213:09破風山13:37破風山避難小屋14:59甲武信小屋
4日目
山行
11時間13分
休憩
32分
合計
11時間45分
甲武信小屋05:1305:35甲武信ヶ岳05:3706:19水師06:2006:52富士見06:5707:19両門ノ頭07:58東梓08:0508:40国師ノタル08:4110:55国師ヶ岳10:5811:05三繋平11:0611:09前国師ヶ岳11:1011:26夢の庭園11:33大弛峠11:4012:49朝日峠13:12大ナギ13:30朝日岳14:39金峰山14:43五丈石14:4415:06金峰山小屋分岐15:12千代の吹上15:1315:26砂払の頭15:2716:25大日小屋16:2616:34鷹見岩分岐16:58富士見平小屋
5日目
山行
3時間53分
休憩
1時間34分
合計
5時間27分
富士見平小屋04:3905:00瑞牆山・八丁平分岐05:0105:02桃太郎岩05:45大ヤスリ岩05:4905:54瑞牆山06:1506:31大ヤスリ岩06:3206:57桃太郎岩07:0007:05瑞牆山・八丁平分岐07:19富士見平小屋08:2109:01みずがき山荘09:0310:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今年は積雪量が少ない感じでした。木賊山、国師ヶ岳、朝日岳周辺は雪があります。軽アイゼンを着けたのは、国師ヶ岳北面、大弛峠〜金峰山、砂払ノ頭〜大日岩。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 テント ガイド地図 コンパス 筆記具 ライター 保険証 飲料 ティッシュ バンドエイド タオル 携帯電話 計画書 雨具 防寒着 スパッツ 手袋 ストック ビニール袋 替え衣類 シュラフ ザックカバー クマよけ鈴 食器 水筒 時計 非常食
備考 くちびるが日焼けしました。リップクリーム必須

写真

奥多摩駅に到着。登山列車状態。
2016年04月29日 09:00撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅に到着。登山列車状態。
1
警察と消防のお出迎えを受ける。登山届を提出、いざスタート。
2016年04月29日 09:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
警察と消防のお出迎えを受ける。登山届を提出、いざスタート。
登山道脇は、蕨の最盛期。
2016年04月29日 10:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇は、蕨の最盛期。
1
新緑の石尾根
2016年04月29日 10:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑の石尾根
3
鷹ノ巣山手前。視界が開けます。
2016年04月29日 14:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山手前。視界が開けます。
鷹ノ巣山に到着。
2016年04月29日 14:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山に到着。
1
山々の向こうに富士山
2016年04月29日 14:29撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山々の向こうに富士山
鷹ノ巣山非難小屋付近は風が強かったので、七つ石小屋でテント泊。
2016年04月29日 15:56撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山非難小屋付近は風が強かったので、七つ石小屋でテント泊。
1
最も奥の一等地にテントを設営。
2016年04月29日 16:44撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最も奥の一等地にテントを設営。
5
明日への活力。銀シャリに小さめ丼。
2016年04月29日 18:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日への活力。銀シャリに小さめ丼。
5
おはようございます。気持ちよく晴れました。
2016年04月30日 05:25撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます。気持ちよく晴れました。
2
霜柱ザクザク。解ける前に通り過ぎたいですね。
2016年04月30日 06:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱ザクザク。解ける前に通り過ぎたいですね。
1
お馴染みの木。
2016年04月30日 07:19撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染みの木。
1
天気が良いので、最新機器を投入。スマートフォンの電源を確保。
2016年04月30日 07:36撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良いので、最新機器を投入。スマートフォンの電源を確保。
6
奥多摩小屋到着。テント多数。
2016年04月30日 07:59撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋到着。テント多数。
小雲取からの絶景。
2016年04月30日 08:32撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雲取からの絶景。
1
雲取山。霜柱が解けてドロドロ。
2016年04月30日 08:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山。霜柱が解けてドロドロ。
1
雲取山から先は狭いシングルトラック
2016年04月30日 09:44撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山から先は狭いシングルトラック
1
禿岩からの眺め。これから越えて行く山々。
2016年04月30日 12:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
禿岩からの眺め。これから越えて行く山々。
1
将監小屋でテント泊。豊富な水とバイオトイレ。
2016年04月30日 14:12撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監小屋でテント泊。豊富な水とバイオトイレ。
2
メシを炊きながら、温かいテントの中で1日の汗を拭う。小さめどんぶり麻婆なす丼。旨し。ペットボトルに入れてきた竹鶴の残量が気になる。
2016年04月30日 15:56撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メシを炊きながら、温かいテントの中で1日の汗を拭う。小さめどんぶり麻婆なす丼。旨し。ペットボトルに入れてきた竹鶴の残量が気になる。
4
将監峠から先のシングルトラック。気持ちのよい朝。
2016年05月01日 05:45撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監峠から先のシングルトラック。気持ちのよい朝。
2
黒エンジュのベンチでおにぎりタイム。昨日のうちに行動食として、チビおにぎりを3個作りました。
2016年05月01日 07:17撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒エンジュのベンチでおにぎりタイム。昨日のうちに行動食として、チビおにぎりを3個作りました。
4
広々とした水干への道。遊歩道ですね。
2016年05月01日 07:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々とした水干への道。遊歩道ですね。
多摩川の源頭。最初の一滴。
2016年05月01日 08:01撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多摩川の源頭。最初の一滴。
1
雁峠。大好きな場所です。ここでもおにぎり。
2016年05月01日 08:21撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠。大好きな場所です。ここでもおにぎり。
1
雁坂峠が見えてきました。
2016年05月01日 10:35撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂峠が見えてきました。
1
雁坂領でものすごい若者に出会いました。手作りの背負子に地下足袋、しかもニン棒を突きながら。覆い被さる枝に難儀をしながらスタスタと歩いて行きました。
2016年05月01日 11:44撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂領でものすごい若者に出会いました。手作りの背負子に地下足袋、しかもニン棒を突きながら。覆い被さる枝に難儀をしながらスタスタと歩いて行きました。
2
破風山のツインズ
2016年05月01日 11:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山のツインズ
破風山非難小屋
2016年05月01日 13:48撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山非難小屋
1
縞枯の道を木賊山へ
2016年05月01日 14:06撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縞枯の道を木賊山へ
甲武信小屋への巻き道。雪は有りましたが、アイゼンは必要ありませんでした。
2016年05月01日 14:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋への巻き道。雪は有りましたが、アイゼンは必要ありませんでした。
1
甲武信小屋に到着。テント場はかなり埋まっています。
2016年05月01日 15:10撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋に到着。テント場はかなり埋まっています。
1
端っこの少し斜めったところに設営。後からも続々と登山者が来ました。
2016年05月01日 16:25撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
端っこの少し斜めったところに設営。後からも続々と登山者が来ました。
3
のりたまごはんは明日のおにぎり用です。ついに最後の竹鶴に手を出す。
2016年05月01日 17:10撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のりたまごはんは明日のおにぎり用です。ついに最後の竹鶴に手を出す。
2
甲武信ヶ岳。ご来光は見えません。雪もあまり無く、アイゼンは外しました。
2016年05月02日 05:46撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳。ご来光は見えません。雪もあまり無く、アイゼンは外しました。
2
これから向かう国師ヶ岳、金峰山。今日の目的地は富士見平。遠いな〜
2016年05月02日 05:47撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう国師ヶ岳、金峰山。今日の目的地は富士見平。遠いな〜
国師のタル。この辺りまでは積雪無し。しかし、この後の国師ヶ岳への急登はズルズルのズボズボ。大変でした。
2016年05月02日 08:52撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師のタル。この辺りまでは積雪無し。しかし、この後の国師ヶ岳への急登はズルズルのズボズボ。大変でした。
1
国師ヶ岳。ご褒美が待っていました。
2016年05月02日 11:07撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳。ご褒美が待っていました。
2
途切れていた線がつながりました。思わず記念撮影。
2016年05月02日 11:10撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途切れていた線がつながりました。思わず記念撮影。
10
踏み跡多数で、迷うことはありません。
2016年05月02日 11:16撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡多数で、迷うことはありません。
1
金峰山が近くなってきました。
2016年05月02日 11:22撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山が近くなってきました。
1
大弛小屋。お昼前に着きました。これなら富士見平まで何とかなりそうだ。
2016年05月02日 11:44撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛小屋。お昼前に着きました。これなら富士見平まで何とかなりそうだ。
1
五丈石が大きくなります。
2016年05月02日 13:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈石が大きくなります。
そして稜線に出ると、
2016年05月02日 14:30撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして稜線に出ると、
八ヶ岳と瑞牆山の絶景。
2016年05月02日 14:49撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と瑞牆山の絶景。
2
富士見平小屋。所要時間12時間。小屋の主人によると“この時期にしては早い方だよ”だそうだ。また、不動の滝は全面結氷、横尾山から飯盛山の間は人が入っていないので、ひたすら藪コギなんだそうな。疲労の蓄積もあり、明日は瑞牆山を空身でピストンして下山することにする。
2016年05月02日 17:09撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋。所要時間12時間。小屋の主人によると“この時期にしては早い方だよ”だそうだ。また、不動の滝は全面結氷、横尾山から飯盛山の間は人が入っていないので、ひたすら藪コギなんだそうな。疲労の蓄積もあり、明日は瑞牆山を空身でピストンして下山することにする。
2
平らな場所にテント設営。カミさんにメールで連絡。持参の竹鶴を全て消費して爆睡。
2016年05月02日 17:54撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平らな場所にテント設営。カミさんにメールで連絡。持参の竹鶴を全て消費して爆睡。
2
翌朝、瑞牆山へ一番乗り。風が強く、天気は下り坂。
2016年05月03日 06:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、瑞牆山へ一番乗り。風が強く、天気は下り坂。
2
覗き込めば、雲海と影瑞牆山。
2016年05月03日 06:16撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覗き込めば、雲海と影瑞牆山。
3
瑞牆山の登山道。ヘルメットが欲しくなるようなガレ場の急登です。この後、大勢の登山者が登ってきます。
2016年05月03日 06:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山の登山道。ヘルメットが欲しくなるようなガレ場の急登です。この後、大勢の登山者が登ってきます。
1
鎖場もありました。家族連れの人たちはだいじょうぶだったかな。
2016年05月03日 06:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場もありました。家族連れの人たちはだいじょうぶだったかな。
1
瑞牆山。想像より険しかった。
2016年05月03日 07:23撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山。想像より険しかった。
2
富士見平小屋に戻ってきました。
2016年05月03日 07:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋に戻ってきました。
ちょうどテントも乾いています。撤収して下山しましょう。
2016年05月03日 07:32撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうどテントも乾いています。撤収して下山しましょう。
1
瑞牆山荘に着きました。広大な駐車場が全て埋まり、路上駐車まであります。そして続々と登っていきます。恐るべし。
2016年05月03日 09:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘に着きました。広大な駐車場が全て埋まり、路上駐車まであります。そして続々と登っていきます。恐るべし。
1
ひたすら舗装道路を下る。
2016年05月03日 09:33撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら舗装道路を下る。
カミさんと待ち合わせの黒森下のバス停。
2016年05月03日 10:15撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カミさんと待ち合わせの黒森下のバス停。
1
いい旅でした。おしまい
2016年05月03日 10:41撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい旅でした。おしまい
7

感想/記録

 一身上の都合により一昨年の11月より、山仲間の皆さんには何の音沙汰も無しにしてしまい、申し訳ありませんでした。誠に身勝手ではありますが、sanpo69さんの後押しもあり、ヤマレコ復活させていただきたいと思います。
 さて、今年はちょうど50歳。逃げ場の無い責任世代。人間ドックでは、ストレスが原因と思われる要注意箇所がチラホラ見つかる今日この頃。
 折りしも晴天の兆しのゴールデンウィーク。体力のあるうちに何かどっぷりと浸かるような山旅がしたいと思い今回に至りました。衣食住酒を全て背負い(最後が最も重要)、補充するのは水だけ。見渡す限り全て山また山の奥秩父をひたすら歩く。携帯電話の鳴らない気ままな山旅を、どっぷりと堪能して来ることが出来ました。
 色々と我がままを聞いてくださった皆さん、特に快く迎えに来てくれたカミさん。本当に有難う。バリバリ仕事するから、また行かせてね。
訪問者数:195人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/15
投稿数: 1150
2016/5/10 20:13
 ヤマレコ復帰、お待ちしてました\(^o^)/
kazamaruさん、こんばんわ(^o^)/
ご無沙汰しています。
密かに復帰を心待ちにしてました
レコを拝見できて、嬉しくてコメントさせてもらいました。
奥秩父縦走♪
新緑のキラキラ輝く緑色が素敵ですね。
また、山中で4泊できる贅沢な時間を過ごされたのですね。羨ましいです。
甲武信ヶ岳から富士見小屋まで、テン泊装備でサラッと歩かれてしまうとは
さすがkazamaruさんだなあと思いました。
機会がありましたらお山でお会いできること、
また、今後もレコを拝見できるのを楽しみにしています。
お疲れ様でした。
登録日: 2011/4/23
投稿数: 77
2016/5/11 6:01
 Re: ヤマレコ復帰、お待ちしてました\(^o^)/
mipomipoさん、コメントありがとうございます。
こちらこそご無沙汰して申し訳ありません。
”山中で4泊できる贅沢な時間”
まさに贅沢とは何かを実感することが出来た山旅でした。
働く世代にとっては、様々な条件が揃わないと実現出来ないですよね。
本当に良かった 。
登録日: 2010/7/11
投稿数: 1459
2016/5/11 7:51
 祝 復帰!
kazamaruさん おはようございます

笑顔が素敵で優しいkazamaruさん

また、一緒に登りましょう
登録日: 2011/4/23
投稿数: 77
2016/5/11 12:17
 Re: 祝 復帰!
URU57さん コメントありがとうございます。
ご無沙汰して申し訳ありません。
どこかの で一杯やりたいですね
こちらこそよろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ