ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 871418 全員に公開 ハイキング丹沢

谷太郎P-宝尾根-石尊沢-大山-梅ノ木尾根-鐘ヶ嶽-谷太郎P

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー yoshi0000
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
谷太郎林道終点の駐車場に駐輪。6時半到着。駐車車両なし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

宝尾根取り付き口周辺
2016年05月14日 06:58撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝尾根取り付き口周辺
2
宝尾根取り付き口周辺 清川宝の山の石標があります。
2016年05月14日 07:00撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝尾根取り付き口周辺 清川宝の山の石標があります。
2
尾根にのりました。ここまで、踏み跡ははっきりしていますが、ほぼ斜面直登なので傾斜はけっこうあります。この後はしばらくゆるやかな尾根歩き。
2016年05月14日 07:08撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根にのりました。ここまで、踏み跡ははっきりしていますが、ほぼ斜面直登なので傾斜はけっこうあります。この後はしばらくゆるやかな尾根歩き。
1
尾根をトラバースする道にはいったが・・
2016年05月14日 07:33撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根をトラバースする道にはいったが・・
尾根をたどらないとだめでした。結局斜面を登り返し、尾根道に合流しました。
2016年05月14日 07:44撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根をたどらないとだめでした。結局斜面を登り返し、尾根道に合流しました。
1
この界隈は巨木が多い
2016年05月14日 07:54撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この界隈は巨木が多い
2
777のピークです。
2016年05月14日 08:29撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
777のピークです。
2
777のピークのあとは尾根がやせてきます。
先週の鳥屋待沢からつめた場所はこの周辺。かなりの急登でした。
2016年05月14日 08:34撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
777のピークのあとは尾根がやせてきます。
先週の鳥屋待沢からつめた場所はこの周辺。かなりの急登でした。
1
やせ尾根で、傾斜も急です。宝尾根は最初と最後の傾斜が少し強いです。中間部分は快適ですが・・
2016年05月14日 08:40撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根で、傾斜も急です。宝尾根は最初と最後の傾斜が少し強いです。中間部分は快適ですが・・
1
登山道に合流。この場所にでました。
2016年05月14日 08:57撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に合流。この場所にでました。
1
ここでまちがえて不動尻方面へ降りてしまい、戻りました。
2016年05月14日 09:55撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでまちがえて不動尻方面へ降りてしまい、戻りました。
1
唐沢峠周辺 ここから唐沢川のほうへ降りていきます。
2016年05月14日 09:58撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢峠周辺 ここから唐沢川のほうへ降りていきます。
1
しばらくすると堰堤の脇にでます。
2016年05月14日 10:09撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると堰堤の脇にでます。
1
石尊沢へ
2016年05月14日 10:11撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尊沢へ
1
小さな滝が続きます。
2016年05月14日 10:28撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな滝が続きます。
2
なめ滝が多いです。
2016年05月14日 10:30撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なめ滝が多いです。
二俣。左へ。
2016年05月14日 10:37撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣。左へ。
1
3mくらいの滝。
2016年05月14日 10:39撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3mくらいの滝。
2
10mなめ滝。あまり写真ばえしませんね。。右手の岩場を登りました。
2016年05月14日 10:52撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10mなめ滝。あまり写真ばえしませんね。。右手の岩場を登りました。
1
狭くなっています。
2016年05月14日 10:58撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭くなっています。
1
伏流となります。
2016年05月14日 10:59撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伏流となります。
1
この先、分岐が多いです。今日はできるだけ早く登山道に出られる沢を選んでいきます。右へ。
2016年05月14日 11:02撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、分岐が多いです。今日はできるだけ早く登山道に出られる沢を選んでいきます。右へ。
1
右へ。
2016年05月14日 11:11撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右へ。
1
途中、狭くなっているところや、3−4m程度の涸れた滝がありました。
2016年05月14日 11:16撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、狭くなっているところや、3−4m程度の涸れた滝がありました。
1
右へ。あれ左だったかな?確か右です。
2016年05月14日 11:31撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右へ。あれ左だったかな?確か右です。
1
登山道が見えています。
つめは比較的楽でしたが、高度が低いですね。大山山頂へは少し歩かなくてはなりません。
2016年05月14日 11:38撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が見えています。
つめは比較的楽でしたが、高度が低いですね。大山山頂へは少し歩かなくてはなりません。
1
大山山頂
2016年05月14日 11:52撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山山頂
2
梅ノ木尾根へ入ります。梅ノ木尾根に入ってしばらくは傾斜が強いです。
2016年05月14日 12:25撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅ノ木尾根へ入ります。梅ノ木尾根に入ってしばらくは傾斜が強いです。
1
写真で左方向に支尾根が分岐しています。
2016年05月14日 12:46撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真で左方向に支尾根が分岐しています。
2
旧い道標あります。
2016年05月14日 12:54撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧い道標あります。
2
このあたりはザレがひどく、疲労した脚にはきついです。
2016年05月14日 13:00撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりはザレがひどく、疲労した脚にはきついです。
1
やまツツジが咲いていました。
2016年05月14日 13:01撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やまツツジが咲いていました。
1
ここを鐘ヶ岳方面へ。
2016年05月14日 13:27撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを鐘ヶ岳方面へ。
1
分岐。右へ。道標なし。
2016年05月14日 13:38撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐。右へ。道標なし。
1
分岐。左へ。道標なし。
2016年05月14日 13:43撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐。左へ。道標なし。
1
このあたりから左手に入り、駐車場方面へ。不明瞭な踏み跡が交錯しており、良く分からず。最初のうちは踏み跡のようなものを辿っていたのですが、結局強引に斜面をおり、谷太郎川に着きました。斜面自体はそれほど急ではありません(懸垂するほどでなし)。
2016年05月14日 14:04撮影 by Canon IXY 130, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから左手に入り、駐車場方面へ。不明瞭な踏み跡が交錯しており、良く分からず。最初のうちは踏み跡のようなものを辿っていたのですが、結局強引に斜面をおり、谷太郎川に着きました。斜面自体はそれほど急ではありません(懸垂するほどでなし)。
1
撮影機材:

感想/記録

宝尾根の後半は結構急です。一部ロープもありますが、木の幹や木の根をつかんで登るような部分もあります。ヒルは警戒していたのですが、見ませんでした(気づかなかっただけかも知れませんが)。
今日は先週行ったコースを登山道でたどる予定だったのですが、写真を撮り損ねた石尊沢にまたいってしまいました。通常の登山靴だったので、水には入りたくなかった(実際靴を濡らすことなく遡行可能)んですが、いざくると水線を進む悲しい性がでてしまいます・・
石尊沢は滝らしい滝はなく、沢登りの範疇にはいるかどうかすら微妙ですが、全体的な雰囲気はすばらしいと思います。倒木やルートを覆っている木が多いのが残念。
大山山頂は団体さんもおり、すごい人の多さでした。
鐘ヶ嶽から谷太郎林道Pは廃道(他のルートもあったのですが)で、良く分かりませんでしたが、急な斜面はなかったため強引に降りて、谷太郎川の河原に出ました。

GPSログ:GARMIN OREGON600
荷重:5kg
訪問者数:221人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ