ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 870501 全員に公開 雪山ハイキング鳥海山

ホワイトアウト&暴風 鳥海山で地獄を見た

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー TAKSPEED
天候ホワイトアウト&暴風 のち快晴&強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湯の台。
除雪最終地点(ヘアピン手前)まで車で。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間27分
休憩
19分
合計
11時間46分
Sスタート地点02:2805:03滝ノ小屋05:0706:53河原宿小屋10:32伏拝岳10:43行者岳10:4511:07伏拝岳11:1412:50滝ノ小屋12:5614:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
外輪山に到着して登り返すまではログが止まったので手動で追加。
下りの道路からゴールまでは飛んでますがそのまま^^;
コース状況/
危険箇所等
道路は一部出ているものの、ほぼ雪道。
外輪山が近づくにつれ、クラックや空洞が目立つ。
外輪山上はそこかしこに深さ1m、直径50cmほどの穴が点在。
ホワイトアウト時には雪の状態を見極め、ルートファインドする必要がある。
その他周辺情報鳥海山荘が近くてよいお風呂。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

駐車地点でちょっとだけ星空を。。
2016年04月10日 02:10撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地点でちょっとだけ星空を。。
白んできた。
2016年04月10日 05:10撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白んできた。
ここまでは最高の予感だったのにw
2016年04月10日 05:10撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは最高の予感だったのにw
御来光!
2016年04月10日 05:38撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御来光!
1
ここで休もうと思ったのに(笑)
2016年04月10日 06:30撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで休もうと思ったのに(笑)
雪庇が雪崩れた跡
2016年04月10日 07:21撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇が雪崩れた跡
自分のトレースも数歩しか見えない。。
2016年04月10日 08:04撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分のトレースも数歩しか見えない。。
真っ白。。
2016年04月10日 08:31撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白。。
大きな岩を西に逃げつつ登る
2016年04月10日 09:10撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩を西に逃げつつ登る
全周えびの尻尾状態
2016年04月10日 09:21撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全周えびの尻尾状態
観音様が。。
2016年04月10日 09:50撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音様が。。
1
行者岳の先の梯子地点。
ここを降りたところで限界。
2016年04月10日 10:06撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者岳の先の梯子地点。
ここを降りたところで限界。
こういう穴がそこかしこに。。
2016年04月10日 10:13撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう穴がそこかしこに。。
ザックのファスナーにもエビのしっぽΣ(゜д゜lll)ガーン
2016年04月10日 10:22撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックのファスナーにもエビのしっぽΣ(゜д゜lll)ガーン
アイゼンのストラップもΣ(゜д゜lll)ガーン
2016年04月10日 10:22撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンのストラップもΣ(゜д゜lll)ガーン
登り返して発見した標柱。
2016年04月10日 11:24撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返して発見した標柱。
芸術品
2016年04月10日 11:27撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芸術品
すぐわきを登ったはずなのに、全然気づけなかった。。
2016年04月10日 11:28撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐわきを登ったはずなのに、全然気づけなかった。。
1
奇跡の青空の瞬間に!!
2016年04月10日 11:35撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇跡の青空の瞬間に!!
こんなになる!?(笑)
2016年04月10日 11:36撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなになる!?(笑)
すごいスピードで雲が流れると真っ青な空が。
2016年04月10日 11:43撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごいスピードで雲が流れると真っ青な空が。
近づいてみたが。。・・;)
2016年04月10日 12:19撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づいてみたが。。・・;)
ようやく全貌が見えてきたぞ!
2016年04月10日 12:34撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく全貌が見えてきたぞ!
豪快にシリセードで下る
2016年04月10日 12:41撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豪快にシリセードで下る
滝の小屋から外輪山方面。
見えてるし!^^
2016年04月10日 13:12撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の小屋から外輪山方面。
見えてるし!^^
道路はこんな状態。
ヘアピンはショートカットする。
2016年04月10日 13:58撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路はこんな状態。
ヘアピンはショートカットする。
振り返って。
しっかり晴れるときにきたいものだ。
2016年04月10日 14:11撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
しっかり晴れるときにきたいものだ。
1
撮影機材:

感想/記録

確かに強風の予報が出ていた。
これまでに鳥海山は二度登っており、外輪山まで上がれればなんとかなると思っていた。

車を出て道路をショートカットしつつ、登って行く。
宮様コースへの入り口は、地図とトレースで判明。
明瞭で力強く迷いのないトレースに従って進むが、
樹林帯が終わる直前で、忽然とトレースが消えた。。。
そこからはルーファイしながら進む。

滝の小屋で大休止する予定だったが、もうすぐ日の出の時間だったので、
その上の河原宿小屋で休むことにした。
地図では「閉鎖」とあったが、小屋脇で座って休むくらいできるだろう。。

八丁坂は夏道も若干でていたので、まだツボ足だったためそちらへ進んだが、
夏道は細く、雪がたまり踏み抜き多数。
おとなしく直登すればよかったと後悔。

御来光を眺め、河原宿小屋について愕然とした。
屋根しかでてないじゃないの(笑)
風も強まってきたので、仕方なく、ちょっと歩いたところの岩稜帯の中に身を潜めて朝食をとる。

さて、いよいよ外輪山へ向けての急登が始まるが、
上のほうは真っ白である。。
どうしたものか。天気図と予報では昼には晴れるはずであったので、
コンパスを手にそのまますすむことにした。
ものすごく長い急坂、しかもまわりは視界10mほどか。
iPhoneのGPSアプリで随時確認したいところだが、バッテリーを忘れてきてしまった。しかも気温は低くないが風が強いためか、しばらく出しているとすぐiPhoneが死んでしまう。。

外輪山手前まできたところで、大きな岩に行く手を阻まれる。
西側へ逃げつつ、なんとか登っていく。

どうにか外輪山に到着したころには、強風は暴風、いや、爆風になっており、
耐風姿勢を数十秒しては、ちょっと進み、また耐風姿勢。。
行者小屋の先の梯子について、下りたものの、その先には壁のような斜面が。
夏道は巻いていくのだが、道は見えず、また視界もないため、巻くのも怖い。
かと言って爆風の中登れるような壁ではなかったので、ここであきらめる。
火口への分岐から吹き上げる風に飛ばされると本気で思ったのである。

戻ろうと振り返った瞬間であった、
「装着していた」ニット帽とゴーグルが風に飛ばされた!!!!
幸い、数十メートルさきに留まってくれたので、回収できたが。。
あんなに恐ろしい思いをしたのは初めてで、岩陰に潜り込み、恐怖に震えながらお菓子を食べ、白湯を飲んで心を落ち着かせる。
「ぅわーーー!!!!!」と叫び気合を入れ出発。
とはいえ、自分のトレースを探すが、もともとアイゼンの爪先の跡しかないうえに強風とホワイトアウト。。すぐに見失ってしまった。。
雪の上にでたハイマツを外輪山の端と勘違いしたためか、いつのまにか変なところを下り初めていた。。
なんとかカイロで挟んで復活させたiPhoneのGPSで現在地を確認し、登り返してどうにかもとのルートに復帰できた。

と、それまでまったくホワイトアウトだった視界が若干晴れてきた!
助かった!!
写真を撮りつつ、こらから下るルートと方角を頭に叩き込む。

そこからは豪快にシリセードである。
傾斜がきつく、ピッケルで制動し、アイゼンをつけてブレーキをかけてゆるゆると500mほど一気に下るw
おかげでアウターパンツのお尻が白くなった(笑)

河原宿小屋に近づいたころ。
遠くにテントを設営する男性二名が見えた。
確かに見えた。

「いやー、上はやばいですよ!今日は行かないほうがいいですよ〜」
などと、話す内容を考えながら近づくと。。
そこには何もなかった。。(・・;
まったく、なーんにもなかったのである。。

とにかく!(笑)
滝の小屋まではまたシリセードで豪快に下り、
ご飯をたべ、生きた心地をかみしめながら下山した。


大好きな鳥海山で、地獄を見た。
やはり悪天候で無理をしてはいけない。。
訪問者数:99人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ