ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 871351 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

平沢峠〜飯盛山〜横尾山〜信州峠※道無き道を行く? Connecting the root 2016 18th

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー drunk
天候ガスのち曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車タクシー、 車・バイク
中央道「長坂IC」→「平沢峠」

道路状況:舗装した一般道

駐車場:平沢峠に無料駐車場あり

トイレ:野辺山駅付近のコンビニ
    または、JR最高地点の駐車場及び平沢峠にあり

コンビニ:IC周辺及び野辺山駅付近にあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間5分
休憩
32分
合計
7時間37分
S平沢峠04:3805:06平沢山05:19飯盛山05:2005:50十文字峠06:52三ツ沢ノ頭06:5707:08三ツ沢ノ大ダル(二ツ山峠)07:0907:2907:46木賊ノ大ダル08:08木賊ノ頭08:1108:17豆腐岩08:50横尾山08:5209:13カヤトの原09:1409:41信州峠(横尾山登山口)09:4411:38信濃上川駅11:4211:53野辺山駅12:0512:15平沢峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間=7時間3分(標準時間=不明)
歩行距離=28.08km
標高差=690m
平均速度=3.98km/H
※全てGPSログより
 GPSログは長めに記録されていますので参考程度として下さい。
 (NV-U37使用:NMEA形式で記録後、フリーソフトでGPX形式に変換)
 山旅ロガー(測定モード15m)とは約5kmの差異があります。
コース状況/
危険箇所等
1.平沢峠〜飯盛山までは標高差の少ないハイキングコース
2.飯盛山以降もトレースはあるが、
 十文字峠を過ぎた辺りの分岐点は、
 明瞭なトレースでは無く、不鮮明な細い方に入る可能性があり
 地図及びナビを良く確認する必要がある
 ※鮮明な方は「三ツ沢登山口」に出ます←今回下りてしまいました
3.三ツ沢登山口からも、別ルートで尾根に登り返す事は可能ですが、
 トレースは不鮮明で荒地になっていますが
 柵や有刺鉄線があるので、それを目安に登れば尾根に出ます(多分(-。-)ボソッ)
4.三沢ノ頭以降のトレースはほとんど無くルートが判りにくかったです
5.山梨県側(横尾山)に近づくとトレース、リボンはしっかりありましたが、
 やはり一部トレースが不鮮明な所があります
その他周辺情報八ヶ岳・野辺山南牧村観光協会
http://www.kanko-nobeyama.jp/enjoy/meshimori/meshimori.html
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ ノマドパンツ 靴下 夏帽 手袋 雨具(ストームクルーザージャケット) 着替え ザック ザックカバー 行動食(SOYJOY×1+ゼリー飲料×1+おにぎり×3+パン) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×4) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト ストック(未使用) 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

飯盛山山頂付近、本日はガッスガスでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯盛山山頂付近、本日はガッスガスでした
3
とりあえず山頂一望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず山頂一望
3
なので、2014.11.22山頂の写真
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なので、2014.11.22山頂の写真
さて、横尾山に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、横尾山に向かいます
2
ハイキングコース案内図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイキングコース案内図
2
最初の方のトレースはこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の方のトレースはこんな感じ
1
ここも一応通り道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも一応通り道
1
階段もあったりします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段もあったりします
1
で……、三沢登山口に下山してしまいました……(T^T)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で……、三沢登山口に下山してしまいました……(T^T)
1
地図を確認すると、林道沿いを歩けば尾根に辿り着く事が判ったので、林道を進むと途中からこんな荒地になり、トレースはなんとな〜く、になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図を確認すると、林道沿いを歩けば尾根に辿り着く事が判ったので、林道を進むと途中からこんな荒地になり、トレースはなんとな〜く、になりました。
2
でも、人が入っている雰囲気はあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、人が入っている雰囲気はあります
2
この辺りになると標識が現れます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りになると標識が現れます
1
トレースもしっかりし始めました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースもしっかりし始めました
2
かすかに見える瑞牆山ですか??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かすかに見える瑞牆山ですか??
1
横尾山が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾山が見えました
2
最後に2014.11.22の平沢峠からの眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に2014.11.22の平沢峠からの眺望

感想/記録
by drunk

2016年5月14日(土)
近場低山のルート繋ぎは、暑さが猛威を振るいだす
これからの季節には不向きである。
遠征も検討の1つではあったが、
山の神から「今日は早く帰れ!!(ノ`´)ノミ┻┻がっちゃ~ん!」
との指令が出ていたので、
長時間山行が予想される遠征は却下!
また車回収の移動時間が半端なく掛かる、
七面山〜八絋嶺ルート繋ぎは、早々に却下となってしまった……。(T^T)

だが、ちょっと遠征&涼しい地域+ルート繋ぎなら可能である。
涼しい所にしたいし……。(-。-)ボソッ
で、山の中の時間はある意味短時間で、
電車又はタクシーにより時間短縮が可能な、
平沢峠〜飯盛山を経て、横尾山〜信州峠を繋ぐ事にした。

ただトレースはかなり不鮮明との情報を得ており、多少の不安はあった。
ま、その不安は微妙に的中するのだが……。(-。-)ボソッ

さて、早く帰れ!!の指令は絶対である。
平沢峠〜信州峠〜車回収は、調査の結果おおよそ8〜10Hとなっいる。
なので、帰宅時間を合わせるには、
山行のスタート時間を繰り上げるしかありません。

と言う事で、登山開始は4:30。
この季節、辺りは完全に明るいので問題はない。
ただ空はガスっていて、眺望の良い「平沢峠」も「飯盛山」も
その素晴らしい景色は全く見えなかった。

こんな感じなので、頭の中は「早く帰れ!!」で一杯になり、
十文字峠付近での分岐を間違えて、しっかり下山してしまいました。(T^T)
実は途中で気がついたのですが、地図を確認すると、
登り返しが可能であり、尾根に戻れる事が判ったので、
そのまま下山したのだが、これはある意味間違いである。
結果的には、元ルートに戻ったのだが、
無駄に体力を使ったのは言うまでもない。

1度間違いを犯したので、あとは慎重に進んだ。
ログは一部修正してあるが、かなり悩んだ場所もあり、
尾根つたいに進む、と言う事前情報を得ていなかったら、
完全に場違いな場所に進んでいただろう。
とは言え、悩んだ場所は2箇所だけであるが……。

但し、山行全体的にルート確認に集中していたので写真は少ない。
眺望も少なかったしね。

ちなみに、横尾山下山後の移動は「信濃川上駅」に向かった。
「野辺山」まではナビで約17kmとあったので、川上駅を選択したのだが
これが見事に正解となる。
駅到着2分後に野辺山への列車が到着となったからである。
ついでに野辺山からはタクシーで移動して、平沢峠に向かった。
と言う事で、「早く帰れ!!」のミッションはクリアしたのであった。

今回の山行は、本当にトレースが見えない箇所多数でした。
過去の記録を参考にさせて頂きましたが、
現地でも丁寧に確認する必要があると思います。
またこれからの季節は、草が鬱蒼としてきます。
最大限の注意と、事前確認が必要と思いました。

あと、今回のログはこのルートの正式版ではありません。
間違えた時の非常用として認識下さい。
訪問者数:352人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/25
投稿数: 923
2016/5/15 20:31
 山の神は偉大(笑)
drunkさん、こんばんは✨
昨年、飯盛山を歩いていたのですが、三ツ沢ノ頭方面へ歩こうとは全く考えが及びませんでしたΣ(゚Д゚)✨ううむ、いつもながら信州峠からが〜っと駅まで歩いちゃうのがスゴイ✨横尾山の山頂付近の笹原はとっても気持ちよさそうですねっ♪
あはは、思わず下山してしまう程、山の神のお告げは絶対ですね(≧▽≦)ふふふ、読んでて爆笑しつつも、ほんわかしてしまいました✨お疲れさまです♪
登録日: 2012/3/4
投稿数: 371
2016/5/16 19:03
 Re: 山の神は偉大(笑)
chi-sukeさん、今晩は。
飯盛山から横尾山へのルートは、自分も最近気がつきました。
「どうやって繋ごう」かと、色々調べていた所、ここヤマレコに記録があったので
参考にさせて頂いた次第です。
トレースがほとんど見えない場所もありました……が、
遭難する雰囲気ではなく、進む方向を探す、と言う山本来の楽しみ方として
非常に面白い山歩きとなりました。

山の神のお告げは、確かに遵守しなくてはなりません。
違反するととんでもない仕打ちが待ち受けているので……(-。-)ボソッ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 林道 山行 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ