ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 870197 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

八幡谷から住吉道、七曲経由で六甲最高峰。ベルビュー道、油コブシ道で鶴甲に。

日程 2016年05月12日(木) [日帰り]
メンバー shinji50
天候晴れ。神戸市正午の気温19.6℃、南西の風5.0m/s、湿度52%
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き: JR摂津本山
帰り: 六甲ケーブル下駅神戸市バス106系JR六甲道下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
20分
合計
5時間44分
S八幡滝09:0909:46打越峠09:5010:09打越峠分岐10:1011:11本庄橋跡11:1311:16本庄堰堤北側の分岐11:59一軒茶屋12:0012:02六甲山12:1112:47カーブ9712:59極楽茶屋跡13:0013:14六甲石ころ亭フードテラス13:22みよし観音14:08油コブシ14:1014:51六甲ケーブル下駅14:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:40 JR摂津本山 - 9:00 八幡谷入口 - 9:48 打越峠 - 10:10 住吉道出合 - 10:55 雨ヶ峠分岐(通過) - 11:07 右岸渡渉(1回目) - 11:17 土樋割峠道合流 - 12:01 一軒茶屋 - 12:10 最高峰三角点 12:25 - ベルビュー道 - 13:14 ガーデンテラス - 13:47 油コブシ道上端 - 14:11 展望地 - 14:52 ケーブル下駅
コース状況/
危険箇所等
住吉道悪路。
その他周辺情報一軒茶屋横のトイレ少しきれいになっていました。写真番号についての自家用メモ:1-2:八幡谷,3-4:打越峠,5-9:住吉道,10-14:六甲山最高峰,15-15:ベルビュー道
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

八幡谷の山ノ神。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷の山ノ神。
1
打越峠に向かう先行者。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打越峠に向かう先行者。
黒五谷越えて住吉道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒五谷越えて住吉道。
1
ちょっと悪路になってるんやが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと悪路になってるんやが。
2
西おたふく山に向かう分岐。微妙や。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西おたふく山に向かう分岐。微妙や。
2
まあ、元気やわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあ、元気やわ。
2
住吉道後半は山腹路になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住吉道後半は山腹路になる。
3
そのあと雨ヶ峠の道と合流し、右岸に渡渉。ここつぶれていたらどうするんやろ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのあと雨ヶ峠の道と合流し、右岸に渡渉。ここつぶれていたらどうするんやろ。
3
最高峰手前から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰手前から。
1
最高峰付近。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰付近。
3
今日は凌雲台の方に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は凌雲台の方に行きます。
さようなら最高峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さようなら最高峰。
極楽茶屋跡からかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽茶屋跡からかな。

感想/記録

先日強めの雨降ったので、住吉川の流れを観察に出かけました。予想通り元気に流れていましたが、住吉道までビチャビチャになっているとは。今日は住吉道を辿るつもりでしたが、西おたふく山の渡渉点付近で、右岸から渡ってくる人いたので声かけました。80歳で魚釣りのために歩かれているようでしたが、その年まで山におれるのはうらやましい。
七曲の3合目で違和感あり、靴脱ぐと左に靴擦れできていました。先週石楠花山に行ったときにはなんともなかったのに。バンドエイド貼ってごまかしましたが、登りに引っかかるものがあるので、ベルビュー道は車道を通りました。
訪問者数:252人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 渡渉 右岸
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ