ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 870849 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走屋久島

宮之浦岳・2DAYS (白谷雲水峡ピストン)

日程 2016年05月11日(水) 〜 2016年05月12日(木)
メンバー Dragonland
天候5/11 曇りのち晴れ
5/12 晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク、 船、 飛行機

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間56分
休憩
2時間25分
合計
12時間21分
S白谷広場06:3306:37飛龍おとし06:4006:51さつき吊り橋06:5408:12白谷山荘08:2208:50辻峠09:24楠川分れ09:2810:30大株歩道入口11:0111:20ウィルソン株11:3012:45縄文杉12:4612:54高塚小屋12:5914:06新高塚小屋14:4815:31坊主岩15:3316:02平石16:0916:34焼野三叉路16:53宮之浦岳17:1617:27焼野三叉路17:53平石17:5418:20坊主岩18:2318:54新高塚小屋
2日目
山行
5時間37分
休憩
39分
合計
6時間16分
新高塚小屋06:5607:48高塚小屋07:5007:57縄文杉08:0009:01ウィルソン株09:1209:35大株歩道入口09:3910:57楠川分れ10:5811:48辻峠11:5512:25白谷山荘12:3012:50もののけの森12:5112:54さつき吊り橋12:5713:04飛龍おとし13:0613:11白谷広場13:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山道の状況
・危険箇所は特になし。
・沢の渡渉が数ヶ所あり、増水時は入れないことも。
・至るところに水の流れが出来てて、木道・木の根・岩が滑りやすい。
・白石雲水峡〜縄文杉までは、ガイドツアー等で渋滞。
その他周辺情報・楠川温泉
・尾乃間温泉 200円
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ スリング 環付カラビナ テント シュラフ

感想/記録

日本初の世界自然遺産、
屋久島・宮之浦岳へ行ってきました!

■行程
●5/10
羽田空港〜鹿児島空港〜鹿児島本港南埠頭〜宮之浦港(買い出し後、車中泊)

●5/11
白谷雲水峡〜白石山荘〜辻峠〜楠川別れ〜大株歩道入口〜ウィルソン株〜縄文杉〜高塚小屋〜新高塚小屋〜焼野三叉路〜宮之浦岳〜焼野三叉路〜新高塚小屋(テント泊)

歩行距離:21.87km
歩行時間:9時間56分
休憩時間:2時間25分(設営含む)

●5/12
新高塚小屋から往路を白石雲水峡へ下山

歩行距離:12.29km
歩行時間:5時間37分
休憩時間:39分

■注意点
・WCは指定場所で。携帯トイレを必ず持参し、登山口まで持ち帰ること!
・登山道の整備や屎尿処理は、我々県外からの登山者の協力金が原資です!
・山の中でも、東西南北で天候が異なることが多いそうです。風雨対策を万全に!
・奥行き深く、エスケープが取り辛いので、時間・体力共にゆとりある行程を!

■感想など
宮之浦岳へ至るメインルートはいくつかあって、
当初は、淀川登山口から白石雲水峡へ縦走する予定でした。

ただ、活発化した前線の通過によって、
初日の夕方〜夜半に雷を伴った暴風雨が予測されたのと、
宮之浦港から淀川登山口までのアクセスが遠く、
公共交通機関と接続するには、
下山時刻との兼ね合いが悩ましかったため、
初日は、買い出し&準備に充てて、
白谷雲水峡にレンタカーを置き、
2日間で約34kmをピストンする計画へ変更しました。

標高差だけで見ると、1,300mほどですが、
細かいアップダウンと登り返しが多く、
累積標高は、2,400mくらいになります。

その辺りも考慮して、
白谷雲水峡コースをピストンされるなら、

●1日目:新高塚小屋まで、
●2日目:宮之浦岳ピストン(永田岳も寄れるといいかも)
●3日目:下山

がベターかと思います。

山自体の美しさは、唯一無二ですね!
海抜0mから始まる連続植生と生態系の遷移。
日本一の雨量が育む渓谷と苔むす森。
樹齢1000年を越えるものをヤクスギと呼ぶそうですが、
前日降った雨のおかげで、躍動感が素晴らしかったです!

そして、山頂に近づくにつれて、
風衝草原と、特徴的な奇岩群、
360度の大パノラマが広がります!

『月のうち35日は雨』と称されるこの島で、
晴れの山頂に立てたことは、
ほんとに貴重な経験でした。

海岸線の人里からは、
望むことができない洋上アルプス。
こころを解き放って大自然と向き合える、
とっても貴重な山ですよ!
訪問者数:32人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ