ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 871705 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

八方山

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー treeapple, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間58分
休憩
37分
合計
9時間35分
Sスタート地点06:5112:16八方山12:5316:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

落合に2軒ある民家を左に見て進む
2016年05月14日 06:55撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合に2軒ある民家を左に見て進む
八方沢の滝
2016年05月14日 07:40撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方沢の滝
八方沢の滝
2016年05月14日 07:41撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方沢の滝
冷泉が湧出している
2016年05月14日 07:51撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷泉が湧出している
1
野生のわさび
2016年05月14日 07:52撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野生のわさび
1
サンカヨウ
2016年05月14日 09:02撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンカヨウ
1
八方岩が見えてきた
2016年05月14日 09:49撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方岩が見えてきた
アップ
2016年05月14日 09:48撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ
1
この岩の脇を行く
2016年05月14日 09:58撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩の脇を行く
1
シラネアオイ
2016年05月14日 10:00撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ
2
物見山
2016年05月14日 10:39撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見山
1
シラネアオイ
2016年05月14日 10:57撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ
1
八方岩壁の下を行く
2016年05月14日 10:57撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方岩壁の下を行く
岸壁の下はシラネアオイの群生地
2016年05月14日 10:57撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岸壁の下はシラネアオイの群生地
ツバメオモト
2016年05月14日 11:31撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツバメオモト
1
八方山山頂
2016年05月14日 12:20撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方山山頂
2
八方岩壁を右に見て下る
2016年05月14日 13:36撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方岩壁を右に見て下る
残雪
2016年05月14日 14:02撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪
うどが食べごろ
2016年05月14日 14:02撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うどが食べごろ
うど
2016年05月14日 14:03撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うど
1
この虫?
2016年05月14日 14:31撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この虫?
サンカヨウの群生地
お花畑で疲れを癒す
2016年05月14日 14:38撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンカヨウの群生地
お花畑で疲れを癒す
1
八方沢唯一の岩の間を通過
2016年05月14日 15:04撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方沢唯一の岩の間を通過
テント泊してもいいかな
2016年05月14日 15:11撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント泊してもいいかな
撮影機材:

感想/記録

先週は物見山までで下山、その先の八方山は藪の中から垣間見ただけで終了、続きをチャレンジした。
落合から八方沢を遡行、物見山からの支流との合流点までは問題なく来ることができた。

これからは未知の領域、八方沢本流を八方山目指す。
左は物見山から八方山へ続く稜線、右の山は八方山から派生する稜線、この間を八方沢が流れている。

水量は少なく、右岸、左岸と簡単に渡渉、急流でないのでなかなか高度が上がらない沢筋を奥へと進む。
前方に八方岩が見えてくると高度も上がり、傾斜もきつくなり、斜面にはサンカヨウの群生が現れ疲れを癒してくれる。
八方沢もかなり狭くなり、水もほとんどなくなってくると、左手に大岩壁が現れこの右を沢に沿って進む。
岸壁の下にはシラネアオイが群生し、沢はかれさわとなり、地形もどんどんと急峻になってくる。稜線に至る少し手前で沢筋が切れ源頭となる。ここから先は藪漕ぎ、根曲りの急斜面を隙間を見つけながらしばらく進むと稜線に到達。

稜線に出れば楽かと思ったが期待に反して藪、反対側の斜面もかなり急峻な地形で藪稜線を行くしかルートはないようだ。
稜線の左先を見ると南に向け下がっており八方岩に向かっているものと思われる。こちらも行ってみたい気はあるが、まずは右の先にある山頂を目指し藪漕ぎ、いくぶん藪が薄い左側斜面そってしばらく進むとブナの木が立つ山頂に到着。

山頂は藪の中で見通しはよくない、北側に少し高いピークが見えるが、地図上の1685ピークと思われる。帰路は東に派生する尾根の上を行ってみようと思っていたが、この藪では無理、素直にもと来たルートを戻ることにする。

南岩峰が気になったが帰りの長い道のりを考え、あきらめて素直に下山することにした。物見からの支流との合流点まで長い!、よくこんなに登ったと思うくらい延々と下る。

ようやく物見からの支流に到達、水の色を見ると八方沢に比べきれい、飲んでみるとこちらのほうが格段に美味しい。
ここからは八方滝の巻道だけが要注意、満足して落合まで一気に下る。
訪問者数:158人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ