ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 872294 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

好きな山、池口岳〈2,392m〉

日程 2016年05月14日(土) [日帰り]
メンバー JJ0JVL
天候晴時々曇(ガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央自動車道 飯田ICから登山口 約48km 約1時間30分
中央自動車道 松川ICから登山口 約52km 約1時間35分
道の駅「遠山郷」(かぐらの湯) から登山口 約7.5km 約30分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間38分
休憩
47分
合計
10時間25分
S池口岳登山口05:2605:55山ノ神06:05両切平07:04クロナギ07:0607:41利検沢の頭07:58ザラナギ09:32ジャンクション09:51池口岳10:22鶏冠山分岐10:31池口岳南峰10:5110:53鶏冠山分岐10:5411:22池口岳11:4412:00ジャンクション13:18ザラナギ13:32利検沢の頭14:12クロナギ15:07両切平15:47池口岳登山口15:4915:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:最上部の民家の道路沿いに有り。
トイレ:登山口に簡易トイレ有り。道の駅「遠山郷」、「梨本ていしゃば」 e.t.c
危険(注意)箇所:黒薙、ザラ薙、2159ピークから池口岳、池口岳北峰から鶏冠方面分岐
その他周辺情報☆イチオシ☆ かぐらの湯(道の駅「遠山郷」)天然療養温泉 「源泉温度42.5度のナトリウム・カルシウム塩化物泉」●入浴料  大人/620円・小人/310円  ●定休日 毎週木曜日
http://www.tohyamago.com/kankou/kagura/

写真

5:06 登山ポストは、最上部の民家の道路沿いに有り。
2016年05月14日 05:06撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:06 登山ポストは、最上部の民家の道路沿いに有り。
5
5:24 駐車場
5番目に駐車。5〜7台駐車可能。後から来る登山者のために、整然と駐車されていました。
2016年05月14日 05:24撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:24 駐車場
5番目に駐車。5〜7台駐車可能。後から来る登山者のために、整然と駐車されていました。
6
手書きの池口岳登山ガイド図
平面的な位置と標高がわかりやすく図示されています。
2016年05月14日 05:24撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手書きの池口岳登山ガイド図
平面的な位置と標高がわかりやすく図示されています。
2
5:26 GPS記録計など準備を調えEL.1,060mの登山口を出発。
2016年05月14日 05:26撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:26 GPS記録計など準備を調えEL.1,060mの登山口を出発。
1
登山口を登ると直ぐに、ギンリュウソウが生えていました。
2016年05月14日 05:35撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口を登ると直ぐに、ギンリュウソウが生えていました。
9
5:55 山ノ神
石灰岩の巨岩に小さな祠が祀られています。
2016年05月14日 05:55撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:55 山ノ神
石灰岩の巨岩に小さな祠が祀られています。
6:05 両切平
2016年05月14日 06:05撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:05 両切平
6:41 バイケイソウ(梅濮陝縫罐蟆覆侶伽検食中毒に注意。
毒が有るため鹿が食べないため残っています。
2016年05月14日 06:41撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:41 バイケイソウ(梅濮陝縫罐蟆覆侶伽検食中毒に注意。
毒が有るため鹿が食べないため残っています。
2
6:55 下栗の集落。
日本のチロルと命名されています。
http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=14092
2016年05月14日 06:55撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:55 下栗の集落。
日本のチロルと命名されています。
http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=14092
4
7:01 黒薙
ガレ場の尾根を進む。
2016年05月14日 07:01撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:01 黒薙
ガレ場の尾根を進む。
2
黒薙から池口岳。
2016年05月14日 07:01撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒薙から池口岳。
2
黒薙のピーク EL.1838.03m
崩壊が進み、三等三角点が無くなっています。
2016年05月14日 07:07撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒薙のピーク EL.1838.03m
崩壊が進み、三等三角点が無くなっています。
4
崩落の状態。
恐る恐る、カメラを差し出して撮影。
2016年05月14日 07:07撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落の状態。
恐る恐る、カメラを差し出して撮影。
1
7:17 EL.1,858mのピーク。
2016年05月14日 07:17撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:17 EL.1,858mのピーク。
1
7:33 やや急登の「利検沢の頭」手前。
2016年05月14日 07:33撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:33 やや急登の「利検沢の頭」手前。
1
7:40 利検沢の頭
2016年05月14日 07:40撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:40 利検沢の頭
1
利検沢の頭付近で見える
前聖岳と兎岳。
2016年05月14日 07:42撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
利検沢の頭付近で見える
前聖岳と兎岳。
4
奥には塩見岳も見えます。
2016年05月14日 07:43撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥には塩見岳も見えます。
4
7:58 ザラ薙平 EL.1,971m
2016年05月14日 07:58撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:58 ザラ薙平 EL.1,971m
2
8:01 ザラ薙平から下った尾根から見る池口岳と鶏冠山。 
2016年05月14日 08:01撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:01 ザラ薙平から下った尾根から見る池口岳と鶏冠山。 
池口岳と鶏冠山の間の「ササの平」
2016年05月14日 08:01撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池口岳と鶏冠山の間の「ササの平」
1
尾根から見るザラ薙
2016年05月14日 08:02撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から見るザラ薙
1
8:07 テント場には一張りのテントが。
2016年05月14日 08:07撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:07 テント場には一張りのテントが。
2
8:27 コイワカガミと赤色チャート。
2016年05月14日 08:27撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:27 コイワカガミと赤色チャート。
9:05 EL.1,971mを過ぎるとヤセ尾根になり、小さな薙ぎも有ります。
2016年05月14日 09:05撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:05 EL.1,971mを過ぎるとヤセ尾根になり、小さな薙ぎも有ります。
1
9:11 一つ目の岩場を下る。
振り向くと「柴犬」がルートを探しながら降りてきました。
3人家族で浜松から来られた方の愛犬。
2016年05月14日 09:11撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:11 一つ目の岩場を下る。
振り向くと「柴犬」がルートを探しながら降りてきました。
3人家族で浜松から来られた方の愛犬。
1
9:21 岩場に生えるにニリンソウ。
バイカオウレンかもしれません。
2016年05月14日 09:21撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:21 岩場に生えるにニリンソウ。
バイカオウレンかもしれません。
2
9:22 二つ目の岩場を登る。ロープ有り。
2016年05月14日 09:22撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:22 二つ目の岩場を登る。ロープ有り。
9:23 チムニー状の岩場。ロープ有り。
2016年05月14日 09:23撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:23 チムニー状の岩場。ロープ有り。
1
9:30 ジャンクション(旧:加加森山分岐)
加加森山と池口岳の分岐点。
新たに「ジャンクション」と誰が言い出したのだろうか?
2016年05月14日 09:30撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:30 ジャンクション(旧:加加森山分岐)
加加森山と池口岳の分岐点。
新たに「ジャンクション」と誰が言い出したのだろうか?
1
9:33 ガスが出てきました。
2016年05月14日 09:33撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:33 ガスが出てきました。
晴れていれば、伊那山地の奥に三河高原が確認できるのですが。
2016年05月14日 09:37撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば、伊那山地の奥に三河高原が確認できるのですが。
3
加加森山と光岳。
2016年05月14日 09:40撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加加森山と光岳。
2
9:49 池口岳〈2,392m〉北峰 着
頂上では、東京からテント泊で来られた方が、美味しそうにスーパードライを飲んでいました。少し休み南峰へ向かう。
2016年05月14日 09:49撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:49 池口岳〈2,392m〉北峰 着
頂上では、東京からテント泊で来られた方が、美味しそうにスーパードライを飲んでいました。少し休み南峰へ向かう。
6
10:07 池口岳北峰から鶏冠方面分岐までのヤセ尾根。
2016年05月14日 10:07撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:07 池口岳北峰から鶏冠方面分岐までのヤセ尾根。
2
10:16 池口岳南峰への最後の登り。
2016年05月14日 10:16撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:16 池口岳南峰への最後の登り。
樹木の間からは、光岳と石灰岩の白く光る光岩。
2016年05月14日 10:23撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹木の間からは、光岳と石灰岩の白く光る光岩。
3
10:28 池口岳南峰(十釈迦山)着
右下は三角点。
2016年05月14日 10:32撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:28 池口岳南峰(十釈迦山)着
右下は三角点。
3
等級種別: 三等三角点
基準点名: 十釈迦
北緯 35°19′30″.0863 東経 138°02′22″.8380
標高(m): 2376.05
2016年05月14日 10:28撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
等級種別: 三等三角点
基準点名: 十釈迦
北緯 35°19′30″.0863 東経 138°02′22″.8380
標高(m): 2376.05
2
いつもの記念写真。
2016年05月14日 10:32撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの記念写真。
6
光岳方面
2016年05月14日 10:34撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光岳方面
2
山頂の様子。
2016年05月14日 10:40撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の様子。
3
北峰へ戻る途中。ガスが出てきました。
2016年05月14日 10:58撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰へ戻る途中。ガスが出てきました。
6
こんな尾根も登ります。
2016年05月14日 11:18撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな尾根も登ります。
1
11:22 池口岳〈2,392m〉北峰 着
大井川源流部原生自然環境保全地域の説明看板。1,115 ha
原生の状態を維持している地域を、今後も極力人為を加えずに後世に伝えることを目的として指定される地域です。
2016年05月14日 11:22撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:22 池口岳〈2,392m〉北峰 着
大井川源流部原生自然環境保全地域の説明看板。1,115 ha
原生の状態を維持している地域を、今後も極力人為を加えずに後世に伝えることを目的として指定される地域です。
4
御料林の基準点。明治35年に設置したといわれています。
2016年05月14日 11:22撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御料林の基準点。明治35年に設置したといわれています。
2
登頂証拠写真。
3人家族で浜松から来られたお嬢さんに撮影していただきました。
2016年05月14日 11:34撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂証拠写真。
3人家族で浜松から来られたお嬢さんに撮影していただきました。
8
バイカオウレンと想われます。
バイカオウレン(梅花黄蓮、学名:Coptis quinquefolia)はキンポウゲ科オウレン属の多年草。
ニリンソウ(二輪草、学名:Anemone flaccida)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
2016年05月14日 11:43撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイカオウレンと想われます。
バイカオウレン(梅花黄蓮、学名:Coptis quinquefolia)はキンポウゲ科オウレン属の多年草。
ニリンソウ(二輪草、学名:Anemone flaccida)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
2
岩に生えていた赤い花。
2016年05月14日 12:03撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に生えていた赤い花。
1
花の名前不明。はじめてみました。
どなたか教えて下さい。
mami0405さんよりの情報「コイワザクラ」
2016年05月14日 12:03撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花の名前不明。はじめてみました。
どなたか教えて下さい。
mami0405さんよりの情報「コイワザクラ」
5
13:12 ザラ薙の尾根
2016年05月14日 13:12撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:12 ザラ薙の尾根
1
13:15 ザラ薙の尾根から見る池口岳
2016年05月14日 13:15撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:15 ザラ薙の尾根から見る池口岳
2
文字が団子マーク?屋号または地主の印?
2016年05月14日 13:16撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文字が団子マーク?屋号または地主の印?
13:18 ザラ薙平 EL.1,971m
2016年05月14日 13:18撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:18 ザラ薙平 EL.1,971m
1
14:09 黒薙に戻る
2016年05月14日 14:09撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:09 黒薙に戻る
2
再度三角点を探したが、有りませんでした。
2016年05月14日 14:10撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度三角点を探したが、有りませんでした。
黒薙から熊伏山を望む。
2016年05月14日 14:11撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒薙から熊伏山を望む。
2
黒薙からの池口岳と鶏冠山。
2016年05月14日 14:14撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒薙からの池口岳と鶏冠山。
1
15:07 両切平
名の由来は、二重山稜から。状況写真を撮ったつもりでしたが、カメラの不都合で撮影されていませんでした。残念。
2016年05月14日 15:07撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:07 両切平
名の由来は、二重山稜から。状況写真を撮ったつもりでしたが、カメラの不都合で撮影されていませんでした。残念。
1
15:48 登山口着。
今夜車中泊して明日池口岳に登られる、名古屋の御夫婦に地形図を譲渡。
2016年05月14日 15:48撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:48 登山口着。
今夜車中泊して明日池口岳に登られる、名古屋の御夫婦に地形図を譲渡。
1
池口岳まで往復約18km歩いた、3人家族で浜松から来られた方の愛犬。
2016年05月14日 16:04撮影 by FinePix F600EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池口岳まで往復約18km歩いた、3人家族で浜松から来られた方の愛犬。
7
16:52 ☆イチオシ☆ かぐらの湯(道の駅「遠山郷」)天然療養温泉
2016年05月14日 16:52撮影 by F-02E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:52 ☆イチオシ☆ かぐらの湯(道の駅「遠山郷」)天然療養温泉
5
風呂上がりはノンアルコールビール。
山でいただいた柿の種。美味しくいただきました。
2016年05月14日 18:08撮影 by F-02E, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風呂上がりはノンアルコールビール。
山でいただいた柿の種。美味しくいただきました。
3

感想/記録
by JJ0JVL

 池口岳は中央アルプス南部方面から見るとバットマンのマスクのように見える双耳峰です。
 南アルプスの最南部でガラ場、岩場有りで標高により植生も変わることがわかり、四季を通して好きな山です。詳しくは写真の説明をご覧下さい。
 HPの登山記の中には速く歩いた記録が多数有りますが、一般的には登山口〜池口岳(北峰)までは6〜7時間。下りは.5〜6時間で日帰りとしては少し長い時間が必要な山です。
 速く歩いた記録が多数有るのは、山が深いため、主に健脚家の記録が多いためと思われます。
 今回の山へ登っていた方は、光小屋で一泊し戻るという5人の国際的なパーティー。東京からテント泊で来られ池口岳山頂で美味しそうにスーパードライを飲んでいた男性。浜松から愛犬と来られた3人家族。短パンとTシャツで駈けぬけて行った青年1人の10人でした。
 <今回気付いた項目>
●ギンリュウソウ、バイケイソウが生えており、例年より4週間ほど早い。
●黒薙の三角点が崩落で無くなっている。
●水場への看板が見あたらない。

 「大井川源流部原生自然環境保全地域」へは入る機会が無く、入山したのは30年前寸又川からの四万十帯の地質調査、25年前に本川根町・千頭営林署の企画で千頭山へ登頂の2回。
訪問者数:531人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/19
投稿数: 355
2016/5/17 9:24
 本当に良い山ですよね!
途中でお会いした短パンの中年(青年ではございませぬ!)でございます。

本当に静かで、山の大きさを感じることができるとても良い山ですよね!
人気がない?のが残念なような、そこがまた良いところのような・・。(苦笑)

おまけに下山後の遠山郷がまた、素晴らしいんですよね・・。(温泉も食事も・・)

またどこかでお会いしましたら是非お声かけください。
登録日: 2014/8/10
投稿数: 2
2016/5/17 18:13
 素敵な山でした。
証拠写真を撮影した浜松の中年おばさんでございます。
しらびそ、苔、笹原と美しい山でした。いろいろ教えて頂き、ありがとうございました。
赤い花はコイワザクラでしょうか、私は蕾しか見つけられませんでした。
紅葉の頃、また行ってみたいです。
登録日: 2011/3/9
投稿数: 213
2016/5/17 21:25
 Re: 本当に良い山ですよね!
chaoさん  こんばんは。

 登山の服装、体からあふれるパワーで、20代の青年と思いました。帰路も早いタイムですね。
 池口岳は200名山で有るため、中京方面からの登山者が多いですね。また、メジャーな山に飽きた人も多数訪れています。
 温泉はナトリウム・カルシウム塩化物泉で泉質が良く、遠山郷に来たときはいつも入っています。
 今度、会ったときは「遠山のジンギス」についての歴史をお話します。
登録日: 2011/3/9
投稿数: 213
2016/5/17 21:46
 Re: 素敵な山でした。
mami0405 さん  こんばんは

早速の花の名前ありがとうございます。花の咲いていた大岩は中生代白亜紀のチャートで、岩の高い位置だったため、見落とされたかと思います。
秋、キノコ採りが終わった頃、また登りたいと思っています。
柿の種と羊羹ありがとうございます。
登録日: 2012/7/30
投稿数: 47
2016/5/23 20:56
 お疲れ様でした〜
国際的グループの一味でございます。
ちなみにアメリカ人3人と日本人2人の編成になります。
私はジャパニーズです(^^;
池口岳でも大変なのに光岳も欲張ったため大変な一泊二日の山旅でした。
花情報うれしいです。参考にさせていただきます。
イワザクラは私も仲間から教えてもらいました。

そういえばひとつ教えてほしいことがあります。
知っていたらの話で恐縮ですが…。
ふもとにも登山口付近にもある光景だったんですが、杉の木にスズランテープを巻くのは何かの対策なのでしょうか?
意図がわからずグループ内でモヤモヤ推理してました。
有力なのは鹿が木の皮を食べる?もしくは杉が育った印とか。
登録日: 2011/3/9
投稿数: 213
2016/5/24 21:52
 Re: お疲れ様でした〜
pennylane  様

 コメントありがとうございます。
 やはり、チャートの岩に咲く、赤い花に目が留まりましたか。
 スズランテープは鹿が木の皮を食べるのを防ぐためです。人工林は樹皮が軟らかく、食べ物の少ない冬に被害が起こります。
 テープ巻きは効果が高く、巻かれた樹木の被害はほとんどありませんが、隣接地で同作業が行われていない所に被害が移るという欠点もあります。
 有害駆除により、一時期より鹿の頭数も減ってきています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ