ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 870434 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

燕岳〜大快晴の北アルプスを満喫

日程 2016年05月12日(木) [日帰り]
メンバー yamaya1127
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
連休明けの平日ですので第1駐車場に余裕で停められました。無料。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
3時間9分
合計
9時間2分
Sスタート地点07:1707:27中房温泉07:3007:31中房温泉登山口07:3608:07第1ベンチ08:1608:31第2ベンチ08:4309:08第3ベンチ09:2109:48富士見ベンチ09:5410:18合戦小屋10:3910:56合戦山(合戦沢ノ頭)11:0111:50燕山荘12:3112:34いるか岩12:47めがね岩12:55燕岳13:2313:25めがね岩13:3913:49いるか岩13:5113:58燕山荘14:0914:28合戦山(合戦沢ノ頭)14:2914:36合戦小屋14:4714:59富士見ベンチ15:0115:14第3ベンチ15:1615:34第2ベンチ15:48第1ベンチ15:5016:11中房温泉登山口16:1216:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今年の雪の少なさは異常です。若干の残雪が有りますがほぼ夏山状態。一応持っていった軽アイゼンも使いませんでした。

中房温泉から富士見ベンチまでは全く雪は有りません。富士見ベンチを過ぎるとちらほら残雪が現れ、合戦小屋から燕山荘まではほぼ雪道です。
この日は気温が高くザクザクの腐れ雪でしたので、ツボ足で余裕で登れました。アイゼンを履いている方もおりましたか、逆に歩きにくそうでした。
この区間は夏道ではなく、稜線直登の冬道です。(標識有り)

燕の稜線は雪は無く完全に夏道です。
その他周辺情報有明温泉に入りました。日帰り入浴受付は17時までですのでご注意を。
17時までに入ればOKです。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ
備考 一応冬山装備を持っていったが出番は全く無し。

写真

中房温泉第1駐車場。
平日ですのでガラガラです。
2016年05月12日 07:17撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房温泉第1駐車場。
平日ですのでガラガラです。
2
中房温泉からスタート。快晴ですでに暑い。
2016年05月12日 07:40撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房温泉からスタート。快晴ですでに暑い。
1
落葉松の新緑がきれいです。
2016年05月12日 08:02撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落葉松の新緑がきれいです。
合戦尾根、急ですか整備が行き届いた歩き易い道です。
2016年05月12日 08:31撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦尾根、急ですか整備が行き届いた歩き易い道です。
随所に休憩ポイントが有ります。
2016年05月12日 09:16撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随所に休憩ポイントが有ります。
富士見ベンチ。この先からちらほらと残雪が現れます。
2016年05月12日 09:54撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見ベンチ。この先からちらほらと残雪が現れます。
富士見ベンチから見た富士山。
2016年05月12日 09:54撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見ベンチから見た富士山。
1
富士見ベンチを過ぎると残雪が途切れ途切れに現れます。
2016年05月12日 10:11撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見ベンチを過ぎると残雪が途切れ途切れに現れます。
合戦小屋。当面営業は土日のみです。(トイレは使えます)
2016年05月12日 10:43撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋。当面営業は土日のみです。(トイレは使えます)
1
合戦小屋からはほぼ雪道になります。この日は気温が高くアイゼン不要で楽々登れました。
2016年05月12日 10:43撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋からはほぼ雪道になります。この日は気温が高くアイゼン不要で楽々登れました。
1
残雪でルートがわかりにくくなりますが、しっかりと標識のポールが有りますので悪天候時もあんしんです。
2016年05月12日 10:51撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪でルートがわかりにくくなりますが、しっかりと標識のポールが有りますので悪天候時もあんしんです。
2
いよいよ「槍様」のお出ましです。
2016年05月12日 10:55撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ「槍様」のお出ましです。
槍をアップで!
2016年05月12日 10:55撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍をアップで!
2
森林限界を超え快晴の稜線をすすみます。
2016年05月12日 11:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超え快晴の稜線をすすみます。
1
空気も澄んでいて八ヶ岳、富士山、南アルプスがよく見えます。
2016年05月12日 11:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空気も澄んでいて八ヶ岳、富士山、南アルプスがよく見えます。
合戦の頭。大天井岳に続く稜線越しに槍ヶ岳。
2016年05月12日 11:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦の頭。大天井岳に続く稜線越しに槍ヶ岳。
合戦の頭からは冬道で稜線を直登します。
2016年05月12日 11:14撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦の頭からは冬道で稜線を直登します。
燕山荘へ、真っ青な空目指して進みます。
2016年05月12日 11:25撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘へ、真っ青な空目指して進みます。
大展望を振り返りながら進みます。
2016年05月12日 11:44撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大展望を振り返りながら進みます。
標高が上がると槍から穂高も見えて来ます。
2016年05月12日 11:44撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が上がると槍から穂高も見えて来ます。
1
いよいよ燕山荘がぐっと近くなりました。
2016年05月12日 11:44撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ燕山荘がぐっと近くなりました。
1
燕の稜線にたちました。すぐそばに燕岳山頂が見えます。
2016年05月12日 12:37撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕の稜線にたちました。すぐそばに燕岳山頂が見えます。
16
燕岳山頂に向かいます。振り返って燕山荘と槍ヶ岳。
2016年05月12日 12:38撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂に向かいます。振り返って燕山荘と槍ヶ岳。
4
イルカ岩
2016年05月12日 12:41撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イルカ岩
6
槍ヶ岳と北鎌尾根が圧倒的存在感を放っています。
2016年05月12日 12:44撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳と北鎌尾根が圧倒的存在感を放っています。
7
燕岳山頂にて。北燕岳と立山、剣。針ノ木岳、後立山連峰。
2016年05月12日 13:16撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂にて。北燕岳と立山、剣。針ノ木岳、後立山連峰。
2
薬師岳と裏銀座の山々。
2016年05月12日 13:17撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳と裏銀座の山々。
3
双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳、など。
2016年05月12日 13:17撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳、など。
2
遠くに笠ヶ岳。西鎌尾根と槍ヶ岳。
2016年05月12日 13:17撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに笠ヶ岳。西鎌尾根と槍ヶ岳。
1
大天井岳から槍に続く東鎌尾根、槍ヶ岳の向うに大キレットを超えて穂高の峰々。
2016年05月12日 13:17撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳から槍に続く東鎌尾根、槍ヶ岳の向うに大キレットを超えて穂高の峰々。
3
何度も取ってしまう槍ヶ岳。遠くに頭だけ出している笠ヶ岳も気になります。
2016年05月12日 13:17撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も取ってしまう槍ヶ岳。遠くに頭だけ出している笠ヶ岳も気になります。
4
裏銀座の山々をアップで。
2016年05月12日 13:17撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏銀座の山々をアップで。
2
剱・立山をアップで。右の黒い山は針ノ木岳かな?
2016年05月12日 13:18撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱・立山をアップで。右の黒い山は針ノ木岳かな?
3
燕岳山頂標識
2016年05月12日 13:18撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂標識
5
もう一度イルカ岩
2016年05月12日 13:54撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度イルカ岩
2
いつまでも見ていたい大展望を後に下山します。最後に槍ヶ岳を望んで下山の途につきました。
2016年05月12日 14:29撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつまでも見ていたい大展望を後に下山します。最後に槍ヶ岳を望んで下山の途につきました。
2
撮影機材:

感想/記録

全国的に晴れ!の天気予報を見て、急遽休暇を取って燕岳に行ってきました。

燕岳は過去何回も登っているのですが、いつも槍ヶ岳に行くついで、常念岳に行くついで、と、ちょっと申し訳ない登り方ばかりしておりました。
今日は燕岳が目的地、日帰りでは有りましたが、丸1日燕岳を満喫してきました。
異常に雪が少ない今年の春山。
例年ですとまだ雪がたっぷりの燕岳もほとんど「夏山」状態でした。

天気は予報通り快晴無風、合戦尾根の登りは暑くて大変でしたが、稜線に立つと湿度が低くて空気が澄み、遠くの山まではっきり見えました。
特に北アルプスの山々は北の白馬・後立山、剣・立山、裏銀座の山々、そして南の槍・穂高、全ての山が見えました。
次はどの山を登ろう、この夏のメインはこんなコースにしよう、等々、妄想がどんどん膨らんで来ました。
風もなく快適な山頂はなかなか立ち去りがたく、結局2時間近く頂上稜線に居ました。
このまま燕山荘に泊まり星空とご来光を仰ぎたい気持ちを抑えて下山するのは、相当大きな決断でした。

改めて燕岳のすばらしさを再認識した1日になりました。
訪問者数:723人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/9/29
投稿数: 119
2016/5/13 20:37
 大展望の燕でしたね
yamayaさん、こんばんは。
予定通りの燕山行、あわせて好天気なのでとっても楽しめたようですね。
これだけ好条件だと長時間滞在の稜線を楽しんじゃうのはもちろん、そのまま宿泊したくなっちゃうのも頷けます(今日の仕事がなければ...ですね)。
登山道も雪も少なく歩きやすい感じなんですね、来月半ば頃に奥さんと燕に行く予定なのでとても参考になります。あと1ヵ月も先なのでアイゼンも6本か軽アイゼンあたりで対処できる感じですか?
今回の山行では夏の歩くコースもほぼ決まった感じですね 、yamayaさんはどこを歩くのか楽しみだな!
登録日: 2012/10/4
投稿数: 248
2016/5/13 21:06
 Re: 大展望の燕でしたね
opiroさんこんばんは。
今日山に行ってお疲れのところ、早速コメント頂き恐縮しております。

燕は10回以上は登っているのですが、今までで1,2を争うほどの最高の条件に恵まれた良い山行になりました。
本当にこのまま星空と朝焼けが見たくなって、何とか今日下山しないで済むうまい理由が付かないかと真剣に考えました
でもまあいい大人ですから、そこはぐっとこらえて心を鬼にして下山しました。

積雪状態ですが1ヶ月先だと残念ながら殆ど残っていない様な気がします。
アイゼンは安心するお守りのつもりで軽アイゼンが有っても良いかと思いますが、多分使うことは無いかな〜と思います。

この夏の計画、昨日素晴らしい景色を見てしまったので、行きたいところばかりになってしまい、困っています。
何処に行くか迷っているのも楽しいので、決めるのはまた直前になると思います。
登録日: 2013/7/29
投稿数: 8
2016/5/13 21:58
 快晴のツバクロいいですね
yamaya1127さん、こんばんは。

あなたの写真見て、明日燕岳行くことにしました。
快晴になるかどうかはまだわかりませんが、写真のような風景が見れれば最高ですね。燕山荘に1泊の予定なので、可能であれば夕焼け、星空、朝焼けチャレンジしてみます。

道程詳しく書いてあるので、参考にします。ありがとうございます。
では……
登録日: 2012/10/4
投稿数: 248
2016/5/15 23:26
 Re: 快晴のツバクロいいですね
ksm2301さん、はじめまして。
私の下手な写真とつたない文章ではなかなか、この日の燕岳の良さは伝わらなかったかと思いますが、ご覧頂きありがとうございました。

予定通り燕岳に行かれましたでしょうか?
私が涙ながらに断念した(大げさですが )星空や朝焼けを楽しまれましたでしょうか?

まあ、山の天気は変わりやすいですから、なかなかこちらの思い通りには行かないものですが、もし曇っていたとしても、色々な人との出会や山小屋での楽しい語らい等、山で過ごす時間は天候にかかわらず楽しいものですよね

是非、ヤマレコにアップしてください、楽しみにしております。
コメントありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ