ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 871877 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

藪岩魂No.8・カイト山(白板山)&ぶどう岳

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー kirakirakira
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
カイト山:登山口付近に2台程度(数百m下に大きなスペース有り)
ぶどう岳:ぶどう峠の駐車スペースに数台
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間34分
休憩
53分
合計
2時間27分
Sカイト山登山口11:1711:41カイト山11:4312:04カイト山登山口12:0512:05車移動12:4212:42ぶどう峠12:4813:18ぶどう岳13:2513:44ぶどう峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
携帯電波:カイト山は忘れた。。ぶどう岳とぶどう峠はOK。途中はまちまち(ドコモ)
万歩計:カイト山1900歩、ぶどう岳3300歩
出会った人:カイト山0人、ぶどう岳0人(ぶどう峠数人)
コース状況/
危険箇所等
打田0貉瓩涼書・藪岩魂にNo.8初級偏で紹介されてるルートです。山と高原地図ではどちらも破線ルートですが、難しくなく危険も少ないです。どちらも1時間あれば往復できるので、初心者がちょっと藪岩気分を味わうのに手頃だと思います。カイト山・ぶどう岳への両登山口間は車で20kmの移動になります。

■カイト山(白板山)
登山道はありませんが基本樹林の尾根通しでテープと踏み跡を辿れば簡単です。山頂手前の岩峰は左から回り込むように登る。山頂は南北側が切れた岩稜になって360度の展望。藪岩魂にあるルート途中の天保十一年の石仏は発見できず。尾根には鹿のフンが大量に転がってました。

■ぶどう岳
ぶどう峠の駐車場から尾根に取り付きすぐ背丈オーバーの枯れた笹薮が約100m続きます。抜けると最初の壁が現れるが左から巻く。以後3箇所同じようなところがありますがすべて左巻きで登ります。アップダウンもいくつかあるのでカイト山より変化に富んでます。ぶどう岳は樹林の中のピークでその先も踏み跡は続いてます。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

藤がキレイ。途中の道路からの撮影。
2016年05月14日 10:59撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤がキレイ。途中の道路からの撮影。
駐車場というか路肩。コンクリ吹き付けのため直接尾根には取り付けません。
2016年05月14日 11:17撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場というか路肩。コンクリ吹き付けのため直接尾根には取り付けません。
南側は送電線鉄塔。
2016年05月14日 11:17撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側は送電線鉄塔。
道路脇には石仏があります。
2016年05月14日 11:17撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路脇には石仏があります。
1
この作業道から入ります。
2016年05月14日 11:17撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この作業道から入ります。
左にヘアピンして突き当たったら適当に尾根に取り付く。
2016年05月14日 11:21撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左にヘアピンして突き当たったら適当に尾根に取り付く。
テープはちょいちょいあります。
2016年05月14日 11:22撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープはちょいちょいあります。
左下に道路を見ながら進んでいく。
2016年05月14日 11:23撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左下に道路を見ながら進んでいく。
テープがあるので途中から適当に右へ急登する。
2016年05月14日 11:24撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープがあるので途中から適当に右へ急登する。
急登が終わるとなだらかな木立の尾根が続く。
2016年05月14日 11:26撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が終わるとなだらかな木立の尾根が続く。
しばらく進むと岩が出てきて傾斜が強くなる。
2016年05月14日 11:35撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと岩が出てきて傾斜が強くなる。
左に巻きながら進む。
2016年05月14日 11:37撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に巻きながら進む。
巻いたら右に進路を変え直登する。
2016年05月14日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻いたら右に進路を変え直登する。
小岩峰に出るので越えていきます。
2016年05月14日 11:39撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小岩峰に出るので越えていきます。
小岩峰の先の痩せ岩稜を進むとカイト山山頂。
2016年05月14日 11:40撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小岩峰の先の痩せ岩稜を進むとカイト山山頂。
防水対策バッチリのプレート。でも中は結露してる(笑)
2016年05月14日 11:41撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防水対策バッチリのプレート。でも中は結露してる(笑)
3
つい最近のリボンですね。
2016年05月14日 11:41撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つい最近のリボンですね。
両神山・狩倉尾根・赤岩尾根・赤岩岳・大ナゲシが重なって見えます。
2016年05月14日 11:41撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山・狩倉尾根・赤岩尾根・赤岩岳・大ナゲシが重なって見えます。
1
こんな感じで赤い線を登ってきました。
2016年05月14日 11:42撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで赤い線を登ってきました。
諏訪山・張付山・天丸山・大山・焼岩。
2016年05月14日 11:43撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諏訪山・張付山・天丸山・大山・焼岩。
1
表妙義はどこからみてもすぐわかりますね!
2016年05月14日 11:43撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表妙義はどこからみてもすぐわかりますね!
1
長居無用。ピストンなので来た道を引き返します。ちょっと藪。
2016年05月14日 11:44撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長居無用。ピストンなので来た道を引き返します。ちょっと藪。
車が見えてきたが直では下りれず。左の作業道から降りる。
2016年05月14日 12:02撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車が見えてきたが直では下りれず。左の作業道から降りる。
ヘアピンなのでちょっと遠回りだけど。
2016年05月14日 12:02撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘアピンなのでちょっと遠回りだけど。
無事帰還。
2016年05月14日 12:03撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事帰還。
両登山口は直線5kmくらいでも峠道なので19.5kmの移動。。
2016年05月14日 12:41撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両登山口は直線5kmくらいでも峠道なので19.5kmの移動。。
ぶどう峠。ベンチやテーブルもあります。
2016年05月14日 12:42撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶどう峠。ベンチやテーブルもあります。
お地蔵さん。
2016年05月14日 12:42撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さん。
駐車スペースの奥は船坂山の登山口。船坂山のピークに立つだけならこちらからではなく数キロ下のゲートの所からが簡単。
2016年05月14日 12:43撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースの奥は船坂山の登山口。船坂山のピークに立つだけならこちらからではなく数キロ下のゲートの所からが簡単。
ぶどう岳の登山口は道路の向こう側です。
2016年05月14日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶどう岳の登山口は道路の向こう側です。
いきなり背丈を超えるササヤブ。ちゃんとモーゼの十戒になってるので安心。西上州や県境尾根のササヤブはどこも近年ほとんど枯れてますね。
2016年05月14日 12:49撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり背丈を超えるササヤブ。ちゃんとモーゼの十戒になってるので安心。西上州や県境尾根のササヤブはどこも近年ほとんど枯れてますね。
ササヤブを超えると第一岩峰が現れる。
2016年05月14日 12:52撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササヤブを超えると第一岩峰が現れる。
左から巻いてスルーします。
2016年05月14日 12:53撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から巻いてスルーします。
すぐに第二岩峰が現れるがここも左に巻きながら登る。
2016年05月14日 12:54撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに第二岩峰が現れるがここも左に巻きながら登る。
登って振り返ると2mくらいのピナクル。御座山や八ヶ岳の展望が良い。
2016年05月14日 12:56撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って振り返ると2mくらいのピナクル。御座山や八ヶ岳の展望が良い。
1
しばらく快適な尾根歩き。
2016年05月14日 12:58撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく快適な尾根歩き。
ここのササヤブは背が低い。やはり枯れてます。
2016年05月14日 12:58撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのササヤブは背が低い。やはり枯れてます。
P1への登り。
2016年05月14日 13:04撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1への登り。
P1は樹林のピーク。
2016年05月14日 13:05撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1は樹林のピーク。
P2へ向かいます。
2016年05月14日 13:07撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2へ向かいます。
P2への登り。
2016年05月14日 13:08撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2への登り。
P2からは西側の景色が良い。稲含山・赤久縄山・東西御荷鉾山・二子山・両神山などが見えます。ちょっと霞んでるのが残念。
2016年05月14日 13:09撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2からは西側の景色が良い。稲含山・赤久縄山・東西御荷鉾山・二子山・両神山などが見えます。ちょっと霞んでるのが残念。
1
ぶどう岳山頂が見えてきました。
2016年05月14日 13:09撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶどう岳山頂が見えてきました。
アカヤシオ残ってました!
2016年05月14日 13:10撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカヤシオ残ってました!
1
登りきったところが山頂。
2016年05月14日 13:17撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきったところが山頂。
ぶどう岳に到着。
2016年05月14日 13:19撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶどう岳に到着。
2
ぶどう岳の先にも踏み跡は続きますが引き返します。
2016年05月14日 13:20撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶどう岳の先にも踏み跡は続きますが引き返します。
直進がP2への登り。右に踏み跡があるので向かってみます。
2016年05月14日 13:26撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進がP2への登り。右に踏み跡があるので向かってみます。
巻いたら最後に藪漕ぎが待ってました。
2016年05月14日 13:30撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻いたら最後に藪漕ぎが待ってました。
P1に出ました。
2016年05月14日 13:32撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1に出ました。
P1からの急な下り。
2016年05月14日 13:32撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1からの急な下り。
第二岩峰。ここを右に下りますがピナクルまで行ってみます。
2016年05月14日 13:36撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二岩峰。ここを右に下りますがピナクルまで行ってみます。
御座山が良く見えますが八ヶ岳は霞んで見えず。
2016年05月14日 13:37撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御座山が良く見えますが八ヶ岳は霞んで見えず。
1
御座山をズームで。
2016年05月14日 13:37撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御座山をズームで。
1
ピナクルの横の岩場から下りてみた。
2016年05月14日 13:38撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピナクルの横の岩場から下りてみた。
第一岩峰の下に謎のアブミが転がってました。
2016年05月14日 13:40撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一岩峰の下に謎のアブミが転がってました。
人工登攀の練習かな!?
2016年05月14日 13:41撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人工登攀の練習かな!?
最後にササヤブを越えて。
2016年05月14日 13:42撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にササヤブを越えて。
ぶどう峠に無事帰還。
2016年05月14日 13:44撮影 by Canon EOS Kiss X4, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶどう峠に無事帰還。
1
撮影機材:

感想/記録

藪岩魂ダブルヘッダーの2本目。1本目のオマケで距離の短い2つの山を登りました。移動の方が大変だったけど(苦笑)午前中に登ったシラケ山〜烏帽子岳は曇ってましたが、昼からは晴れてきて暑かった〜。。シラケ山よりぶどう岳の方が岩場やアップダウンの変化もあり楽しめました。次ぶどう峠に来る時は船坂山に登るときですね!藪岩魂上級のマムシ岳・品塩山・船坂山の登山口も同じ通りにあるので下見もできました。下の沢には渓流釣りの人達が大勢でした!御座山の長者の森コース登山口もぶどう峠から近いのでいつか登りたいですね。

午前の山:シラケ山〜烏帽子岳(天狗岩〜岩稜ルート)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-871871.html

【藪岩魂シリーズはこちらからどうぞ↓】
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/search_record.php?place=%E9%AE%B4%E4%BA%B2No&isphoto=1&request=1&submit=submit
訪問者数:235人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ