ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 869598 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

雨乞岳(群界尾根〜雨乞岳(清水頭経由)〜クラ谷道)

日程 2016年05月08日(日) [日帰り]
メンバー tka1961
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東名阪・四日市ICを降り、国道477号、鈴鹿スカイラインを経て武平峠トンネルの滋賀県側の駐車スペースへ…15台程度駐車可能です。朝7時過ぎの到着で、6台程度の駐車です。武平峠トンネル周辺には、他にも駐車スペースがありました。確認できていませんが、トイレは、地図で見ると武平トンネルの三重県側の駐車場にあるようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
1時間17分
合計
6時間44分
S武平トンネル西登山口07:2107:49沢谷峠08:13沢谷ノ頭08:1808:51三人山09:33東雨乞岳09:3809:49雨乞岳09:5110:04南雨乞岳10:0510:31清水頭11:2711:52南雨乞岳12:09雨乞岳12:1412:20東雨乞岳12:2112:38七人山のコル12:3913:22クラ谷分岐13:32沢谷峠14:03武平トンネル西登山口14:0414:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口→群界尾根→東雨乞岳→雨乞岳→南雨乞岳→清水頭→雨乞岳→東雨乞岳→クラ谷道→登山口のコースでの山行です。
登山口は、駐車場左にある橋を渡った所にあります。山道の狭い所、谷道では、道がえぐれている所などもありますが、慎重にいけば問題ありませんでした。雨乞岳〜南雨乞岳に行く際、笹が頭までかぶり山道を見失いそうになりますが、短い距離なので、ここも慎重にいけば大丈夫だと思います。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ツェルト ストック

写真

湯の山温泉より、鈴鹿スカラインを通り、武平峠へ… トンネルを超えて直ぐ左にある駐車場(無料)に止めました。7時過ぎに到着しました。6台程度の駐車がありました。
2016年05月08日 07:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の山温泉より、鈴鹿スカラインを通り、武平峠へ… トンネルを超えて直ぐ左にある駐車場(無料)に止めました。7時過ぎに到着しました。6台程度の駐車がありました。
1
登山口は、武平トンネルの滋賀県側にある駐車場を左に出ると橋があります。橋を渡って、直ぐ右に登山口が、あります。
2016年05月08日 07:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口は、武平トンネルの滋賀県側にある駐車場を左に出ると橋があります。橋を渡って、直ぐ右に登山口が、あります。
1
登山口です。可愛らしい、登山ポストです。
2016年05月08日 07:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口です。可愛らしい、登山ポストです。
1
登り始め。赤テープもしっかり付けてもらっていて、登り易い登山道です。
2016年05月08日 07:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始め。赤テープもしっかり付けてもらっていて、登り易い登山道です。
1
登山口から歩き始めて30分程度で、群界尾根への道と、クラ谷への道の分岐点に出ます。特に何の表示もありません。左にルートし、群界尾根を目指します。
2016年05月08日 07:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から歩き始めて30分程度で、群界尾根への道と、クラ谷への道の分岐点に出ます。特に何の表示もありません。左にルートし、群界尾根を目指します。
クラ谷道との分岐点から少し登ると、右と左に道が分かれていました。左は、鈴鹿スカイラインです。右に進みます。
2016年05月08日 07:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラ谷道との分岐点から少し登ると、右と左に道が分かれていました。左は、鈴鹿スカイラインです。右に進みます。
短い尾根道にでます。少し歩いて、左手の木にテープがの目印があったので左に折れ下っていきます。車の音が聞こえていたので、また、スカイラインからの登り口では?と思いつつ、下って行きましたが、直ぐに群界尾根の登り道になります。
2016年05月08日 07:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短い尾根道にでます。少し歩いて、左手の木にテープがの目印があったので左に折れ下っていきます。車の音が聞こえていたので、また、スカイラインからの登り口では?と思いつつ、下って行きましたが、直ぐに群界尾根の登り道になります。
1
群界尾根の登り始めの道です。左手に鎌ヶ岳が見えます。
2016年05月08日 08:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
群界尾根の登り始めの道です。左手に鎌ヶ岳が見えます。
1
左手に見えた、鎌ヶ岳です。
2016年05月08日 08:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に見えた、鎌ヶ岳です。
2
イワウチが、咲いていました
2016年05月08日 08:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチが、咲いていました
シャクナゲです。もう、ぼちぼち花も終わりかもしれません。花が、登山道にたくさん落ちていました。
2016年05月08日 08:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲです。もう、ぼちぼち花も終わりかもしれません。花が、登山道にたくさん落ちていました。
3
緑のコントラストが、綺麗です。
2016年05月08日 08:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑のコントラストが、綺麗です。
少し道が、急になってきました。
2016年05月08日 08:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し道が、急になってきました。
1
三つ葉つつじが咲いていました
2016年05月08日 08:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ葉つつじが咲いていました
長くそこそこ急な山道を登ってきました。いつの間にか、周りが笹だらけです。東雨乞岳までは、あとひと踏ん張りです。
2016年05月08日 09:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長くそこそこ急な山道を登ってきました。いつの間にか、周りが笹だらけです。東雨乞岳までは、あとひと踏ん張りです。
1
笹が刈られ堆積しているので、少し歩きにくいですが、これがないと藪漕ぎ、必至です。回りの笹は肩ぐらいの高さです。
2016年05月08日 09:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹が刈られ堆積しているので、少し歩きにくいですが、これがないと藪漕ぎ、必至です。回りの笹は肩ぐらいの高さです。
3
春リンドウが咲いていました。
2016年05月08日 09:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春リンドウが咲いていました。
雨乞岳と南雨乞岳
2016年05月08日 09:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳と南雨乞岳
1
東雨乞岳に到着しました。大パノラマが広がっています。
2016年05月08日 09:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳に到着しました。大パノラマが広がっています。
4
東雨乞岳からの、伊吹山方面
2016年05月08日 09:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳からの、伊吹山方面
1
東雨乞岳からの、釈迦ヶ岳です。
2016年05月08日 09:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳からの、釈迦ヶ岳です。
1
東雨乞岳から、綺麗な稜線が続いています。雨乞岳に向かいます。
2016年05月08日 09:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳から、綺麗な稜線が続いています。雨乞岳に向かいます。
2
雨乞岳山頂。山頂は狭く、清水頭からの帰りに12時頃は、記念撮影の、登山者の方でいっぱいでした。
2016年05月08日 09:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳山頂。山頂は狭く、清水頭からの帰りに12時頃は、記念撮影の、登山者の方でいっぱいでした。
4
雨乞岳山頂から、南雨乞、清水頭に向かいます。笹の中に突入です。
2016年05月08日 09:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳山頂から、南雨乞、清水頭に向かいます。笹の中に突入です。
2
笹が、顔の高さまで来ました。
2016年05月08日 09:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹が、顔の高さまで来ました。
2
とうとう笹は、頭の上です。でも、短い距離です。
2016年05月08日 09:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうとう笹は、頭の上です。でも、短い距離です。
2
頭の上まであった笹はなくなり、視界がひらけました。
2016年05月08日 09:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭の上まであった笹はなくなり、視界がひらけました。
1
南雨乞岳、到着です。標高1207m
2016年05月08日 10:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雨乞岳、到着です。標高1207m
1
清水頭へ向かいます。
2016年05月08日 10:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水頭へ向かいます。
1
清水頭が見えて来ました。
2016年05月08日 10:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水頭が見えて来ました。
清水頭に到着
2016年05月08日 10:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水頭に到着
2
清水頭で、昼ご飯です。
2016年05月08日 10:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水頭で、昼ご飯です。
清水頭から見た南雨乞岳です。
2016年05月08日 11:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水頭から見た南雨乞岳です。
2
南雨乞岳から、雨乞岳の笹の中で、登山道をロスト。一旦、来た道を戻り、登山道に復帰。
2016年05月08日 12:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雨乞岳から、雨乞岳の笹の中で、登山道をロスト。一旦、来た道を戻り、登山道に復帰。
1
東雨乞岳からウラ谷堂へ下ります。
2016年05月08日 12:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳からウラ谷堂へ下ります。
2
しっかり踏みしめられた、歩き易い道を下ります。
2016年05月08日 12:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかり踏みしめられた、歩き易い道を下ります。
1
心地よい水の音を聞きながら、涼しい川べりを、でクールダウンしながら歩きます。
2016年05月08日 12:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地よい水の音を聞きながら、涼しい川べりを、でクールダウンしながら歩きます。
1
トリカブトが群生している所がありました。花は、見たことはないのですが、8月終わり頃から、紫の花をつけるようです。
2016年05月08日 12:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブトが群生している所がありました。花は、見たことはないのですが、8月終わり頃から、紫の花をつけるようです。
2
群界尾根の分岐まで戻ってきました。
2016年05月08日 13:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
群界尾根の分岐まで戻ってきました。
1
登山口まで戻ってきました。向こうに見えるのが武平峠のトンネル(滋賀県側)です。橋を渡って右が、駐車場です。お疲れさまでした。
2016年05月08日 14:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました。向こうに見えるのが武平峠のトンネル(滋賀県側)です。橋を渡って右が、駐車場です。お疲れさまでした。
1
撮影機材:

感想/記録

東雨乞岳は、360度の周りの山々を眺望できます。昼食をとるなら、ここか清水頭が良いと思います。雨乞岳山頂は、狭く、この日は、登山者も多く、大盛況でした。
訪問者数:299人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ