ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 869885 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

硫黄岳

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー yobj(記録), その他メンバー1人
天候稜線上は 強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
1時間6分
合計
6時間51分
S桜平07:4208:14夏沢鉱泉08:3309:45オーレン小屋10:2913:02硫黄岳13:0314:09ヒュッテ夏沢14:1014:10山びこ荘14:1114:33オーレン小屋14:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
オーレン小屋〜赤岩の頭まで 残雪しっかりあり 硫黄岳は強風でした。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー 行動食 飲料 食器 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ

写真

三井の森から 唐沢鉱泉分岐を超えて 神社に一礼して。。
2016年05月01日 05:51撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三井の森から 唐沢鉱泉分岐を超えて 神社に一礼して。。
途中 夏沢鉱泉で 登山届を出して 手ぬぐい勝手 オーレン小屋に向かいます。。今日現在 曇り空。。 
2016年05月01日 08:36撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中 夏沢鉱泉で 登山届を出して 手ぬぐい勝手 オーレン小屋に向かいます。。今日現在 曇り空。。 
残雪 所どころに。。 ここからは車の入らない ほんとの登山道
2016年05月01日 09:09撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪 所どころに。。 ここからは車の入らない ほんとの登山道
中央が富士山型に 盛り上がって 残った踏み固められた
残雪の登山道を チェーンアイゼンを付けて 登っていきます。。
2016年05月01日 09:09撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央が富士山型に 盛り上がって 残った踏み固められた
残雪の登山道を チェーンアイゼンを付けて 登っていきます。。
今年は残雪少なく 渓流の雪溶け水も 少ないです。
2016年05月01日 09:14撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は残雪少なく 渓流の雪溶け水も 少ないです。
黙々と先を進みます。。
2016年05月01日 09:34撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黙々と先を進みます。。
オーレン小屋のテント場は GWでも 空いてます。。オーレン小屋で 今夜の泊りのチェックイン先に済ませ 荷物を軽くしてそそくさと テント場奥から 赤岩の頭経由で 硫黄岳を目指します。。
2016年05月01日 10:32撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋のテント場は GWでも 空いてます。。オーレン小屋で 今夜の泊りのチェックイン先に済ませ 荷物を軽くしてそそくさと テント場奥から 赤岩の頭経由で 硫黄岳を目指します。。
樹林帯の中はいきなり 残雪で 最初から チェーンアイゼン
前爪のアイゼンは オーレン小屋に置いてきました。
2016年05月01日 10:42撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の中はいきなり 残雪で 最初から チェーンアイゼン
前爪のアイゼンは オーレン小屋に置いてきました。
空が見え始めると 風が 吹き抜けるのを感じて
稜線上の 風が心配に。。
2016年05月01日 11:22撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が見え始めると 風が 吹き抜けるのを感じて
稜線上の 風が心配に。。
峰の松目との分岐を 左に 赤岩の頭を目指します。
2016年05月01日 11:54撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の松目との分岐を 左に 赤岩の頭を目指します。
最後の急登の雪原を登り詰めると。。
2016年05月01日 11:54撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の急登の雪原を登り詰めると。。
稜線の上から 谷を隔てた 対岸に 赤岳 阿弥陀岳 横岳が
並んで 残雪を被って 現れます。。
2016年05月01日 12:23撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の上から 谷を隔てた 対岸に 赤岳 阿弥陀岳 横岳が
並んで 残雪を被って 現れます。。
硫黄岳方面も 残雪と 強風が 吹いていて
登るのは 妨げています。。
2016年05月01日 12:23撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳方面も 残雪と 強風が 吹いていて
登るのは 妨げています。。
登るに 連れて 赤岳が より 迫って見えてきます。。
2016年05月01日 12:33撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るに 連れて 赤岳が より 迫って見えてきます。。
強風の 硫黄岳の稜線とゆうより 石だらけの平らな 台地で
そそくさと 写真撮り ケルンに別れを告げ。。
2016年05月01日 12:58撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風の 硫黄岳の稜線とゆうより 石だらけの平らな 台地で
そそくさと 写真撮り ケルンに別れを告げ。。
強風の中を石室を 左に見て 夏沢峠側に 急ぎます。。
2016年05月01日 12:59撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風の中を石室を 左に見て 夏沢峠側に 急ぎます。。
雲の動きが 早いです。。
2016年05月01日 12:59撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の動きが 早いです。。
一応 硫黄岳の最高点の 道標を撮って。。
2016年05月01日 13:01撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応 硫黄岳の最高点の 道標を撮って。。
爆裂孔側を右に見ながら 強風で 飛ばされそうになりながら
ジグザグの 下降路を 降ります。。
2016年05月01日 13:17撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂孔側を右に見ながら 強風で 飛ばされそうになりながら
ジグザグの 下降路を 降ります。。
樹林帯の中まで 戻ると 風は一気に感じなくなり
チェーンアイゼンを付けて 夏沢峠から 降ります。。
2016年05月01日 14:16撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の中まで 戻ると 風は一気に感じなくなり
チェーンアイゼンを付けて 夏沢峠から 降ります。。
この チェーンアイゼンは お買い得で 着け外しが
簡単で 春先の 所どころの残雪には 威力発揮します。。
2016年05月01日 14:16撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この チェーンアイゼンは お買い得で 着け外しが
簡単で 春先の 所どころの残雪には 威力発揮します。。
オーレン小屋に戻ってきましたら 少しテントが増えていました。
2016年05月01日 16:17撮影 by KYY24, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋に戻ってきましたら 少しテントが増えていました。
撮影機材:

感想/記録
by yobj

GW前に オーレン小屋 予約して 雪の様子は 例年より ずっと少ないとのこと
で 車を 置いていく 桜平まで 雪は 皆無で 夏タイヤの 4WDで
出掛けました。
天気は心配でしたが 一日目としては 思っていたよりは 天候はマシな方で
しかし 稜線上は 予定通り 強風が 吹き荒れてました。
残雪は チェーンアイゼンで 無雪期より 歩きやすいかと。。
二日目の天気に期待して オーレン小屋泊。。
訪問者数:58人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ