ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 871335 全員に公開 山滑走大雪山

愛山渓温泉から北鎮岳 〜鱗と壺

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー taxi
天候タオル焼けがくっきりできるほどの、どピーカン
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道39号線から愛山渓温泉まで19km。すべて舗装されているが細いので対向車注意。当日は路面は完全に乾いていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
50分
合計
8時間0分
S愛山渓温泉04:5007:25当麻乗越上部c180007:3009:25安足間岳山頂直下(南側)09:3010:00鋸岳と北鎮岳のコル(シャリバテしてパンを食べる)10:1510:50北鎮岳11:1512:15当麻乗越12:50愛山渓温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
早朝は雪が硬いのでスリップからの滑落注意。昼は雪が腐っているので踏み抜きからの滑落注意。滑落はしたくないものです。
その他周辺情報・登山口が愛山渓温泉。日帰り入浴600円。まさに秘湯。宿泊可。素泊まりの山小屋あり。
・国道39号線からの入口脇に愛山渓ドライブイン。下山後はここで舞茸ラーメンをいただきたい。わたしは迷わず岩のりラーメン+小ライスを注文。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ガムテープ サングラス スキー(マズシャスAnam165cm) 靴(スカルパベガ) 金具(ジルブレッタ500) ストック(ブラックダイヤモンド)

写真

道北にも桜の季節が来ました。早朝の19kmはいつもハイリスクノーリターン。スピード注意。
(04:04)
2016年05月14日 00:49撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道北にも桜の季節が来ました。早朝の19kmはいつもハイリスクノーリターン。スピード注意。
(04:04)
朝から丸出しですよ。いやらしい!
(04:09)
2016年05月14日 00:54撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝から丸出しですよ。いやらしい!
(04:09)
2
たくましく育ってほしい。早朝からお騒がせしてすまん。
(04:34)
2016年05月14日 01:19撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくましく育ってほしい。早朝からお騒がせしてすまん。
(04:34)
2
愛山渓登山口名物、ざっくり看板。
(04:52)
2016年05月14日 01:37撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛山渓登山口名物、ざっくり看板。
(04:52)
3
鱗。
硬い雪面では能力70%ダウン。
2016年05月14日 06:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鱗。
硬い雪面では能力70%ダウン。
3
壺。
登りはツボ足メイン。
(05:42)
2016年05月14日 02:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壺。
登りはツボ足メイン。
(05:42)
1
標高を上げていくと愛別岳の稜線がみえてくる。
(05:43)
2016年05月14日 02:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を上げていくと愛別岳の稜線がみえてくる。
(05:43)
永山岳への尾根はハイマツで真っ黒。しかも、
2016年05月14日 06:12撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
永山岳への尾根はハイマツで真っ黒。しかも、
1
イズミノ沢への下りと登り返しがややめんどくさそう。まっすぐ当麻乗越へ向かう。
2016年05月14日 06:14撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イズミノ沢への下りと登り返しがややめんどくさそう。まっすぐ当麻乗越へ向かう。
1
沼めぐりはあと1か月後かな。
2016年05月14日 06:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼めぐりはあと1か月後かな。
2
よく見ると昨日以前のシュプールが残る。沢筋を落として斜面をトラバースして帰ってくるのね。勉強になります。わたしには急すぎるので滑りませんが。
2016年05月14日 06:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見ると昨日以前のシュプールが残る。沢筋を落として斜面をトラバースして帰ってくるのね。勉強になります。わたしには急すぎるので滑りませんが。
2
当麻乗越の少し上の稜線に出ると、、、と、十勝連峰やー!
2016年05月14日 07:22撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当麻乗越の少し上の稜線に出ると、、、と、十勝連峰やー!
2
さらに旭岳も見えた。12時までに旭岳まで行けるんじゃないかと、ちょう甘い見積もりをする。

そんなわけなかった。
2016年05月14日 07:24撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに旭岳も見えた。12時までに旭岳まで行けるんじゃないかと、ちょう甘い見積もりをする。

そんなわけなかった。
3
夏道ところどころ出ている。腐れ雪と砂礫と岩と氷板のミックス。
足裏感覚鍛わさるわー。
2016年05月14日 07:58撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道ところどころ出ている。腐れ雪と砂礫と岩と氷板のミックス。
足裏感覚鍛わさるわー。
1
上川タウン遠望。手前はアンガス牧場か。
2016年05月14日 08:02撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上川タウン遠望。手前はアンガス牧場か。
当麻岳〜安足間岳へと続く細尾根。聞いてない。
(スキーはいて右側斜面をトラバースした)
2016年05月14日 08:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当麻岳〜安足間岳へと続く細尾根。聞いてない。
(スキーはいて右側斜面をトラバースした)
いろいろあって北鎮岳をゴールに定める。
2016年05月14日 09:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろいろあって北鎮岳をゴールに定める。
北鎮岳への最後の登りから来し方を振り返る。奥が安足間岳、真ん中の白いのが比布岳、手前の黒いギザギザが鋸岳。
比布と鋸は巻いた。
2016年05月14日 10:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎮岳への最後の登りから来し方を振り返る。奥が安足間岳、真ん中の白いのが比布岳、手前の黒いギザギザが鋸岳。
比布と鋸は巻いた。
北鎮山頂手前。愛別岳が見えた。みんな雪がついているときによく登るな、と思う。
あんな斜度、心臓がもつわけがない。
2016年05月14日 10:41撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎮山頂手前。愛別岳が見えた。みんな雪がついているときによく登るな、と思う。
あんな斜度、心臓がもつわけがない。
2
北鎮岳山頂からお鉢平を見下ろす。
2016年05月14日 10:49撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎮岳山頂からお鉢平を見下ろす。
1
トムラウシ。左奥にうっすら日高の尾根。
2016年05月14日 10:50撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシ。左奥にうっすら日高の尾根。
1
旭岳と後旭の間から十勝連峰が見える。
2016年05月14日 10:50撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳と後旭の間から十勝連峰が見える。
1
黒岳。こちらに向かって歩いてくるパーティーが見えた。
2016年05月14日 10:53撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳。こちらに向かって歩いてくるパーティーが見えた。
1
ちょう久しぶりにセルフしたらお約束。
2016年05月14日 10:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょう久しぶりにセルフしたらお約束。
5
下りは一気。20分で北鎮が遠くに。
2016年05月14日 11:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは一気。20分で北鎮が遠くに。
2
ピウケナイ沢沿い。写真は平和だがこの後の当麻乗越までの腐れ雪の急斜面トラバースでめちゃくちゃリキんだ。
2016年05月14日 12:02撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピウケナイ沢沿い。写真は平和だがこの後の当麻乗越までの腐れ雪の急斜面トラバースでめちゃくちゃリキんだ。
1
怖かったので、当麻乗越からも逃げるように下山。
ささくれ立った精神を示すかのような、やたらとんがったシュプール
2016年05月14日 12:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
怖かったので、当麻乗越からも逃げるように下山。
ささくれ立った精神を示すかのような、やたらとんがったシュプール
2
天塩岳がやさしく迎えてくれる。
2016年05月14日 12:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天塩岳がやさしく迎えてくれる。
3
温泉見えた。大腿筋にむち打ち最後のひと滑り。
2016年05月14日 12:34撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉見えた。大腿筋にむち打ち最後のひと滑り。
2
愛山渓谷ドライブインでの至福のひと時。
このままここで働きたい。
music by DEEN
2016年05月14日 14:15撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛山渓谷ドライブインでの至福のひと時。
このままここで働きたい。
music by DEEN
2

感想/記録
by taxi

 国道39号線の桜も咲き、道北にも春が来た。
 今シーズンは大したウロコ山行もできずこのままスキー納めか、と考えていたところに降ってわいた休日と好天予報。スキー納めに、シール不使用でどこまでやれるか試してみようと選んだ愛山渓。雪のある時期に来るのははじめてだし、愛山渓自体数年ぶり。雪の状況もわからなかったので、とりあえず安足間岳方面を目指し行けるところまでいってみようと、引き返しリミットを12:00に設定しスタート。シールとスキーアイゼンは断腸の思いで車に残していく。あえてね。
 朝、スタート早すぎて雪が硬くてシートラーゲン。稜線に上がると風に叩かれた雪が硬くてシートラーゲン。ウロコの効き具合を信じられなかった自分の弱さ(初見ルートで慎重になった)から、登りはツボ足での登行がメイン。
 そのかわり下りはスキーを一度も脱がず登山口まで。
 日焼けで顔が痛いが、滑走メインでも登攀メインでもない、自分らしいゆるふわウロコ山行できたし、沢に滑落せずに下山したし、温泉とドライブインラーメンできたので出木杉。

さあ、沢靴を出そう。


サブタイトル インスパイアドバイ以下
・花と蛇/団鬼六
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E3%81%A8%E8%9B%87

・花と雨/SEEDA
https://www.youtube.com/watch?v=XBrBDj9cMNU

ひとつだけ言いたい。北鎮岳行くなら黒岳からロープウェイ使っていったほうが絶対早い。あえてね。
訪問者数:423人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/1/10
投稿数: 646
2016/5/16 7:34
 待っていたゆるふわ
たくしーさんのゆるふわレコを見ずして
シーズン終われるのか⁉️などと思いながら
挑んだ愛山渓。。。ニアピンしてましたー✋

この上ない山日和でしたね☀️
シールの重さを呪った山行してました
(某藪山塾にて)

沢レコも楽しみにしています💚💙💛
登録日: 2011/11/2
投稿数: 35
2016/5/16 13:07
 Re: 待っていたゆるふわ
いんこま さま

愛山渓でニアピンとは、世間もとい北海道は狭いものですね。

じつに5か月ぶりのヤマレコでございました。ゆるふわは死なず、ただ去るのみ、と思いつつも自己顕示欲を抑えきれずにアップロード不可避、そしてアップロードした後は5秒ごとにリロードし拍手の数を数える日々。
シールの重さから解き放たれてもエゴという重荷はますます重く。精神のライトアンドファストは遥か遠き高みなのか・・・(鏡の前で、自分のスキー焼け具合にうっとりしながら)



沢レコも書くよ!!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ