ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 870004 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道東・知床

雌阿寒岳と阿寒富士

日程 2016年05月10日(火) [日帰り]
メンバー kodakoda, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
56分
合計
5時間5分
S雌阿寒温泉登山口08:2010:35雌阿寒岳10:5011:44阿寒富士12:1513:15雌阿寒岳13:2513:25雌阿寒温泉登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
アイゼンなしで山頂まで行けます。(1合目・2合目辺りは雪が凍っている箇所があり。滑りやすいので注意です。)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール

写真

国道から見た雌阿寒岳と阿寒富士。昨年より、体重3キロ増の体で無事に登れるか?
2016年05月10日 07:53撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道から見た雌阿寒岳と阿寒富士。昨年より、体重3キロ増の体で無事に登れるか?
登山スタートです。久しぶりの大きな山なのでゆっくりと慎重に登って行きます。
2016年05月10日 08:21撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山スタートです。久しぶりの大きな山なのでゆっくりと慎重に登って行きます。
この辺りの雪は凍っていてとても滑りやすいです。慎重に登って行きます。
2016年05月10日 08:27撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの雪は凍っていてとても滑りやすいです。慎重に登って行きます。
2合目あたりから残雪が多くなり、すべるよりも埋まる方の心配が出てきます。
2016年05月10日 08:41撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2合目あたりから残雪が多くなり、すべるよりも埋まる方の心配が出てきます。
所々に登山者の方の踏み抜き後があります。
2016年05月10日 08:46撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々に登山者の方の踏み抜き後があります。
雪は適度に埋まる程度の雪質で、注意して歩けばアイゼンなしで進めます。
2016年05月10日 08:50撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は適度に埋まる程度の雪質で、注意して歩けばアイゼンなしで進めます。
雪渓が続きます。アイゼンはリュック内に持って行きましたが、結局使いませんでした。
2016年05月10日 08:50撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓が続きます。アイゼンはリュック内に持って行きましたが、結局使いませんでした。
ハイマツ潜り箇所。
2016年05月10日 09:11撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ潜り箇所。
所々に落とし穴があります。2回ほどズボッと踏み抜きました。
2016年05月10日 09:25撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々に落とし穴があります。2回ほどズボッと踏み抜きました。
麓から続くケーブルの終点。何かの観測装置です。
2016年05月10日 09:53撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓から続くケーブルの終点。何かの観測装置です。
殆ど風がない日でした。
2016年05月10日 09:55撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殆ど風がない日でした。
これは本格的にトレーニングしないとヤバイ位体力が低下している。(笑)相方は元気で、ずんずん進んで行きます。
2016年05月10日 10:10撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは本格的にトレーニングしないとヤバイ位体力が低下している。(笑)相方は元気で、ずんずん進んで行きます。
稜線に到着です。雌阿寒岳に初めて登った相方は火口を見てとても感激していました。
2016年05月10日 10:11撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に到着です。雌阿寒岳に初めて登った相方は火口を見てとても感激していました。
6
山頂到着。
2016年05月10日 10:36撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。
4
阿寒湖と雄阿寒岳です。
2016年05月10日 10:39撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒湖と雄阿寒岳です。
4
時間もあるので、トレーニングも兼ねて阿寒富士まで向かいます。
2016年05月10日 10:48撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間もあるので、トレーニングも兼ねて阿寒富士まで向かいます。
3
去年の同じ時期よりも噴煙が多いです。
2016年05月10日 10:52撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年の同じ時期よりも噴煙が多いです。
だいぶ近づいて来ました。
2016年05月10日 10:57撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ近づいて来ました。
1
ここからが本番です。
2016年05月10日 11:13撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが本番です。
砂浜の砂丘を歩いてる感じで、足が沈んでしまいとても疲れます。
2016年05月10日 11:19撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂浜の砂丘を歩いてる感じで、足が沈んでしまいとても疲れます。
毎回登って後悔します。でも1年経つと辛かったのを忘れてしまう。(笑)
2016年05月10日 11:26撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎回登って後悔します。でも1年経つと辛かったのを忘れてしまう。(笑)
3
阿寒富士からみる雌阿寒岳。
2016年05月10日 11:36撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒富士からみる雌阿寒岳。
4
阿寒富士山頂に到着です。
2016年05月10日 11:44撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒富士山頂に到着です。
5
阿寒富士からのオンネトー。
2016年05月10日 11:45撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒富士からのオンネトー。
2
阿寒富士下山後、振り返って撮影。オンネトーに下るコースはこの時期は雪がまだあり迷いやすいので、これから元来た道を再び登り返します。
2016年05月10日 12:33撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒富士下山後、振り返って撮影。オンネトーに下るコースはこの時期は雪がまだあり迷いやすいので、これから元来た道を再び登り返します。
3
行く時に間違えて直進してしまい、遠回りしてしまった箇所に合流。大きな雪渓は渡らないのが正解です。
2016年05月10日 12:40撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く時に間違えて直進してしまい、遠回りしてしまった箇所に合流。大きな雪渓は渡らないのが正解です。
登山道と火口の一番近い場所から撮影。風向きが逆なら登山道に確実に噴煙がかかります。
2016年05月10日 12:54撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道と火口の一番近い場所から撮影。風向きが逆なら登山道に確実に噴煙がかかります。
再び雌阿寒岳の登り。足がガクガクで大変でした。明らかに去年より体力が落ちている。(笑)
相方の方が元気です。
2016年05月10日 13:00撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び雌阿寒岳の登り。足がガクガクで大変でした。明らかに去年より体力が落ちている。(笑)
相方の方が元気です。
3
火口のアップ。「ゴー」っと凄い音が鳴っています。
2016年05月10日 13:06撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口のアップ。「ゴー」っと凄い音が鳴っています。
1
丁度良い岩に座り少し休憩です。
2016年05月10日 13:07撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁度良い岩に座り少し休憩です。
3
再び山頂に到着です。少し休んで直ぐに下山しました。
2016年05月10日 13:17撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び山頂に到着です。少し休んで直ぐに下山しました。
3
帰りの2合目、1合目辺りが一番滑って危険です。慎重に下ります。
2016年05月10日 14:58撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの2合目、1合目辺りが一番滑って危険です。慎重に下ります。
1
無事に下山。これから頑張って体力を戻さないと。
2016年05月10日 15:07撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山。これから頑張って体力を戻さないと。
4
下山後のオンネトーより。雌阿寒岳は火山の煙で白く霞んでいました。
2016年05月10日 15:32撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後のオンネトーより。雌阿寒岳は火山の煙で白く霞んでいました。
3
おまけ画像。摩周湖と斜里岳。
2016年05月10日 18:07撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ画像。摩周湖と斜里岳。
3
おまけ画像その2。東藻琴芝桜公園、6部咲き位でした。
2016年05月11日 11:18撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ画像その2。東藻琴芝桜公園、6部咲き位でした。
2
撮影機材:

感想/記録

久しぶりの大きな山でとにかく疲れました。
訪問者数:435人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン ハイマツ 雪渓 踏み抜き
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ