ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 871893 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走栗駒・早池峰

もの凄い風の東栗駒山

日程 2016年05月12日(木) [日帰り]
メンバー 10toiro
天候晴れだけど頂上付近はガス&凄い風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

頂上あたりは残雪豊富
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

下は穏やかなんですが、頂上あたりは雲が早く流れてます。
2016年05月12日 10:39撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下は穏やかなんですが、頂上あたりは雲が早く流れてます。
1
雪渓にはペナントが付いた小竹が立ってます。
2016年05月12日 11:13撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓にはペナントが付いた小竹が立ってます。
雲が早く流れてます。
2016年05月12日 11:16撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が早く流れてます。
ここまでは、ガスも風もまだ大丈夫。
2016年05月12日 11:35撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは、ガスも風もまだ大丈夫。
東栗駒山に比べ栗駒山は比較的穏やかです。
2016年05月12日 12:54撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東栗駒山に比べ栗駒山は比較的穏やかです。
1
下山の中央ルート。よく整備されてます。
好みじゃありませんが
2016年05月12日 13:14撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山の中央ルート。よく整備されてます。
好みじゃありませんが
1
あのてっぺんで思案したんです。
2016年05月12日 14:29撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あのてっぺんで思案したんです。
1

感想/記録

田植終了お~ォ 
あとのお米作りは稲に任せて、久々に遠出しました。

栗駒山麓から眺めると頂上あたりに雲あります。
イワカガミ平の駐車場では風で車が揺れます。
頂上あたりの雲は勢いよく流れてます。
過去の強風体験を思い出しながら、登り始めました。
丈は低いけど樹木がある所は強い風が頭上を流れてます。
1400mあたりで人丈程の樹木が無くなって吹きっさらし
風で飛ばされない姿勢を取ります。風を避ける岩陰ありません。
とにかくです。とにかく進みます。
大きな岩にたどり着いたのでそこで一休み。東栗駒山頂上でした。
進もうか。戻ろうか。回り込んでくる強い風を受けながら思案・・・
アンダーウェアーとソフトシェルでは寒くなってきたので、
レインウェアーを着込む。還暦祝いのプレゼントです。
これを着ると元気が出るから不思議です。
待てば風が止むかもと、おにぎりをほおばった。
体を温めるには炭水化物がいいらしいいので、お腹空いてないけど2個食べた。「連休の立山遭難こんな風で雪が伴っていたんだろうなぁ」
稜線を激しく飛ぶガスを眺めてると弱気になってくる。
だんだんおにぎりで温かくなり、還暦祝いのレインウェアーで元気が湧いてきた。
岩陰から強風の中に身を乗りだす。
風は強いが歩けないほどでもない。地形も穏やかだし。
程なく風が弱まった。ラッキー。
東栗駒山頂上あたりだけが風の通り道だったようだ。

ガスの中、大きな雪渓を小竹のペナントだよりにトラーバースしてると、
突然ペナントがなくなった。上にも下にも横にも無い コマッタ
地図を見ながらあてずっぽうに進んでると、ガスの中に人影が ラッキー
市役所の方が山開きを前にペナントを雪渓に刺していた。
前回、悪天候で途中だった作業の続きをしてるとのこと ご苦労さまデス

おまけ 駐車場まで降りて、ログを止めようとしたら携帯がない。
最後に見たのが、ペナント無くなった所だから・・500m登り返しです。
林道の閉門時間は17:00 登って雪渓の中探せる時間は30分
汗流して登ってると、青い携帯落ちてました。 200mの登り返しで済みました。 不幸なような幸福なような。
訪問者数:129人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ