ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 870933 全員に公開 ハイキング近畿

猪子山20160513

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー nekomaru0510
天候くもり晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR能登川駅から徒歩10分で登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間44分
休憩
11分
合計
1時間55分
Sスタート地点06:1806:41北向岩屋十一面観音06:4506:47猪子山07:24雨宮龍神社07:2607:54猪子山07:5908:01北向岩屋十一面観音08:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
とても良く整備されています。猪子山山頂まではアスファルト道とコンクリートの階段で登れます。普通のスニーカーでも大丈夫です。小学生の子供さんなら登れます。
猪子山から繖山にむかう縦走路は、大部分が丸太を使用した階段です。良く管理されていて危険な個所はありませんが、軽登山靴がある方がいいですね。
標識も必要な箇所にきちんと設置されていますので、道迷いの心配はありません。
その他周辺情報JR能登川駅周辺に居酒屋等の飲食店があります。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 靴下 サブザック GPS ガイド地図(ブック) タオル カメラ

写真

ここが猪子山の登山口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが猪子山の登山口です。
1
岩船神社。奥に大きな岩があります。巨岩信仰の名残。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩船神社。奥に大きな岩があります。巨岩信仰の名残。
1
登りの登山道はアスファルト道。途中まで自動車でも行けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りの登山道はアスファルト道。途中まで自動車でも行けます。
1
登山道を清掃するボランティアの方。おかげでいつもきれいな道を歩くことができます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を清掃するボランティアの方。おかげでいつもきれいな道を歩くことができます。
途中にあるお地蔵さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にあるお地蔵さん。
ここから石段になります。この石段で約50m上ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから石段になります。この石段で約50m上ります。
猪子山の頂上にある北向十一面観音のお堂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪子山の頂上にある北向十一面観音のお堂。
頂上ではメダカが飼育されていました。ボウフラ対策です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上ではメダカが飼育されていました。ボウフラ対策です。
山頂の北向き観音横からの眺望です。少し曇っていますが、伊庭内湖が見えます。晴れた日には湖西の比良山系も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の北向き観音横からの眺望です。少し曇っていますが、伊庭内湖が見えます。晴れた日には湖西の比良山系も見えます。
きぬがさ山への縦走路の入り口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きぬがさ山への縦走路の入り口です。
1
縦走路はこのような丸太の階段が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路はこのような丸太の階段が続きます。
1
丸太の階段が補修されていました。ここは少し長い下り坂で、階段ができて滑りにくくなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太の階段が補修されていました。ここは少し長い下り坂で、階段ができて滑りにくくなりました。
眺望ポイントから安土山と西の湖を眺む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望ポイントから安土山と西の湖を眺む。
眺望ポイントからきぬがさ山の山頂を眺む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望ポイントからきぬがさ山の山頂を眺む。
石馬寺に続く石段。麓の石馬寺までこの石の道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石馬寺に続く石段。麓の石馬寺までこの石の道が続きます。
1
雨宮龍神社。雨乞いの神様です。今日はここで折り返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨宮龍神社。雨乞いの神様です。今日はここで折り返します。
2
帰りは別のルートを選びました。猪子山頂上のトイレの横の通路を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは別のルートを選びました。猪子山頂上のトイレの横の通路を下ります。
北向観音の下側からこの石段を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北向観音の下側からこの石段を下ります。
石段を下りて、アスファルト道を渡った先に下り階段があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石段を下りて、アスファルト道を渡った先に下り階段があります。
このはしごを下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このはしごを下ります。
1
登山口に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に戻ってきました。

感想/記録

天気が良かったので、朝早く起きて近くの猪子山に登りました。この山の頂上には北向十一面観音のお堂があり、朝早くから多くの人がここにお参りに登られます。6時過ぎに登り始めましたが、既にお参りを済ませて下りてくる人とすれ違いました。
道に積もった落ち葉を掃除しているおじさんにも会いました。そのような人々と挨拶を交わし、どんどん登ると広場があって、そこからコンクリートの階段が続いています。ここまで自動車で上がることもできます。
さほど傾斜の強くない階段を登り切ると、件の北向観音様に到着です。手短にお参りを済ませて、いつものように景色を眺めました。今日の朝は少し曇っていて、遠くまで見通すことはできませんでしたが、天気の良い日には比良山系まで綺麗に眺められます。
いつもはここで折り返すことが多いのですが、今日は少し先まで行くことにしました。お堂から少し戻ると繖(きぬがさ)山へと続く縦走路の入り口があります。繖山を越えてさらに観音正寺、桑実寺、観音寺城跡、安土城跡へと続いています。
ここからの縦走路の大部分は丸太でできた階段が続きます。よく管理された道で、いつもどこかが補修されています。雨で朽ちたり、イノシシに掘り返されたりしてところどころが崩れますが、迅速に修理されています。丸太を切り出し、皮をむいて、運び上げて、設置する。このような気の遠くなる作業がボランティアの人によって支えられています。感謝!!。
途中、きぬがさトンネルを越えたあたりで右斜め後方に続く道があり、ここを少し登ると、眺望ポイントがあり、西の湖や安土山、琵琶湖が眺められます。(道は少し見つけにくいかも知れません)
やがて、雨宮龍神社に到着。今日はここで折り返します。
帰路は北向観音までは来た道を折り返し、その先は階段の直登ルートを下りました。アスファルト道の登りが物足りない方は、この直登ルートを登るといいと思います。
猪子山上のトイレの横の小道を下り、コンクリートの階段を下りると、二股に分かれ左の道からアスファルト道に下り、そのアスファルト道を渡ったところに、さらに下に下りる階段があります。ここから下は丸太の階段になります。どんどん階段を下り、途中上山天満天神社の境内を通り、さらに階段を下り続けると、登山口に戻ります。
安全でちょっとした運動にはこの山は最適です。危険な箇所もなく、案内標識がきちんとしていますので、道迷いの心配もありません。家族でのハイキングにお勧めです。
訪問者数:149人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

イノシシ 道迷い 直登 地蔵 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ