ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 872181 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

台高縦走3 - 三ノ公〜馬ノ鞍峰〜弥次平峰 ピストン -

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー KazuzoPaPayamamonn
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三ノ公林道終点に駐車
県道224号線入之波付近、平日は時間制限通行止箇所があるので注意
http://www2.wagamachi-guide.com/naradouro/map.asp?dtp=1&fid=44-001_0003&mpx=136%2E024980075&mpy=34%2E25872283
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間6分
休憩
57分
合計
10時間3分
S三之公林道終点06:1607:17明神滝07:2607:53カクシ平08:33P107308:53馬ノ鞍峰08:5909:59桃源郷 霧ノ平11:15弥次平峰11:4312:50桃源郷 霧ノ平12:5713:52馬ノ鞍峰13:5615:47明神滝16:16三之公林道終点16:1916:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
往路は明神谷で明神滝まで歩いているので登山道から外れています
コース状況/
危険箇所等
三ノ公川〜馬ノ鞍峰の登山道に危険箇所はありませんが、明神谷から明神滝にアクセスする沢道はトラバース等注意が必要な箇所があります
馬ノ鞍峰〜弥次平峰の台高縦走路はテープを見落として支尾根に入らないよう注意
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

三ノ公登山口の山の神
安全登山を祈願して出発です
(Ka)
2016年05月14日 06:14撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ公登山口の山の神
安全登山を祈願して出発です
(Ka)
2
5週間ぶり登場のyamamonnさん
(Ka)

ようやく山復帰できました〜(^O^)
感無量ーー(ToT)/
(ya)
2016年05月14日 06:16撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5週間ぶり登場のyamamonnさん
(Ka)

ようやく山復帰できました〜(^O^)
感無量ーー(ToT)/
(ya)
9
看板の案内では登山道を直進ですが、明神谷から沢を歩いて明神滝まで行きました
(Ka)

何だか、知ったかぶりして「明神滝、見に行こ〜♪」と険路に誘いこんでしまいましたm(__)m
(ya)
2016年05月14日 06:31撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板の案内では登山道を直進ですが、明神谷から沢を歩いて明神滝まで行きました
(Ka)

何だか、知ったかぶりして「明神滝、見に行こ〜♪」と険路に誘いこんでしまいましたm(__)m
(ya)
2
明神谷へ
(Ka)
2016年05月14日 06:33撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神谷へ
(Ka)
1
足元の悪い所をトラバースしていきます
yamamonnさん、久しぶりの険路です
(Ka)

足の不安も、ヒルの恐怖もぶっ飛んだ超・険路♪
(ya)
2016年05月14日 06:59撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元の悪い所をトラバースしていきます
yamamonnさん、久しぶりの険路です
(Ka)

足の不安も、ヒルの恐怖もぶっ飛んだ超・険路♪
(ya)
2
自分の体を四点支持で支える事に必死で、写真の余裕があったのは、この1枚だけ
(ya)
2016年05月14日 07:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分の体を四点支持で支える事に必死で、写真の余裕があったのは、この1枚だけ
(ya)
1
濡れた岩にはヒメレンゲが群生
(Ka)
2016年05月14日 07:11撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れた岩にはヒメレンゲが群生
(Ka)
6
明神滝に到着
滝つぼ付近は冷んやりしたミストに包まれていました
(Ka)

ヒルが居なくて良かったよね〜\(-o-)/
(ya)
2016年05月14日 07:18撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神滝に到着
滝つぼ付近は冷んやりしたミストに包まれていました
(Ka)

ヒルが居なくて良かったよね〜\(-o-)/
(ya)
7
明神滝の前でシェー
(Ka)
2016年05月14日 07:17撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神滝の前でシェー
(Ka)
10
カクシ平
三ノ公御所址があります
(Ka)
2016年05月14日 07:53撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カクシ平
三ノ公御所址があります
(Ka)
1
稜線に上がる急坂は四輪駆動で直登
(Ka)

足の踏ん張りがイマイチで、よ〜滑るんです(ToT)/
(ya)
2016年05月14日 08:15撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に上がる急坂は四輪駆動で直登
(Ka)

足の踏ん張りがイマイチで、よ〜滑るんです(ToT)/
(ya)
6
1073ピーク
馬ノ鞍峰はまだ先です
(Ka)
2016年05月14日 08:33撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1073ピーク
馬ノ鞍峰はまだ先です
(Ka)
稜線上ではシロヤシオが満開
2016年05月14日 08:50撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上ではシロヤシオが満開
6
馬ノ鞍峰(1177.8m)
2016年05月14日 08:52撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ鞍峰(1177.8m)
1
馬ノ鞍峰でシェー
(Ka)
2016年05月14日 13:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ鞍峰でシェー
(Ka)
8
台高縦走路は至る所でシロヤシオが満開
(Ka)
2016年05月14日 09:57撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台高縦走路は至る所でシロヤシオが満開
(Ka)
2
ヤマツツジ
新緑とのコントラスト
(Ka)
2016年05月14日 10:03撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ
新緑とのコントラスト
(Ka)
3
ヤマツツジとシロヤシオの共演
(Ka)

癒されました〜♪休憩する口実にも役立ってくれました〜♪
(ya)
2016年05月14日 09:04撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジとシロヤシオの共演
(Ka)

癒されました〜♪休憩する口実にも役立ってくれました〜♪
(ya)
6
シロヤシオと石楠花の共演
(Ka)
2016年05月14日 10:08撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオと石楠花の共演
(Ka)
2
そして石楠花
(Ka)
2016年05月14日 09:54撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして石楠花
(Ka)
7
yamamonnさん大好きな石楠花と格闘中

この日は、石楠花パーティー長かったよね・・・
(ya)
2016年05月14日 09:20撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
yamamonnさん大好きな石楠花と格闘中

この日は、石楠花パーティー長かったよね・・・
(ya)
2
台高縦走路、テープを見落としやすいので注意
2016年05月14日 09:28撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台高縦走路、テープを見落としやすいので注意
2
ヒメシャラの木が現れました
(Ka)
2016年05月14日 10:00撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメシャラの木が現れました
(Ka)
前方にはヒメシャラ幼木の薮
(Ka)
2016年05月14日 10:05撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方にはヒメシャラ幼木の薮
(Ka)
2
突入しました
一人分の通路は確保されています
(Ka)
2016年05月14日 10:05撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突入しました
一人分の通路は確保されています
(Ka)
1
石楠花のお次は、ヒメシャラパラダイス・・・
(ya)
2016年05月14日 10:13撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠花のお次は、ヒメシャラパラダイス・・・
(ya)
1
11:14
5時間かけて弥次平峰(1274.6m)
(Ka)
2016年05月14日 11:14撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:14
5時間かけて弥次平峰(1274.6m)
(Ka)
2
弥次平峰でシェー
今日はここまで
ランチ後は歩いてきた台高縦走路を折り返し
(Ka)

遠かったーー(ToT)/~~~
ヘロヘローー
(ya)
2016年05月14日 11:17撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥次平峰でシェー
今日はここまで
ランチ後は歩いてきた台高縦走路を折り返し
(Ka)

遠かったーー(ToT)/~~~
ヘロヘローー
(ya)
9
日差しがきつくなってきました
(Ka)
2016年05月14日 12:29撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しがきつくなってきました
(Ka)
1
この付近、分岐見落としに注意
(Ka)
2016年05月14日 12:48撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この付近、分岐見落としに注意
(Ka)
グリーンとレッドの共演
春山は、色々とカラフルです♪
(ya)
2016年05月14日 12:49撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グリーンとレッドの共演
春山は、色々とカラフルです♪
(ya)
2
縦走路の激しさを忘れさせてくれる美しい木々達
(ya)
2016年05月14日 13:03撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路の激しさを忘れさせてくれる美しい木々達
(ya)
1
岩の隙間から、堂々の登場やん♪
(ya)
2016年05月14日 13:26撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の隙間から、堂々の登場やん♪
(ya)
2
ロープ場
巻道もあります
(Ka)

おもろい事せんかな〜ってカメラ構えっぱなしだったんですけどフツーに下りてきます(=_=)
(ya)
2016年05月14日 13:26撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ場
巻道もあります
(Ka)

おもろい事せんかな〜ってカメラ構えっぱなしだったんですけどフツーに下りてきます(=_=)
(ya)
4
・・・

待って下さーーい…yamamonnは、頭さえ入りません
(ya)
2016年05月14日 13:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・

待って下さーーい…yamamonnは、頭さえ入りません
(ya)
3
再び馬ノ鞍峰

帰りは、何故か早く着いたような気がする…
(ya)
2016年05月14日 13:50撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び馬ノ鞍峰

帰りは、何故か早く着いたような気がする…
(ya)
少しだけ残っていたアケボノツツジ
2016年05月14日 13:58撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ残っていたアケボノツツジ
2
カクシ平付近の渡渉
(Ka)

華麗なドボンは
また来週(^.^)/~~~
(ya)
2016年05月14日 14:51撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カクシ平付近の渡渉
(Ka)

華麗なドボンは
また来週(^.^)/~~~
(ya)
3
二ノ滝よりも上流にある名も無き滝
弥次平峰で折り返したことで時間に余裕が出来たので下まで下りて見ることにしました
(Ka)

kazuzopapaの超・魔界的ヒラメキにより・・・
(ya)
2016年05月14日 14:53撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ滝よりも上流にある名も無き滝
弥次平峰で折り返したことで時間に余裕が出来たので下まで下りて見ることにしました
(Ka)

kazuzopapaの超・魔界的ヒラメキにより・・・
(ya)
普通に下りる道は見つからなかったのでやはり険路で
(Ka)

ド・険路です♪
下山完了間近にこの緊張感(^^ゞ
(ya)
2016年05月14日 15:10撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普通に下りる道は見つからなかったのでやはり険路で
(Ka)

ド・険路です♪
下山完了間近にこの緊張感(^^ゞ
(ya)
1
20分かけて滝の下に到着
(Ka)

険路の果てには、超・ブラボーな滝❤
厳しい道が多かったこの日のご褒美はサイコー♪
(ya)
2016年05月14日 15:20撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分かけて滝の下に到着
(Ka)

険路の果てには、超・ブラボーな滝❤
厳しい道が多かったこの日のご褒美はサイコー♪
(ya)
2
滝にはヒメレンゲが群生して岩を黄色に染めていました
(Ka)

しなやかで強くて美しい花だッ(#^.^#)
(ya)
2016年05月14日 15:16撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝にはヒメレンゲが群生して岩を黄色に染めていました
(Ka)

しなやかで強くて美しい花だッ(#^.^#)
(ya)
滝をバックに本日最後のシェー
(Ka)
2016年05月14日 15:19撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝をバックに本日最後のシェー
(Ka)
5
16:16
下山
所要時間10時間、おつかれさーん
(ka)

ホンマ疲れたーー
(ya)
2016年05月14日 16:16撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:16
下山
所要時間10時間、おつかれさーん
(ka)

ホンマ疲れたーー
(ya)
マムシグサ
(Ka)
2016年05月14日 15:54撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシグサ
(Ka)
1
マムシ君
(Ka)

今度は、噛みついていいよ♪と伝えておきます
(ya)
2016年05月14日 08:36撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシ君
(Ka)

今度は、噛みついていいよ♪と伝えておきます
(ya)
7
アカハラさん
(Ka)
2016年05月14日 06:34撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカハラさん
(Ka)
5
笑ってる
(Ka)

視力検査…「上」
(ya)
2016年05月14日 07:25撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笑ってる
(Ka)

視力検査…「上」
(ya)
4

感想/記録

台高縦走は、第1回高見峠〜明神岳(2/6)、第2回明神平〜池木屋山(3/21)に続く第3弾。今回は三ノ公から馬ノ鞍峰に登り、そこから台高縦走路で池木屋山まで歩いてピストンする計画。往復約20kmなのでこれまでの2回よりも距離的にはやや短い。10時間もあれば往復できるだろうという楽観的な計画でした。明神滝付近はそろそろヒルが出てくる時期なので早めに行っておこうとyamamonnさんが5週間ぶりに復帰したこともあり、早速歩いてみました。
三ノ公の登山口を6時16分にスタート。馬ノ鞍峰に登ったことがあるyamamonnさんに先導してもらいます。ヒルが多いといわれている場所なので気温が低い朝のうちに明神滝を見ておこうと明神滝へ。明神滝へは登山道を30分ほど歩いたところからすぐに下りることができますが今回は手前から明神谷に下りて沢を歩きました。最初は単なる沢歩きでしたが明神滝に近づくにつれて巻道が険しくなり、ズルズルのトラバースを越えて何とか明神滝に到着。明神滝を真下から見た後は登山道に復帰。この時点でえらく時間を食ってしまい、馬ノ鞍峰到着は計画から40分遅れ。馬ノ鞍峰でシェーを決めた後は台高縦走路へ。新緑の台高縦走路の稜線はシロヤシオやヤマツツジ、石楠花が咲き乱れていました。序盤の遅れは稜線歩きで取り戻せると思っていたのですがこれが甘かった。これまでの縦走路とは違い、アップダウンの繰り返しはもちろん、道が分かり難く、痩せ尾根、岩場とただ二本足でひたすら歩けばよかった北部台高の時とは全然違う。過去2回の縦走は3km/hで歩くことが出来ましたが今回は2.5km/hがやっと。
序盤の明神滝への寄り道でロスタイムはあったものの弥次平峰到着は計画より約2時間遅れの11時15分。既に池木屋山の到着予定時刻を過ぎており今日はここまでで引き返すことにしました。
縦走路はどこも同じように見えるのでさっき歩いたはずの復路でも2ヶ所分岐を間違えました。
馬ノ鞍峰、かくし平を経て滝が連続するところまで下りてきた所で、少し時間に余裕が出来たので往路で気になっていた滝を見るため谷底に下りていきました。往路の明神滝へのアクセス同様、ふかふか、ズルズルのトラバースの繰り返し。それでも正面から滝を見ることが出来たときは下りてきて良かったと思えました。
今日は台高縦走が目的だったはずが何故か滝見登山になってしまいましたが幸いヤマヒルもまだいないようでした。
下山は登山開始からちょうど10時間後の16時15分。復帰第一戦のyamamonnさん、いきなりのハード登山、おつかれさまでした。
池木屋山まで往復するにはペースアップすることはもちろん12〜13時間計画が必要か?

感想/記録

長かったーー山ナシ5週間(ToT)/
皆様、マラソンにはご注意を!!調子に乗って走ってると罰が当たって足痛くなっちゃいます(ToT)/やっぱり、山が一番ですーー(^O^)/
台高縦走掘ΑΑΕ曠鵐沺∝咾瓩さってました。。台高の神様、ごめんなさーい。
3回目の池木屋山登頂を信じて疑ってなかったんですけど。。
不安定感の残る右足首に、台高縦走路の厳しさはハンパなかったです。足がナナメのまま歩く道の多い事(ToT)/とにかく、縦走路自体も狭くて不明確だし、ストックつけるスペースさえ無い道多し(ToT)/おまけに、ヒメシャラ・石楠花コキに、アラーム鳴ってる残り少ない体力奪われるし(-_-)
もう、切れる事ない息切れの嵐でしたー(kazuzopapaは、涼しい顔で歩いてましたがね)
でも、次のチャレンジに闘志メラメラ(*^^)v
次は、絶対・絶対、池木屋山までイクぞーー(^O^)/
kazuzopapaソロでなら、余裕で池木屋まで行っちゃう事は分かってますけど、ソロで行っていいよ〜!なーーんて絶対に口が裂けても言いませんからッ(ー_ー)!!
訪問者数:286人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/3
投稿数: 848
2016/5/16 23:16
 おはこんばんちは(^^)/
「今日山モンさん100kmマラソンやねん」って大魔王様(笑)から四季彩館で聞いたのが4月24日でその後風の便りで足を故障してしまったと聞いたのが確かGW中、そして15日の金剛山山頂広場で「おや?この人山モンさんに似てるけど…」とすれ違った女性を見て思ったんだけど声かけそびれ、その夜守る会のHさんのブログで山モンさんの写真出てるの見て「やっぱりすれ違ったの山モンさんや!」って確認したよ!でもね、稲村行ったときの印象と違っていて声かけられなかったの…。だってあまりにも研ぎ澄まされたウルトラマン(マン?)みたいになってたんだも〜ん(((^^;)
凄いね!「100kmに挑戦する」そしてそれを達成するってのはこんなにも人を変えてしまうんだってのを目の当たりにしました!
「努力」とか「根性」とか「頑張る」って言葉から遠く離れた所にいる私は到底真似できないし、しようとも思わないけどカッチョ良いです!そしてもう台高行ってるし(^_^;)
100km達成は快感でした?
またご一緒する機会があったら色々聞かせて下さいませ〜♪
遅くなりましたが、100キロマラソン完走おめでとうございますo(^o^)o
登録日: 2012/7/29
投稿数: 728
2016/5/17 6:34
 cocoperiさん
ウルトラ「モン」です
登録日: 2015/8/17
投稿数: 74
2016/5/17 7:54
 ウルトラモンです(^^)/
ココペリちゃ〜ん、おはよ〜♪
目の前に人参ぶらさげられたら、人間、努力も根性も
ナンボでも出せるねーーん(ー_ー)!!
いっつも、大魔王様が、「ほ〜ら、こんな楽しい山があるよ〜」「行けないなら一人で行っちゃうぞ〜」って、目標ばっか与えるからッ(^^)v 100kmマラソン挑戦も、どうすればもっと余裕を持って山を楽しめるかなぁ・・・もっと、楽に冬の八経に登りたいなぁ・・・の体力作りの一貫やってん(#^.^#)
でも、今回、全く体力追いつかず、100km走るくらいじゃ足りないのか・・・と考える今日この頃!!15日も、イメージ違ってたの、大魔王様に命じられて金剛山スーパートレーニングで何回も登ったり下りたりしてたから、化粧ハゲハゲで人相変わってたから違う??暑かったから、服に汗が吸い込めなくなって服から汗が滴ってたわ(^^ゞ

山モンは、凡人なのでいっぱい「努力」をしないといけないけど、ココペリちゃんの天性の華麗なドボンは、ホンマ、この人天才や!この人には、かなわん!
と白旗やったわ!(^^)!
お尻、青タンなったやろ(^^)v怪我せん程度のドボンで、頑張って皆を楽しませてや〜♪
コメントありがとーー❤

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ