ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 869746 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走九州・沖縄

2016年GW 淀川登山口〜宮之浦岳〜荒川登山口(自己記録用)

日程 2016年05月02日(月) 〜 2016年05月03日(火)
メンバー sat01, その他メンバー2人
天候1日目晴れ、2日目大雨
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
神戸港まで高速道路、宮崎カーフェリーで九州上陸、鹿児島港に車を置いて
高速船トッピーで屋久島へ。帰りは熊本のお手伝いに行くという父と別れ、主人と鹿児島から飛行機で帰宅。
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間27分
休憩
1時間59分
合計
8時間26分
S淀川登山口06:2007:00淀川小屋07:1508:20見晴台08:3008:50花の江河08:5509:06分岐09:3009:30投石平09:4511:30宮之浦岳12:2014:46新高塚小屋
2日目
山行
5時間13分
休憩
1時間24分
合計
6時間37分
新高塚小屋05:4606:50高塚小屋07:1506:50縄文杉07:1509:06上り口10:06楠川トイレ10:4011:58荒川登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道はとても良く整備されているし、水場も至る所にある。
連休中の晴天の為、登山道は大渋滞であろうと予想していたが、宮之浦岳山頂以降は小屋までほとんど誰とも合わず、静かな屋久島を楽しめた。(翌日が雨の予報であった為?)
「連休中はテント必須」という事だったので、テントを持参したが、幸い新高塚小屋にらくらく入る事ができた。(結局は満員になったが)

過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

お世話になった民宿を朝5時にタクシーで出発、予約しておいたお弁当やさんに寄ってから淀川登山口へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になった民宿を朝5時にタクシーで出発、予約しておいたお弁当やさんに寄ってから淀川登山口へ。
淀川登山口。大勢います。登山届がポストに入らない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淀川登山口。大勢います。登山届がポストに入らない。
淀川小屋。水場はどこかと思ったら、流れる川そのものだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淀川小屋。水場はどこかと思ったら、流れる川そのものだった。
途中屋久シカが。新高塚小屋まで3回会った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中屋久シカが。新高塚小屋まで3回会った。
宮之浦岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮之浦岳山頂
新高塚小屋でアルファ米とうどん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新高塚小屋でアルファ米とうどん。
縄文杉まで下ってきた。誰もおらず、貸切状態。
携帯が入るという事なので、ここでタクシーの予約をした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縄文杉まで下ってきた。誰もおらず、貸切状態。
携帯が入るという事なので、ここでタクシーの予約をした。
お約束。このウィルソン株を過ぎてから雨が降り出し、やがて前線の通過で暴風雨に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束。このウィルソン株を過ぎてから雨が降り出し、やがて前線の通過で暴風雨に。
川のように水が流れるトロッコ道をひたすら歩き、荒川登山口に到着。流れる水が綺麗なので靴が綺麗になった。
一応、風雨をしのげる建物はある。中には更衣室もあり着替えも可能。バスの時間まで2時間以上あったので、タクシーを呼んでおいて正解だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川のように水が流れるトロッコ道をひたすら歩き、荒川登山口に到着。流れる水が綺麗なので靴が綺麗になった。
一応、風雨をしのげる建物はある。中には更衣室もあり着替えも可能。バスの時間まで2時間以上あったので、タクシーを呼んでおいて正解だった。

感想/記録
by sat01

交通手段に悩まされる旅だった。関東に住む人間としてはやはり屋久島はアクセスが大変。
カーフェリーに乗ってたどり着いた鹿児島港で、県営駐車場1〜6全て停められず、あわや高速船に乗り遅れるかと思った。(旦那が走って市内のコインパーキングを見つけてくれ、間に合った)これに乗り遅れたらすべてがキャンセルになった為、彼に感謝。
帰路の高速船も朝イチ7時の安房港発に乗る予定が、前日の嵐の為 出港地が宮之浦港へ変更になり、宿泊地の安房港近くの宿から臨時連絡バス(有料)で移動する事になった(タクシーの運転手さん曰く、宮之浦から安房へ高速船を移動させるのに燃料がドラム缶3缶ほど必要になる為、すぐに安房から宮之浦へ変更になるとの事。)。
しかも、当日の臨時バスの乗車停留所を
屋久島のガイドしている下山日の宿のご主人に聞いたが、停まらない停留所を教えてくれて・・・前日に何か変だと思い、自力で確かめに行くと、やはり間違っていた。
これに乗り遅れていたら後の行程がすべて狂うところだった。
「地元の人に聞くのが一番」という概念が壊れた。
上記のように、悪天等の為、安房港から宮之浦港へ高速船トッピーの出発地が変更になった場合、「できたて屋2」の前の「安房」には臨時バスは停まりません。
これは、観光センターの人も最初は間違えたくらいなので、分かりにくいみたい。

訪問者数:42人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

テント 水場 テン アルファ米
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ