ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 870399 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

急遽の奈良遠征〜大峰山〜

日程 2016年05月04日(水) [日帰り]
メンバー colabiclboss
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は行者環トンネル駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
50分
合計
7時間0分
S行者還トンネル西口07:4008:40奥駈道出合09:10弁天の森09:50聖宝ノ宿跡10:30弥山小屋10:40弥山10:50弥山小屋11:2011:40八経ヶ岳12:0014:40行者還トンネル西口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特になし
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

感想/記録

ゴールデンウィーク後半、本来は妙高、火打あたりの雪山を登ろうと思っていたが、生憎天気はイマイチな気配。

直近の越後駒ヶ岳で悪天候(暴風)の恐ろしさを改めて認識したので、一か八かで悪天候の山に行くのは気が引けた。

ずっと天気予報とにらめっこしながら、西の方は良さそうな気配。友達と相談し、急遽西への遠征を決めた。

2日前だったが、運の良いことに1日目の宿と、レンタカーの予約は出来た。目的地は大峰山・大台ヶ原。まだ行ったことのない百名山を目指すことにした。

1日目は早朝の新幹線自由席に乗り、京都から奈良へ。レンタカーを借りて観光。2日目、3日目の大峰山、大台ヶ原の準備を整えた。

2日目は朝5時に奈良を出発し、行者環トンネルの駐車場へ。天川川合から駐車場への道は非常に狭く走りづらかったが、なんとか駐車場へ到着。駐車場に入れるかとの心配もしていたが、心配は無用で広い駐車場には余裕で泊めることができた。

そこから準備を整え、出発。
しばらく登ると山上ヶ岳、大普賢岳とおぼしき山が見えてくる。さらに数十分登り、主稜線に出ると、釈迦ヶ岳も見える。
弁天の森、聖宝の宿跡を通り弥山小屋の少し下に展望地がある。山上ヶ岳方面はここからの眺めが一番良かった。

とりあえず、弥山小屋からすぐにある弥山頂上まで行く。この近辺からは八経ヶ岳の眺めがいい。弥山頂上にはベンチがある。そこで昼食にしようとしたが、風が強いので、弥山小屋前の広場でご飯を食べる。

弥山小屋には近くに公衆トイレがあった。このトイレはかなりきれいなものだった。

そこから、八経ヶ岳まで20分程度。
八経ヶ岳は360度の展望。風は強かったが、しばらく写真を取って過ごした。
山頂ではお経を詠む人などもいて、流石信仰の山だと思った。

下山は来た道を戻る。思い返すと大峰山は頂上付近の倒木や、下の方の苔むした感じなんとなく蓼科山を思わせる雰囲気を感じだった。

駐車場にて山バッジを購入。八経ヶ岳、弥山、大峰山の3つが売っていた。どれもデザインはよかれとが八経ヶ岳を購入。

下山後は行者環トンネルを抜けて、上北山温泉へ。汗を流したら、近くにある商店で夜飲むためにビールを購入。和佐又山ヒュッテへ向かう。ここでテント泊をする。トイレも綺麗で広々としていて良い場所だった。夜は星も良く見えた。酒を飲んで、明日に備えて早めに就寝した。


訪問者数:61人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント 倒木 テン ヒュッテ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ