ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 872184 全員に公開 沢登り丹沢

ユーシン沢〜檜洞

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー orochi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

玄倉バス停8:35−9:10駐車スペース−9:45玄倉ダム−10:20ユーシンロッヂ−10:30入渓点10:45−(CS小滝で苦戦)−11:55檜洞出合−13:25標高1160m付近13:35−13:55稜線登山道14:10−14:30檜洞丸14:45−16:10西丹沢自然教室

※林道及び登山道はそれなりにハイペース、沢は写真や動画をとりながらかなりスローペースで歩いています。
コース状況/
危険箇所等
檜洞は「歩く沢」で、技術的に難しいところは(登り方にもよりますが)基本的にはありません。
丹沢の沢とは思えないほど渓相が良く、上越のそれにも匹敵するほどです。
魚影は非常に濃いので、釣りをされる方にもおススメです。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

玄倉バス停から出発♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉バス停から出発♪
登山届を提出します。というか沢登りが特出しされているのは何故?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届を提出します。というか沢登りが特出しされているのは何故?
1
ダム湖の色から一転、早くも見事なブルーに変化します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダム湖の色から一転、早くも見事なブルーに変化します
2
しばらくはこのような河原を見ながら歩く。透明度が高く梓川を連想する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくはこのような河原を見ながら歩く。透明度が高く梓川を連想する。
車の人は小川谷出合先の駐車場まで入れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車の人は小川谷出合先の駐車場まで入れる
玄倉川水難事故ありましたからね。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉川水難事故ありましたからね。。。
境隧道(以後このような隧道が続出)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境隧道(以後このような隧道が続出)
一箇所ヘッドランプが必要なところがありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一箇所ヘッドランプが必要なところがありました
1
林道脇に目を向ける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道脇に目を向ける
1
渓谷らしくなってきました。非常に綺麗。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓谷らしくなってきました。非常に綺麗。
1
左岸から流入する滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸から流入する滝
1
白い岩がゴロゴロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い岩がゴロゴロ
手掘りのトンネルでしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手掘りのトンネルでしょうか
1
ようやくユーシンロッヂに到着(結構なペースで歩いたがバス停から1時間45分かかった)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくユーシンロッヂに到着(結構なペースで歩いたがバス停から1時間45分かかった)
筍の間を通って、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筍の間を通って、
この導水橋は渡らず、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この導水橋は渡らず、
こちらの梯子を登って、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの梯子を登って、
最初の滝(右側から)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の滝(右側から)
5
ここが丹沢か!という渓相
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが丹沢か!という渓相
4
万太郎本谷「オキドウキョウの瀞」を連想する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎本谷「オキドウキョウの瀞」を連想する
3
ここが簡単そうで越えられなかった。悔しい〜( ノД`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが簡単そうで越えられなかった。悔しい〜( ノД`)
2
右岸大高巻き(巻き自体は簡単)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸大高巻き(巻き自体は簡単)
ここから沢床へ復帰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから沢床へ復帰
基本的には癒し系です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本的には癒し系です
多くの淵や釜では魚影が見られました。丹沢でこんなに魚を見るのは初めて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くの淵や釜では魚影が見られました。丹沢でこんなに魚を見るのは初めて。
1
なんでもないところなのに美しくついつい撮ってしまう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんでもないところなのに美しくついつい撮ってしまう
3
ここは釣り師がいたため、邪魔しないようさっさと高巻き(一番大きい滝です)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは釣り師がいたため、邪魔しないようさっさと高巻き(一番大きい滝です)
3
高巻き後、トラロープの設置されたこの斜面を下降
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高巻き後、トラロープの設置されたこの斜面を下降
ユーシン沢を左に分けて檜洞へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシン沢を左に分けて檜洞へ
2
苔と滝と新緑の調和が美しい空間を創っている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔と滝と新緑の調和が美しい空間を創っている
3
岩が大きくなってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が大きくなってきました
1
黄色がアクセントを加える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色がアクセントを加える
3
写真を撮ってばかりでなかなか前に進みません。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真を撮ってばかりでなかなか前に進みません。。
1
ここまで来ても健在なブルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ても健在なブルー
1
でかい岩がゴロゴロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でかい岩がゴロゴロ
ひたすら歩くので暑くなってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら歩くので暑くなってきた
1
しつこいですがここは丹沢です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこいですがここは丹沢です
1
この滝を越えると、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝を越えると、
1
連瀑(最上段は右から高巻き)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連瀑(最上段は右から高巻き)
2
さらにその上も小滝が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにその上も小滝が続きます
1
全く飽きさせません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全く飽きさせません
1
(注意)昆虫の群れや両生類・爬虫類等が苦手な方は拡大しないように!・・・おたまじゃくしの群れ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(注意)昆虫の群れや両生類・爬虫類等が苦手な方は拡大しないように!・・・おたまじゃくしの群れ。
2
本当にこの沢はサービス精神旺盛です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当にこの沢はサービス精神旺盛です
新緑とツツジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑とツツジ
源頭近くまで水流があるのも嬉しいところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源頭近くまで水流があるのも嬉しいところ
1
詰めも平和で稜線到着〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
詰めも平和で稜線到着〜
1
檜洞周辺は立派なブナがたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞周辺は立派なブナがたくさん
そして地面には所狭しとオオバイケイソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして地面には所狭しとオオバイケイソウ
1
檜洞山丸頂(結構賑わってた)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞山丸頂(結構賑わってた)
1
感じの良い下山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
感じの良い下山道
白とピンクの競演
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白とピンクの競演
2
ゴーラ沢出合で小休止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢出合で小休止
西丹沢自然教室到着^^ (最近は指導員の方が積極的に声をかけてくれる)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室到着^^ (最近は指導員の方が積極的に声をかけてくれる)

感想/記録
by orochi

ヤマレコで記録が散見され、非常に綺麗と評判の檜洞。新緑の季節か秋に一度は行ってみなければと思っていたところ、今週末の天気が良さそうだったので遡行してみることにしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー





前日仕事で終電となり出発は始発という辛いパターン。。。
まあ、癒し系の沢ということなので大丈夫でしょう(笑)

新松田駅発西丹沢行きのバスはかなり混んでおり、臨時便も出ていた。

玄倉バス停の先の登山ポストに登山届を投函しいざ出発。

ダム湖の水は綺麗とは言いがたいが、玄倉川の流れに入ると不連続的に水の色が青みがかった透明に変化し、変貌ぶりに驚かされる。

はじめ玄倉川はおだやかな河原で、緩やかに蛇行する流れと透明度の高い水が梓川を連想させる。

この林道は思いの外人気があるらしく、登山者のみならず、観光客っぽい人や釣師など色々な目的の人が歩いていた。

しばらく歩くと、境隧道を皮切りに、トンネルが次々に出現するようになる。中には壁が凸凹しており手で堀ったような感じがするものもあった。(最も長い青崩隧道は途中湾曲しているため暗く、ヘッドランプを使用)

玄倉ダムは噂通り美しい青色で、皆さん写真を撮っていた。これを目的で来ている方もいるのかな??

さて、そんなこんなでユーシンロッヂに到着。ここまで1時間45分。少々長めの準備体操だ。

ユーシンロッヂ裏側の小道をとおり、導水管を右に見つつ梯子を二つほど登ったりして、ユーシン沢入渓点に到着。(勢いあまって早く入渓しすぎると堰堤に阻まれると思うので注意)

入渓するといきなり深い釜を持った2mくらいの滝が登場。これは右のバンドを低めに辿って越える。それにしても滝の雰囲気が丹沢とは思えない。まるで上越の沢だ。

続いて長細い釜と2mほどのCS滝が登場。

見た目はそんなに難しそうでなかったのだが、CS(チョックストーン)のところがどうしても上がれない。オポジションにしても岩の配置が微妙。ということで、左上のバンドを見るが、こちらも残置ハーケン&スリングがあるものの岩が外傾していてあまり良い感じではない。簡単な沢だと思っていたのだが・・・

さっきのCSのところでハーケンを打ち足そうとも試みたが、あまりうまく決まらずそうこうしているうちに水流で体が冷えてきたので、残念ながら退却。少し戻ると左にルンゼがあり、ここから高巻くことが出来た。

んんー、登れそうだったのに悔しい!

さて、ここからは想定どおりの癒し系の渓相が続く。
透明の水とブルーの釜は噂通り、いや、それ以上の美しさだ。

そしてとても魚影が濃い。丹沢でこれだけ魚影が濃い沢は初めてだ。そもそも丹沢では魚影を見ないことが普通なのに・・・豊かな自然が残されている証拠だろう。

ユーシン沢と檜洞を分ける手前の滝(この沢で最も立派)で2名の釣師に会う。水流にジャブジャブ入っていく沢ノボラーと岩魚に気付かれないようにそっと竿をさす釣師とでは利害関係が真逆で、怒鳴られたとか石を投げられそうになったなんて記録もあったりして緊張するが、今日お会いした方は親切な方で、
「あっ、そこ竿置いてあるからひっかからないように注意してね〜」
とか声をかけてもらった。

結局この滝は写真だけ撮り、邪魔しないよう右岸の小尾根を高巻いて、トラロープの設置されたザレを下降して、ユーシン沢から分岐する檜洞に下り立った。

このあたりが非常に美しいところ。小滝や白い岩、苔が調和して、趣深い空間を創っている。写真や動画を大量に撮っているため、ずっとノロノロペースだ(笑)

そして、その先は巨岩帯一歩手前くらいの大きな岩がごろごろした河原を進んでいく。

気温が上昇してきて暑い!積極的に水に入りながら進んでいく。

ザンザ洞を左に分けると、見せ場の4段ほどの連瀑が登場。一番上の滝は右のリッジ状から巻いて登った。

この後も時折現れる小滝やナメを鑑賞しながら歩いていくと、沢は開け広河原状に。

今回は最短で尾根に上がるルートということで、標高1160m付近で本流左岸から流入する枝沢に入り、ここから詰めていく。

枝沢に入ってもナメがあったりして、実にサービス精神旺盛だ。

水を汲んで簡単な詰めを登るとシロヤシオの咲く稜線に到達!沢装解除。

ここからさらに300メートルほどの登りで檜洞山頂に到着。周辺にはオオバイケイソウが群生している。霞んでいるものの蛭ヶ岳などが良く見え、なかなかの賑わいだ。

後は、急な登山道をどんどん下り、お馴染みの西丹沢自然教室に戻った。(最近は熱心な登山指導員の方がいて、ここから登り始めるときはコース状況の説明などを(ほぼ自動的に?)受けることになる。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

檜洞は薄暗い表丹沢の沢からは想像できないような美しく明るい沢でした。アプローチが少々長いですが、それを補って余りある、非常におススメできる内容です。
魚影が濃く、幕営適地も散見されるので、釣りもされる方は沢中で一泊してのんびり遡行するのも良いかもしれません。
訪問者数:394人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ