ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 870537 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

天城山 −初夏− 東伊豆周遊ルート

日程 2016年05月12日(木) [日帰り]
メンバー Lagopus1406
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間5分
休憩
2時間5分
合計
10時間10分
S片瀬白田海岸05:0007:50赤崩場08:15立岩08:4509:00万二郎岳10:0011:00万三郎岳11:2011:40戸塚山11:5013:25天城ハイランド別荘地13:3015:10片瀬白田駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<奈良本風車尾根>
登りに使った「風車尾根」は風力発電用の10基の風車が立ち並ぶ比較的なだらかで登りやすい尾根になります。
東伊豆の片瀬白田海岸を出発し、尾根末端の別荘地〜9号風車までは森の中を踏み跡や黄色テープ・赤色テープをたどっていきます。
下から2番目に位置する9号風車に到達すると展望が開け、周囲の山々や海・伊豆七島を望むことが出来るようになります。

<万二郎岳登山道>
古くからある登山道です。この登山道は赤テープとトラロープによってしっかりと案内されているため、道に迷う心配はありません。
‥仍各仔口〜赤崩場
下部は植林の森の中を進みます。一部森林整備道と重なる部分があり、その部分は森林整備道を歩いた方が良い。
植林地帯を抜けると落葉樹の急斜面に変わり、その斜面を登りきると、万二郎岳と箒木山を結ぶ鞍部「赤崩場」に到達する。
∪嵎場〜万二郎岳山頂
標高1000mの赤崩場から万二郎岳山頂までは、落葉樹とアセビが主体の林の中を、厳しい急登が連続する区間。急傾斜で滑りやすいので注意して下さい。
海から天城山まで、およそ4時間〜4時間30分くらいです。

<天城縦走路>
しっかりと整備され案内板も豊富な快適な登山道。

<戸塚尾根>
‐緝区間
戸塚山山頂〜標高1000m付近の奈良本林道交差地点にかけての区間は、ブナとヒメシャラが魅力的な尾根歩きになります。
明確な登山道はありませんが、薄く残るトレースと所々に残る赤テープを追って下って行きます。急斜面と緩斜面が交互に現れ、登りも下りもリズム良く歩くことが出来ます。
万二郎岳のような大展望地はありませんが、所々に木々の合間から万三郎岳や万二郎岳、青スズ台などの八丁池方面の山々が見られます。
中部区間
標高1000m付近〜天城ハイランド別荘地にかけての区間は、847m峰までは明瞭な尾根歩き、その後急斜面を下って別荘地内を通過して行きます。
急斜面はたいへん滑りやすいので注意が必要です。また急斜面脇の伐採地からは天城山・風車尾根・伊豆大島などの展望が望めます。
2蕊区間
戸塚尾根の下部区間は再び植林の深い森の中に入ります。
前半は森林管理用道路が残っていて問題ありませんが、後半はほんのわずかな踏み跡のみになるため注意が必要です。 分岐のない単調な尾根なので迷うことはないと思われますが、念のためコンパスを忘れずに!

<お花見情報>
○ミツバツツジ…万二郎岳南面&戸塚尾根は3〜8分咲き、天城主稜線はつぼみ〜4分咲き。
○アセビ…まだ満開の木もあるが、新芽の状態に移行中。
○アマギシャクナゲ…天城主稜線ではつぼみ〜3分咲き。花少ない。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ライト GPS 筆記用具 日焼け止め 保険証 時計 カメラ

写真

片瀬海岸の「はりつけの松」を眺めてスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片瀬海岸の「はりつけの松」を眺めてスタート。
3
風車尾根まで上がってくると一気に展望が開け、眩しいほどの青空が広がってくれた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風車尾根まで上がってくると一気に展望が開け、眩しいほどの青空が広がってくれた!
1
洋上には伊豆七島の島々が浮かび、どんどんせり上がってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洋上には伊豆七島の島々が浮かび、どんどんせり上がってくる。
3
風車尾根パノラマ台から天城山の山々を展望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風車尾根パノラマ台から天城山の山々を展望。
1
鮮やかな新緑色に衣替えした「万二郎岳」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮮やかな新緑色に衣替えした「万二郎岳」。
6
赤土がむき出しになった「赤崩場」も新緑でいっぱい!
標高はこのあたりで1000mになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤土がむき出しになった「赤崩場」も新緑でいっぱい!
標高はこのあたりで1000mになります。
3
巨岩「立岩」
登山道は右に行くが、少し寄り道をするため左へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩「立岩」
登山道は右に行くが、少し寄り道をするため左へ。
万二郎岳登山道で一番好きな場所。 ここでの休憩時間が「天城に来たなぁ〜」を一番感じる時です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎岳登山道で一番好きな場所。 ここでの休憩時間が「天城に来たなぁ〜」を一番感じる時です。
6
休憩ポイントからはオーシャンビュー、そして→
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩ポイントからはオーシャンビュー、そして→
1
下田&南伊豆方面が眺められます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下田&南伊豆方面が眺められます!
2
万二郎岳南斜面のミツバツツジは3〜5分咲き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎岳南斜面のミツバツツジは3〜5分咲き。
1
万二郎岳山頂到着!
クジラ岩が出迎えてくれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎岳山頂到着!
クジラ岩が出迎えてくれる。
1
<万二郎岳からの展望 
鬼の石積から万三郎岳の眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望 
鬼の石積から万三郎岳の眺望
4
<万二郎岳からの展望◆
鬼の石積から南伊豆方面
本日は手前の三筋山風車群だけでなく、はるか遠くに石廊崎風車群も見えます!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望◆
鬼の石積から南伊豆方面
本日は手前の三筋山風車群だけでなく、はるか遠くに石廊崎風車群も見えます!!
4
<万二郎岳からの展望>
鬼の石積から箒木山と伊豆七島の眺め
ただ東風の影響で海上は急速に靄ってきてしまった…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望>
鬼の石積から箒木山と伊豆七島の眺め
ただ東風の影響で海上は急速に靄ってきてしまった…
2
<万二郎岳からの展望ぁ
鬼の石積から眼下の鮮やかな新緑の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望ぁ
鬼の石積から眼下の鮮やかな新緑の様子
2
<万二郎岳からの展望ァ
山頂東端ガレ場から箒木山と伊豆大島
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望ァ
山頂東端ガレ場から箒木山と伊豆大島
2
<万二郎岳からの展望Α
山頂東端ガレ場から遠笠山と伊豆高原の眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望Α
山頂東端ガレ場から遠笠山と伊豆高原の眺望
2
<万二郎岳からの展望А
山頂北側展望地から富士山!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望А
山頂北側展望地から富士山!
4
<万二郎岳からの展望─
富士山のとなりには南アルプスの峰々がクッキリ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<万二郎岳からの展望─
富士山のとなりには南アルプスの峰々がクッキリ!
5
万二郎岳周辺のミツバツツジはまだつぼみのものが多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎岳周辺のミツバツツジはまだつぼみのものが多い。
2
それでも十分に目立つ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも十分に目立つ!
1
新緑との対比が美しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑との対比が美しい!
4
新緑の天城主稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑の天城主稜線
5
新緑の天城主稜線
ヒメシャラ・アセビ花・アセビ新芽・ミツバツツジetc…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑の天城主稜線
ヒメシャラ・アセビ花・アセビ新芽・ミツバツツジetc…
馬の背東展望地から新緑の万二郎岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背東展望地から新緑の万二郎岳。
2
馬の背東展望地から三筋山&下田方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背東展望地から三筋山&下田方面。
3
天城主稜線〜ブナの新緑〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天城主稜線〜ブナの新緑〜
2
天城主稜線〜彩りの散歩道〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天城主稜線〜彩りの散歩道〜
3
天城主稜線〜青空と新緑〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天城主稜線〜青空と新緑〜
1
万三郎岳山頂手前から遠笠山&伊東方面の眺望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎岳山頂手前から遠笠山&伊東方面の眺望。
2
万三郎岳山頂から北伊豆&箱根方面の眺望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎岳山頂から北伊豆&箱根方面の眺望。
1
冬とは大きくイメージが異なる戸塚山山頂。ここから戸塚尾根に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬とは大きくイメージが異なる戸塚山山頂。ここから戸塚尾根に入ります。
3
新緑のブナの巨木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑のブナの巨木。
戸塚尾根で一番好きな場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸塚尾根で一番好きな場所。
4
標高1180m付近のヒメシャラの森も新緑でいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1180m付近のヒメシャラの森も新緑でいっぱい。
1
標高1170m付近の二本ブナ
戸塚尾根歩行の良い目印になっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1170m付近の二本ブナ
戸塚尾根歩行の良い目印になっています。
2
みどり色の陽射し〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みどり色の陽射し〜
3
天城ハイランド別荘地最上部まで下りてくると再び展望が広がり、本日歩いた天城山の山々が一望出来る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天城ハイランド別荘地最上部まで下りてくると再び展望が広がり、本日歩いた天城山の山々が一望出来る。
2
森に入る手前で最後の一枚。
初夏の一日を楽しめました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森に入る手前で最後の一枚。
初夏の一日を楽しめました!
2

感想/記録


この時期の天城山は、多くの方が「アマギシャクナゲ」目当てで訪れると思いますが、近年のアマギシャクナゲはだんだん勢いが落ちてきているような気がしてちょっと気掛かりです…

それはさておき、5月の天城山は良いですね!
ブナとヒメシャラの新緑、その新緑と見事なコントラストを見せるミツバツツジなど、たくさんの見所があります。
特に本日のような青空が加わってくれれば言うことありません!
毎年来たくなる♪…そんな青と緑とピンクの競演でした。

訪問者数:946人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ