ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 871847 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

竜ヶ岳・静ヶ岳〜鈴鹿10座・焼野から太尾を経て〜

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー churabana, その他メンバー2人
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
茶屋川林道のスペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
45分
合計
7時間15分
S太尾登山口08:2408:33P53309:32長池09:3509:46太尾最高点 P77009:4810:05白谷越10:0810:49P962 (太尾)11:0111:42竜ヶ岳11:4611:56P105312:01治田峠分岐12:0313:03静ヶ岳入口13:0413:06セキオノコバ13:0713:15静ヶ岳13:2313:40P104713:4414:53南西尾根登山口14:5815:39太尾登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
地形図を読図しながら、ルートファインディングしました。
焼野登山口〜p533 
植林帯 作業道が切り開かれています。基本尾根芯を直登しました。
p533〜p730
雑木林との境界を歩く感じです。
p730〜長池〜p770
なだらかな尾根歩き。枝尾根に入り込まないようにコンパスで進路をキープしました。
p770〜白谷越
崖記号の東側を下り、峠へはトラバースして降りました。
白谷越〜p962
ザレは歩幅を小さくステップを切りながら、じわりじわり登りました。
その後が、急登で一番きつかった。トラバース気味に登り、p962からの北西尾根で登ってもよいかもしれない。
p962〜登山道出合
ブッシュを避けながら獣道をたどる感じ。南によると石槫峠から釈迦、御在所方面の展望あり。
竜ヶ岳〜静ヶ岳
一般登山道。崩壊地を避けるために、北側に誘導されているところがあります。旧道へ入り込んでいる方を見かけました。誘導には従いましょう。
静ヶ岳〜p1047
低い灌木を抜けながら下る。広い目の尾根だが、緩やかに方向が変わるので、ルートをしっかりとる。
p1047〜p814
p826へ入り込まにように南へ下る尾根を見つける。南東、南、南東と尾根の方向と高度を確かめながら進路を確かめて下る。p814を見過ごして790mまで下った。
p814〜p623
790m付近で南東の尾根を下り、南へ下る尾根をやり過ごし、750m付近東へ下る尾根を探す。広い尾根で東へのはっきりした尾根は少し先に見えるのでよく探すこと。670m付近で北東の谷を確かめてp623へ。
p623〜林道
境界尾根の杭がある。最後は尾根も細くなりかなり急なくだりになるので、足運びに注意。疲れもあるのでとくに気を付けた。
林道〜駐車地
車2台で来ると林道歩きが助かる。
その他周辺情報道の駅 奥永源寺渓流の里
http://www.city.higashiomi.shiga.jp/category/14-0-0-0-0.html
鮒ずしソフトクリーム¥370 いただきました。
ダムカレーは、イワナの天ぷらや鹿肉など仕入れによって、かわるようだ。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック28L 登山靴 スパッツ 雨具上下 ヘッデン 救急セット エマージェンシーシート 帽子 サングラス 手ぬぐい 軍手 コンパス 地形図 登山地図 カメラ 携帯電話 バリゴ時計 水筒 500×2 プラティパス2L ライター 五徳ナイフ シート クッション いす 財布 保険証 免許証 非常食 行動食 ビニル袋 ティッシュ ツェルト 細引き 昼飯 嗜好品 20mロープ ハーネス エイトカン ATC 環付カラビナ4 カラビナ4 シュリンゲ4 プルージックコード2

写真

茶屋川林道 駐車地から取り付きの尾根を見たところ。植林の整備で作業道が整備されていました。
2016年05月14日 08:22撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋川林道 駐車地から取り付きの尾根を見たところ。植林の整備で作業道が整備されていました。
3
リボンはところどころにありますが、地形をよく見て、ルートを見つけて進むことになります。
2016年05月14日 08:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リボンはところどころにありますが、地形をよく見て、ルートを見つけて進むことになります。
2
植林と雑木林の境界を歩く。
2016年05月14日 08:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林と雑木林の境界を歩く。
2
太尾の尾根にのりました。貸し切りでした。
2016年05月14日 09:13撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太尾の尾根にのりました。貸し切りでした。
1
広めの尾根です。
2016年05月14日 09:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広めの尾根です。
1
これは、目印のシンボルツリーだろうなぁ。
2016年05月14日 09:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは、目印のシンボルツリーだろうなぁ。
1
長池、枯れている?
2016年05月14日 09:32撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長池、枯れている?
と思ったら、こちらが長池でした。
2016年05月14日 09:35撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったら、こちらが長池でした。
2
太尾最高点p770
2016年05月14日 09:48撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太尾最高点p770
1
無事降りられました。落ち葉で滑りやすいので注意。
2016年05月14日 10:05撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事降りられました。落ち葉で滑りやすいので注意。
2
古道の道型がしっかり残っていました。
2016年05月14日 10:05撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古道の道型がしっかり残っていました。
2
ザレは、それなり登ることが出来ました。
2016年05月14日 10:16撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレは、それなり登ることが出来ました。
3
ザレの後、ここまでがきつかった。
2016年05月14日 11:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレの後、ここまでがきつかった。
1
登山道に合流手前で、ブッシュを南にさけると、眼下に石槫峠、そして、釈迦、御在所方面の展望。
2016年05月14日 11:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に合流手前で、ブッシュを南にさけると、眼下に石槫峠、そして、釈迦、御在所方面の展望。
1
持ち込まれている。
2016年05月14日 11:42撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
持ち込まれている。
7
う〜〜ん。
2016年05月14日 11:42撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う〜〜ん。
1
二等三角点 竜ヶ岳
2016年05月14日 11:43撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二等三角点 竜ヶ岳
5
遠足尾根・静ヶ岳・藤原、御池
2016年05月14日 11:46撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠足尾根・静ヶ岳・藤原、御池
2
これから向かう静ヶ岳
2016年05月14日 11:52撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう静ヶ岳
4
羊は、ちらほらと
2016年05月14日 11:52撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羊は、ちらほらと
7
何匹か、数えられました。
2016年05月14日 11:52撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何匹か、数えられました。
5
お昼休憩 セキオノコバ手前のピークで。木陰が気持ちよい。
2016年05月14日 12:27撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼休憩 セキオノコバ手前のピークで。木陰が気持ちよい。
4
分岐
2016年05月14日 13:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐
2
ここの森、いいんだなぁ。
2016年05月14日 13:02撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの森、いいんだなぁ。
3
三等三角点 賎ケ谷 点の記では、このように表記されている。
 
2016年05月14日 13:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点 賎ケ谷 点の記では、このように表記されている。
 
2
竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所
2016年05月14日 13:22撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所
2
p962まで、きつそうでしょ。
2016年05月14日 13:22撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
p962まで、きつそうでしょ。
1
滋賀県側は懐が深い。
2016年05月14日 13:23撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滋賀県側は懐が深い。
1
ブナのシンボルツリー
2016年05月14日 13:38撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナのシンボルツリー
7
林道に出たところ。
2016年05月14日 14:56撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出たところ。
1
茶屋川林道を戻ります。
2016年05月14日 14:56撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋川林道を戻ります。
2
折戸トンネル
2016年05月14日 15:35撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折戸トンネル
2
鮒ずしソフトクリーム
2016年05月14日 16:18撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮒ずしソフトクリーム
8
撮影機材:

感想/記録

竜ヶ岳の羊さんは・・・・

羊さんは、ちょっと早かったかもしれません。
明日か、来週かな?
竜ヶ岳から治田峠への分岐で、静ヶ岳や藤原・御池方面の眺めが気に入りました。羊も少し群れています。

鈴鹿10座in東近江市を楽しんでいます。
3座目は竜ヶ岳。
石槫峠からは登っているので、
茶屋川林道から太尾を歩いて、竜ヶ岳・静ヶ岳・南西尾根と周回してみました。「in東近江市」がポイント。それゆえに、ルートにちょっとこだわりがあります。
Dさんの計画にのったのですが、日曜日に登られることになったので、土曜日を予定していたAさんとUさんの3人で歩いてきました。

静かな鈴鹿の山を楽しめました。裏を返せば、一般登山道以外では、誰とも出会わないことになります。なんかあったら、その分リスクは高いのです。GPS、ジオグラフィカ、ヒトココ、アマチュア無線機、地形図25000と拡大版、高原地図、コンパス、ロープにハーネス、ガチャ類。もので補えるものは、それぞれ、持ち込む。(ヘルメットを置いてきたのは、残念賞でした。)
持っていても、使いこなせなければ、ただの荷物。
そこは、読図の会で、いろいろ話し合って、歩いてきたメンバーなので、基本、地形図とコンパスで進むことができました。読図とルートファインティングは、うまくフォローしあえました。
結構急なところも多いので、間違って登り返すのが面倒なchuraは、アプリやGPSで確かめてましたが。
静ヶ岳からの下り、南西尾根では、竜ヶ岳の稜線や釈迦、御在所方面の眺めがよかったです。後半は、足が疲れたところにやせ尾根の激下りで余裕なしでした。

奥永源寺 渓流の里にて、
鮒ずしソフトクリーム¥370をいただきてきました。
鮒ずしと聞いたら、試さずにはいられませんでした。
ソフトクリームに鮒ずしソースがかけられていました。
酸味が効いた鮒ずしソース。
鮒ずしのご飯のところをうまく利用しているのかなぁ。
みなさんも一度試してみてください。

追記
概念図を頭で描いたつもりでいました。
けど、紙に起こしていないので、ええ加減なところが出てしまう。

太尾に乗って、p770の前後だったかな。展望が開けて山頂が確認できるところがあったんです。すぐに、それは竜ヶ岳だ、なんて、でたらめなこと。正解は、静ヶ岳とp1006でした。竜ヶ岳の山頂は、乗ってる尾根の延長線上にあるので、そう簡単には拝めないのだ。釈迦、御在所、藤原、御池など少し離れた山は有効に使えたが、今回のルート上のピークの見え方や方向の関係性、山頂の位置関係をしっかりとらえておいて、ナビゲーションに生かさないともったいない。山頂の方向の関係性、進路、展望など大きく山をみることも大切だ。ちょっと、尾根、谷にこだわり過ぎているのかなぁ。

訪問者数:393人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 2929
2016/5/15 13:00
 素敵な尾根ですね
churabanaさん、お連れの皆さん、こんにちは。
帰ってきたら1台車がありましたので、誰か登っているな!レコ上げてくれるといいなと思っていたので、このレコを拝見させていただいて、とても嬉しいです。
鈴鹿10にこだわるつもりはないのですが、滋賀県側の鈴鹿がとても気に入っています。
清流と深い山と静かな森、魅了されています
churabanaさん、滋賀県にお住いのようで、うらやましい限りです。

とても静かで良い尾根でしたが、おっしゃる通りリスク管理は重要ですね。
とりあえず、単独のときは、何より時間の余裕が最大のアドバンテージになりますので、早出・早帰りを心がけています
お会いできなかったのは残念ですが、ちょうど天候が回復されてから登られているので、より素晴らしかったことと思います。
どこかでお会いできましたら、よろしくお願いします。
登録日: 2011/10/2
投稿数: 1835
2016/5/25 22:44
 Re: 素敵な尾根ですね
totok さん こんばんは 返信遅くてごめんなさい。
鈴鹿10座はまだ、天狗と日本コバと竜の3座です。
滋賀からのぼると、鈴鹿の山の奥深さがよくわかります。
東近江からの御在所は、テント泊で楽しむつもりです。
イブネあたりでの泊も楽しみです。

三重、愛知も仲間の方がたくさんいます。
ほんとに、近いうちに会えそうですね。
楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ